« | Home | »

2008.10.18

醒ヶ井から愛知川・・・(中山道)

推定歩行距離28Km
9月28日に歩いてから、ようやく歩きに来ることができた。今回は途中で万歩計の電池がなくり、残念ながら歩数はカウントできず、歩行距離もおよその推定となってしまった。
samegai_01.jpg
ともかく、醒ヶ井駅には8時25分に着いた。これが一番早く着く電車である。前回、見逃した了徳寺に寄ろうと前回は通らなかった駅からの道を進んで行く。まだ、この時間だと観光客も歩いおらず、ひっそりした街並みである。
samegai_02.jpg
国登録文化財の旧醒ヶ井郵便局局舎があり、いまは資料館となっているが早朝で、まだ開いていなかった。目的の了徳寺には国の天然記念物の「御葉附銀杏」があり、葉面上に銀杏を実らせるとのこと。沢山の銀杏が落ちており、上を見上げると沢山の実が生っていたが、葉に付着するものは見られなかった。ガッカリ。
本来の中山道に戻り、500mほど進むと国道21号線に合流する。ここに、「一類狐魂等衆の碑」というのがあり、説明板を読むと何とも奇怪な物語が書かれていた。
samegai_03.jpg
『江戸時代後期のある日、東の見附の石垣にもたれて、一人の旅の老人が、「母親の乳がのみたい・・・」とつぶやいていた。人々は相手にしなかったが、乳飲み子を抱いた一人の母親が気の毒に思い「私の乳でよかったら」と、自分の乳房をふくませてやりました。老人は、二口三口おいしそうに飲むと、目に涙を浮かべ「有り難うこざいました、本当の母親に会えたような気がします。懐に七〇両の金があるので、貴女に差し上げます」と言い終わると、母親に抱かれて眠る子のように、安らかに往生をとげました。この母親は、お金は頂くことは出来ないと、老人が埋葬された墓地の傍らに、「一類狐魂等衆」の碑を建て、供養したと伝えられています。』
また、500mほどで国道から右に分かれて旧道に入って行く。ここは樋口立場で、先ほど過ぎた醒ヶ井を思わせるような水路が流れている。空き家の民家を改造して「いっぷく場」と「憩」の字の看板を掲げた、茶屋道館と名付けた旅人の休憩所があった。まだ、開いていなかった。同類の歩行者が説明板を読んでいた。
samegai_04.jpgsamegai_05.jpg
国道を横切ると「息郷」の集落で、「敬永寺」の前を通って中山道は進む。それにしても、お寺の山門前にはよく車が駐車している。
進んで北陸自動車道を潜ると、「久禮の一里塚跡」である。一里塚そのものは無くなっているが、石碑を建てたちょっとした広場となっている。江戸から117里目である。
samegai_06.jpgsamegai_07.jpgsamegai_08.jpg
一里塚跡を過ぎると、楓の木の並木道を歩く。紅葉の季節は綺麗だろうが、緑の楓も涼しげで好きな風情である。やがて「番場宿」の入り口に到着する。手作りの看板が建っている。宿の中も小学生が作った案内板が建っていた。「番場」と言えば長谷川伸作「瞼の母」に登場する「番場の忠太郎」を思い出すが、もちろんフィクションの演劇の人物である。
ここは右に行けば直ぐ米原に出られ、皆な勤めに出ている半農で高度成長期に家を建て替えたところが多く、ほとんど昔の遺構は残っていない。中山道では宿場を前面に出して村おこしをしているところが多いが、そんなことになるとは思いもよらなかったとは地元の言である。
samegai_09.jpgsamegai_10.jpg
江戸方見付けには大きな石碑が建っていたが、他の宿の村おこしに刺激されて急遽整備したように思える。ここが本当の宿の入り口であった。
そして、近江が近づき弁柄(ベンガラ)が塗られた家が目に付くようになってきた。立派な家屋の北村家の前には「明治天皇番場小休所」の碑が立っていた。
samegai_11.jpgsamegai_12.jpg
左に折れ曲がって200mほど進み名神高速を潜ると聖徳太子が建立して「法隆寺」と呼ばれていたのを鎌倉時代に一向上人が土地の豪族土肥元頼の帰依を受けて再興し時宗一向派の本山とし、その後幾多の変遷を経て現在では浄土宗となっている「蓮華寺」がある。
山門は修復中で撮影できず残念だったが、ここには元弘3年(1333年)、六波羅探題北条仲時が足利尊氏に攻められ、鎌倉へ逃げようとしたが、佐々木道誉らに行く手を阻まれ、この寺で部下ともども432名が自刃したところである。寺には巻物形式の432名の過去帳が残っており、写しを見せていただいた。432名の墓は本堂の右手の樹林を登って行ったところにあり、延々と続く墓石に圧倒される。なお、門前の小さな溝は「血の川」という。街道に戻り進むと高速道路に沿って進むようになり、ついには高速道路がトンネルとなっている上を通って進む。高速道路から離れる地点を過ぎると「摺針峠(すりはりとうげ)・彦根」の石の道標があり、いよいよ峠道となる。
samegai_15.jpgsamegai_13.jpg
samegai_14.jpgsamegai_16.jpg
samegai_16a.jpg
「摺針峠」は峠とは言っても短い登りで頂上にたどり着く。左に「神明社」の急な階段がある。階段を上った所には昔は「望湖堂」という茶屋があり、琵琶湖が見え繁栄したという。今も再建された建物の前には明治天皇が休憩を取られた石碑がある。そして、待望の「琵琶湖」が望見できた。視界をさえぎる白い塔が邪魔ではあるが。

samegai_17.jpgsamegai_18.jpg
「摺針峠」の下りに差し掛かると左側に手すりが見えて樹林の中に入って行く。心細い道であるが、直ぐに舗装道路に戻り、そのまま下って行く。そして、国道にぶつかり左折すると、直ぐに旧街道への入り口があり、なかなかにユニークなモニュメントが立っていた。いよいよ「鳥居本宿」である。
samegai_19.jpgsamegai_20.jpgsamegai_21.jpgsamegai_22.jpg
街道らしい街並みを進むと、茅葺の家が残っており、かなり古いのか屋根には苔がむしていた。
samegai_23.jpgsamegai_24.jpg
samegai_25.jpg
進んで行くと、屋根の重なりが豪華な家屋が見えてきた。江戸時代から現在に到る300年以上も「赤玉神教丸」という道中薬を作り続けている有川製薬である。右側にある大きな門の前には「明治天皇鳥居本御小休所」の碑がある。本陣、脇本陣があっても、明治天皇はこの有川製薬で休憩したらしい。

samegai_26.jpgsamegai_27.jpg
三角形様の変わった形の看板をぶら下げた家があった。「鳥居本宿」は合羽の製造販売でも江戸時代は有名で、その合羽屋の看板である。合羽は和紙を多数重ねて皺くちゃに揉み、柿渋と油を何度も塗り重ねたもので、紙であっても丈夫で雨から身を守るのに有用であった。大正期には17軒の合羽屋があったようだが、昭和17年ころ、滋賀県油紙工業組合は解散し、今はもう合羽を作られることは無くなった。
右方向に向かう道路があったので、覗いてみると近江鉄道の「鳥居本駅」の可愛い駅舎が建っていた。
samegai_29.jpgsamegai_30.jpg
少し進むと、また合羽屋の看板が屋根の上に載っていたが「包紙紐荷造材料」と書かれていた。元は合羽屋さんだったのか、それとも鳥居本の伝統であった道中合羽の形を使ったのか・・・。
そして、何故か聖徳太子に縁があり太子堂がある「専宗寺」。
samegai_31.jpgsamegai_32.jpg
宿の終わりが近づいたところに、「右彦根道、左中山道・いせ・京」の古い道標が現れた。中山道は彦根を避けて進むが、彦根道は別名「朝鮮人道」と呼ばれ、彦根、安土、近江八幡、野洲間を約10里で結ぶ。一般通行人は彦根を避けさせたが、大事な朝鮮使節団は通行を許容して、彦根城で供応したのであろう。鳥居本宿を過ぎると、中山道は新幹線と名神高速の間を通り、徐々に狭まってくる。新幹線の線路の向こうにある八幡神宮の入り口の常夜燈が建っており、親は野良仕事でもしているのか、女の子が一人で遊んでいた。
samegai_33.jpgsamegai_34.jpgsamegai_35.jpg
いよいよ新幹線の線路が狭まったところに「小野小町塚」があった。小野小町は全国に20数箇所も、ここが生誕地と主張しているところがあり、秋田県もお米の名前に「秋田こまち」と付けている。
ここで、同じく中山道を歩いているという年配の方に会い、色々と情報交換して楽しかった。とにかく、歩くことが好きだと言っていた。
新幹線のガードを潜って進むと原の町で右側に「原八幡神社」があり、「芭蕉 昼寝塚 祇川 白髪塚」と書かれた真新しい石碑が立っている。神社の方を覗くと綺麗な紅葉が早くも見られた。
samegai_36.jpgsamegai_37.jpgsamegai_38.jpg
国道と交差して進むと「五百らかん 七丁余」の石碑がある。五百羅漢のある「天寧寺」への道標で、井伊直中(なおなか)が、腰元若竹(わかたけ)の不義をとがめ罰したが、その後相手が自分の息子とわかり、自分の過失を認め、腰元と初孫の菩提を弔うために創建したとのこと。
1Kmほど進んで芹川を大堀橋で渡る。小さな流れだがこの川は琵琶湖に注いでいる。橋を渡ると小さな地蔵堂があり、傍らに30体ほどの石の地蔵が色とりどりな前掛けを着けて並んでいる。
samegai_39.jpgsamegai_40.jpg
直ぐに「石清水八幡宮」がある。祀神は16代応神天皇とその母、神功皇后で小さな境内だが、正一位で格式は高い。神社への階段の途中に扇塚がある。井伊藩では能が盛んで江戸から招いた喜多流能の宗家9世の喜多古能(このう)が彦根を去る時に残していった愛用の能の面と扇を弟子達がここに埋め塚を建てたという
samegai_41.jpgsamegai_42.jpg
高宮宿をひたすら進んで行くと左側に、高宮神社がある。創建は鎌倉時代末期とのこと。高宮は粗い麻布の主産地で、これを商うため当時は7つの蔵があり、集荷、出荷を年に12回以上行ったという。今でも5つの蔵が残されているとのこと。
samegai_45.jpgsamegai_46.jpg
高宮は今でも往時の面影を残しており、多賀神社の門前町として栄え、街道に面して、宿場の中央に大きな鳥居がある。高さ11mもあり、寛永11年(1634年)に建て変えられたものである。ここから多賀神社までは約3Kmで、ここが一の鳥居となっている
samegai_47.jpgsamegai_48.jpgsamegai_49.jpg
小林家の前に芭蕉の紙子塚があった。紙子とは紙で作った着物で小林家が新しい紙子を芭蕉に贈り、古い紙子を埋めて塚を作ったという。
芭蕉は「たのむぞよ 寝酒なき夜の 古紙子」と詠んだ。
そして、明治天皇も立ち寄った圓照寺。明応7年(1498年)高宮氏の重臣、北川九兵衛が仏堂を建立したのが起源でなかなかに優美な姿を見せている。

samegai_50.jpgsamegai_51.jpg
犬上川を渡る無賃橋で、高宮宿は終わりである。この橋は江戸時代から通行料を取らず「無賃橋」と呼ばれて現在に到る。平素は川の水はいたって少ない。
samegai_51a.jpgsamegai_51b.jpg
足利二代将軍の側室が京への帰路、ここで産気づき、男子を出産した。しかしその子は幼くして亡くなり、側室は尼となり、付け人の9名の家臣は生活の糧に竹と藤づるで葛籠を作るようになった。それでここを「葛籠」の地名で呼ぶようになったとのこと。側室の結んだ庵の近くに祀ったのが産の宮である。そして、道路を隔てて向い合わせに建つ了法寺と還相寺。写真は了法寺山門から還相寺を撮ったもの。
samegai_52.jpgsamegai_54.jpg
葛籠町を過ぎて松並木を進むと彦根市の終わりで、入り口にあったと同じようなモニュメントがある。荷物を運ぶ人足、旅人、麻の原料を運ぶ女性の像が乗っかている。
samegai_55.jpgsamegai_56.jpg
進んで行くと、コスモスの花が畑一面に咲いているところがあった。優しい感じのする秋の花の代表で好ましい。そして、一時旧校舎を建て替える計画に対して、町長と反対派住民が対立して、町長リコールにまで至り、テレビでも報道された「豊郷小学校」があった。設計は神戸女学院大学、関西学院大学などの設計で知られるウィリアム・メレル・ヴォーリズ、施工は竹中工務店が担当し、建設費用、設備費用は当時のお金で合計約60万円で、郷土出身で丸紅商店専務の古川鉄治郎氏が全額まかなったという。60万円は、当時の古川氏の財産の3分の2にあたる。昭和初期の大阪城天守閣の再建費用がが約50万円だったというから大変な金額であったのが分かる。
samegai_57.jpgsamegai_58.jpg
豊郷小学校を過ぎると、間の宿石畑である。かつて宿の中心に一里塚があったので「一里塚の郷」と表記した石碑が立っている。八幡神社に小ぶりながら一里塚の復元を試みていた。そして、近江の商家の立派な家屋の街並みが続く。
samegai_59.jpgsamegai_60.jpg
伊藤忠商事・丸紅の創業者である伊藤忠兵衛の功績を偲んで建てられた「くれない園」がある。伊藤忠兵衛は安政5年(1858年)17歳で高宮上布の行商から身を起こした。伊藤長兵衛は忠兵衛の兄であり、博多新川端にて「伊藤長兵衛商店」を開業している。長兵衛と忠兵衛の作った商店が合併・分割を繰り返しつつ伊藤忠商事、丸紅商事を形作っていったとのこと。
samegai_61.jpgsamegai_62.jpg
伊藤長兵衛が豊郷病院に寄贈した屋敷跡地と伊藤忠兵衛の旧邸がある。
samegai_63.jpgsamegai_64.jpg
「金田池」と書かれた井戸のモニュメントがある。かつて50m北で清水が湧いていて旅人の喉を潤したが、枯れてしまったためモニュメントを作り当時を偲んでいるとのこと。
下の右側の写真は「又十屋敷」で、豪商藤野喜兵が、文政(1818?1830年)の頃北海道で漁業や廻船業を営んだときの商号である。その旧宅を、明治百年記念資料館と民芸展示館として整備し公開している。見学したかったが、先を急ぐためスキップした。
samegai_65.jpgsamegai_66.jpg
火災に遭い焼失した千樹寺を弘化3年(1846年)に再建して、遷仏供養のとき一般民衆向けの音頭が作られたのが江州音頭の始まりとのこと。江州音頭発祥地の石碑と石の説明板があった。
samegai_69.jpgsamegai_67.jpg
石畑の最後は、宇曽川に架かる歌詰橋(うたづめはし)である。この川は昔は水量が多く、水運に大いに利用されており「運槽川」と呼ばれていたのが「宇曽川」になった。
また、天慶3年(940年)、藤原秀郷が平将門を討ち京都に凱旋途中、この橋を渡ろうとした。その時、目を開いた将門の首が追いかけて来たので秀郷は将門の首に対し、歌を一首所望すると歌に詰まった将門の首が橋の上に落ちたという。これで橋が「歌詰橋」と呼ばれるようになったという。
samegai_70.jpgsamegai_71.jpg
「歌詰橋」を渡ると「愛知川宿」である。下の左の写真の分岐点で右の道に進むと、直ぐに「愛知川小学校」がある。最近見かけることが無くなった「二宮尊徳」の銅像がここでは健在であった。
samegai_72.jpgsamegai_73.jpg
中山道 愛知川宿のアーチが見えてきて、今日はここまでと近江鉄道の愛知川駅に向かう。愛知川駅の駅舎は地域のコミュニティーハウスを兼ねているようで、内部は土産物の販売や地域の芸術家の展示会が開かれていた。30分ほど待って初めて乗る近江鉄道の電車で今日の宿を予約した彦根に向かった。
samegai_74.jpgsamegai_75.jpg


コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

« | Home | »