次のページ » (Home)     [旧水戸街道 ]

2018.03.27

奥谷から水戸城下・・・(旧水戸街道)

水戸駅前のホテルで宿泊して朝食を済ませ、7時18分発の奥ノ谷坂上行のバスに乗り、昨日歩き終えた奥ノ谷のバス停まで引き返し、今日で最後となる水戸街道歩きをスタートした。
歩き始めると直ぐに涸沼川(ひぬまがわ)があり、架かっている高橋を渡る。
進んで小鶴の交差点で、左に進み小鶴の集落へ入って行くと、亀甲模様のなまこ壁の蔵が目を引く佐久間米店がある。
Okunoya_01.jpgOkunoya_02.jpg

その次には「こどもや」の看板のお店がある。昭和3年建築で郷愁をそそられる。
その次は、江戸時代の創業という老舗旅館の中多屋である。
Okunoya_03.jpgOkunoya_04.jpg

その先の左手の小山の上には、村社の諏訪神社がある。その隣には如意輪寺。本尊は如意輪観音像で、徳川光圀の寄進といわれているとのこと。
Okunoya_05.jpgOkunoya_06.jpg

涸沼前川(ひぬまがわ)に架かる長岡橋を渡ると長岡の集落である。ここには、長岡名物のみそまんじゅうを作る藤屋製菓がある。
Okunoya_07.jpgOkunoya_08.jpg

街道は上り坂となって続いていて、上りきると、茨城県指定文化財の木村家住宅がある。木村家は戦国時代からこの地に住み、江戸時代には脇本陣・問屋・庄屋を務めた名家とのこと。残念ながら早朝のため、門も閉じられたままであり、塀の上部から写真撮影辛うじて行った。
Okunoya_09.jpgOkunoya_10.jpg

木村家住宅を過ぎて、1.5Kmほど進むと街道は水戸バイパスに合流し、更に進むと北関東自動車道のインターチェンジを越えることになる。2つの歩道橋を跨いで通過することになった。通り過ぎて少し進むと水戸街道は水戸バイパスと左に分かれるが、街路樹として植えられている桜は、まだチラホラ咲きの状態であった。
Okunoya_11.jpgOkunoya_12.jpg

進んで吉沢町交差点で、更に右に別れると熱田神社がある。3Kmほど見るべきものもなくひたすら歩く。すると右手方向に天神社があった。
Okunoya_13.jpgOkunoya_13a.jpg

更に、!Km程先には、元吉田の一里塚がある。形は崩れているが、榎の大木が保存樹として守られている。
Okunoya_14.jpgOkunoya_15.jpg

次に水戸倍バイパスを横切ると、金山稲荷神社がある。
その後、枡形を2度曲がって進むと、左側に長い参道を持つ天台宗の薬王院の赤い山門が見えてくる。仁王門と呼ばれる江戸時代建立の門で、県指定文化財である。
Okunoya_16.jpgOkunoya_17.jpg

仁王門は閉じられたままなので、右方向に回って本堂の前に出る。本堂は国指定重要文化財で全体的に唐様で享禄2年(1529)の建立で入母屋造りの端正な造りである。本堂に向かって右方向には、回向堂、書院、客殿があり法要などに使用しているとのこと。
Okunoya_18.jpgOkunoya_19.jpg

街道に戻り進むと、左側に清巌寺がある。大永元年(1521)に常福寺の八世空誉上人が久慈郡新宿村(現常陸太田市誉田)の地に開基したといわれ、その後、火災に遭い焼失し、文禄3年(1594)に現在の地に移ってきたといわれる。さらに進むと五差路に差し掛かるがその先は藤柄坂で、下って信号のある交差点の左側に長い石段が見えてくる。上ると日本武尊命を祀る吉田神社がある。境内の枝垂れ桜が美しく咲き誇っていた。
Okunoya_20.jpgOkunoya_21.jpg

歩行ルートを示す地図を作成してプリントしたのを頼りに備前堀に向かって進む。金刀比羅神社を見て右折すると直ぐに銷魂橋(たまげばし)である。
Okunoya_22.jpgOkunoya_23.jpg

橋を渡ると江戸街道起点の石碑が立っていた。備前堀に枝を差し伸べている桜もあと一息で見頃となる様子であった。なお、ここの橋は元々は軒町橋と呼ばれていたのを光圀公が銷魂橋(たまげばし)と命名したとのこと。
Okunoya_23a.jpgOkunoya_24.jpg

銷魂橋を渡ると、水戸街道の踏破完了であるが、少し足を伸ばして、次の信号を右折する。ここの通りは近年ハミングロードと呼ばれており、本町一丁目から二丁目へと進んで行く。途中路地を右に入ると水戸光圀公ゆかりの能化稲荷神社がある。商店街の中には江戸(水戸)街道宿場跡の新しい石碑が立っていた。
Okunoya_25.jpgOkunoya_26.jpg

Okunoya_27.jpg
ハミングロードは本町二丁目と三丁目の境界にある交差点で終わるが、街道はここから岩城相馬街道となって続いている。小さな陸前浜街道起点碑が立っていたのであるが、目にしていても小さい石碑で起点碑であることを見逃してしまった。それにしても全く趣の感じられない交差点であった。ここから、水戸駅の方に進み駅前の歩道広場に建つ水戸黄門と助さん角さんの像をカメラに収めて、終結とした。

2018.03.26

石岡から奥谷・・・(旧水戸街道)

本日の歩行距離20Km(石岡から奥谷)
水戸街道歩きは、昨年11月22日から冬の間はお休みしていたが、ようやく桜も咲き暖かくなってきたので再開した。
9時4分に石岡駅に到着して、駅前通りを旧街道に向かって歩き始めた。

Ishioka_01.jpgIshioka_02.jpg

国府三丁目の丁字路で右折するが、ここで少し道をそれて浄土宗照光寺に立ち寄った。このお寺には、常陸府中藩主松平家墓所がある。府中松平家は初代水戸藩主徳川頼房の五男頼隆を祖として2万石を与えられ、水戸徳川家の分家四藩(高松・守山・宍戸・府中)の一つであり、十代頼策のときに明治維新を迎えたのである。
北に進んで国分町府中3丁目で右折して、常磐線を跨線橋で越えると県道両脇の歩道には、水戸街道の各宿場を紹介したタイルが路面に設置されていた。
Ishioka_03.jpgIshioka_04.jpg

進むと江戸から23里めの石岡の一里塚があった。道路工事で削られているが、道の両側に残っているのは多くはない。
Ishioka_05.jpgIshioka_06.jpg

一里塚を過ぎて、県道を進むと左側に日本刀研磨と書かれた家が目についた。いわゆる日本刀の研ぎ師の店であろうか。初めて見る店である。
その後2Kmほど進むと行里川の集落で不動尊の小振りのお堂が建っていた。
Ishioka_07.jpgIshioka_08.jpg

不動尊の先には、とても立派な長屋門の家があった。水戸街道を歩いていると長屋門をよく見かけるが、ここのは特に立派であった。
その先で園部川を郡橋で渡る。
Ishioka_09.jpgIshioka_10.jpg

進んで、竹原宿に入って行くと竹原神社がある。小振りな神社ながら神輿(みこし)があり、総欅造りで美術工芸品として価値も高く、毎年7月下旬に行われるアワアワ祇園という祭礼時に繰り出されるという。
T字路の竹原交差点に突き当り左折して進んで行く。一里塚跡も残っておらず、2Kmほど進んで中野谷の集落に入って行くと馬頭観音と地蔵が立っていた。
Ishioka_11.jpgIshioka_12.jpg

少し先には、「北辰一刀流 故大貫先生政成之碑」と刻まれる石碑が建っていた。北辰一刀流と言えば流祖は千葉周作で水戸藩に召し抱えられ弘道館で教授していたが、ここの碑の大貫先生も免許皆伝に達した人物であろうか。
歩いて行くと道端に石仏が散見される。
Ishioka_13.jpgIshioka_14.jpg

堅倉集落を進むと、加藤家の復旧門が建っている。元治元年(1864)加藤家は名主職を勤めていた関係で水戸天狗党により母屋と門が焼き討ちにあい、門の前柱2本を残し焼失してしまった。歴史を残すため焼残った柱二本を使用して復旧したそうである。下の右の写真は、焼き討ち後に建てられた加藤家である。
Ishioka_15.jpgIshioka_16.jpg

T字路で左折する角に”旅館かと家”がある。角屋の屋号で江戸時代末期にはここで旅籠を営んでいたが、現在この建物は使われておらず、国道沿いの新館で旅館業を続けている。近年になって作られたとみられる双体の道祖神も見受けられた。
Ishioka_17.jpgIshioka_18.jpg

小岩井の集落に入って行くと、また石仏があり、西郷地に入ると石船神社がある。元禄期から大正にかけて、村内の色々な神社が合祀された神社とのこと。
Ishioka_19.jpgIshioka_20.jpg

西郷地北端に西郷地小学校跡がある。明治10年(1877)小幡法円寺の寺である広諦寺本堂を校舎として西郷地小学校は開校したが、明治19年(1886)堅倉小学校に合併して廃校となった。その先で右側に続く参道をたどると山中薬師堂がある。建築年代は不詳だが、水戸吉田町の薬王院と建築様式が類似しているという。安置される二体の仁王像はこの地にあった広諦寺山門のもので、明治末期の火災の際に搬出されて難を逃れたとのこと。
Ishioka_21.jpgIshioka_22.jpg

小幡宿に差し掛かったところの林の中に石段と愛宕神社のお社が見えてくる。愛宕神社は防火の神様であるが、戦国時代に小幡城主が奨励したという伝統芸能”小幡ひょとこばやし”の発祥地とのこと。
その先すぐに方圓寺がある。水戸藩主の専用宿泊所であったとのこと。
Ishioka_23.jpgIshioka_24.jpg

法園寺から1.5Kmほど進むと街道は国道6号線に合流するが、その合流点の手前に鳥居がありその脇に青龍大権現の石碑が建っていた。高台の方にコンクリートの道が通じているので上ってみると石造りの祠が祀られていた。
6号線を少し進むと千貫桜碑と千貫桜歌碑が建っていた。それによると、かつてこの地に桜の巨樹があり、義公(水戸光圀)が終日めでて「千貫の価値がある」と賞賛したと言う。現在はその桜の木は枯死してしまったが、当時のことを偲んでこの地を千貫桜と呼んでいるとのこと。
Ishioka_25.jpgIshioka_26.jpg

千眼桜の碑を見終わって時計を見ると15時16分であった。今日は、奥ノ谷から関鉄バスで水戸駅に向かって駅前で一泊の予定である。奥ノ谷バス停は3Kmほど先であるので、特に歴史的な遺構も見られないのでひたすら歩く。冬の期間お休みしていたので足の疲れも募って来たが、16時に奥ノ谷バス停に着き、16時10分のバスに無事乗ることができた。

2017.11.22

土浦から石岡・・・(旧水戸街道)

本日の歩行距離22Km(土浦から石岡)

11月22日の朝はとても寒く、寒さ対策をして8時41分に電車で土浦に着いた。直ぐに前回に街道より離脱した大町の交差点に向かって進む。途中には土浦のかつてのお城の規模をうかがわせる南門跡の新しい石碑が立っていた。
tsuchiura_01.jpgtsuchiura_02.jpg

大町の交差点から大手町方向に進むと直ぐ右に鍵の手に曲がっており、突き当りの奥には東光寺がある。本尊は大日如来で慶長12年(1607)に心庵春伝によって開山されたと伝えられている。 境内には元文4年(1739)に建てられた市の重要文化財指定の瑠璃光殿と呼ばれる朱塗り薬師堂がある。本堂裏の墓地には華岡青洲に学び土浦藩主の侍医を勤めた辻元順の墓がある。
tsuchiura_03.jpgtsuchiura_04.jpg

街道に戻り少し進むと右手に等覚寺がある。元は常陸藤沢にあった藤沢山三教閣極楽寺で、その開基は了信と伝えられている。 慶長10年(1605)に現在地に移り、寺号を蓮光山正定聚院(しょうじょうじゅいん)等覚寺とと改められた。本堂に向かうには市指定名木・古木の等覚寺のクロマツの下を通って行く。
tsuchiura_05.jpgtsuchiura_06.jpg

境内には市指定文化財の鐘楼があり、その中の銅鐘は、常陸三古鐘のひとつに数えられていて国指定重要文化財である。
tsuchiura_07.jpg建永年間(1206~07)に小田氏の祖八田知家が極楽寺に寄進したもので関東に現存する最古の梵鐘といわれている。 銘文の「大将軍」の文字は、知家の主君である源頼朝を指しているものと思われている。 また、梵鐘はかつて土浦城内にあり、代々時の鐘として用いられていたという。

再び枡形を通り抜けて進むと右側に明治初期に創業した老舗の蕎麦屋の吾妻庵がある。そして、最近改修された矢口家住宅。土浦では天保12年(1841)9月12日の大火後、町屋に十蔵造りと瓦葺屋根が出現し、矢口家住宅はその代表的な建物である。
tsuchiura_08.jpgtsuchiura_09.jpg

次には江戸時代末期に造られた、まちかど蔵「大徳」が右手にあり、改修されて観光情報を提供する街のアンテナショップとして利用されている。土浦市出身の高安関の旗も見える。街道を挟んだ向かい側には、まちかど蔵「野村」があり、軽食もとれるコーヒーショップとなっている。
tsuchiura_10.jpgtsuchiura_11.jpg

進んで駅前通りとの交差点の角には明治2年(1869)創業の保立食堂がある。駅前通りは今は埋められてしまったが、かつては川口川で水戸街道と交差する櫻橋西袂に位置し、その地の利から大いに繁盛したという。現在はひらがなで「ほたて食堂」と名乗っているが、その角にはかつてここに架かっていた桜橋の親柱が残されていた。
tsuchiura_12.jpgtsuchiura_12a.jpg

街道から少し離れ、駅前通りを北に進み、土浦城跡の亀城(きじょう)公園に向かった。もう元の城の建物はほとんど残っていないが、二の丸入口にあたる二之門跡に建つ旧前川口門を潜った。中では老人達がゲートボールに興じていて、2階に大太鼓を置いて定時に打ち鳴らしたことから太鼓門とも太鼓櫓とも称される櫓門を見ることができた。櫓門は明暦2年(1656)に本丸楼門を改築したもので、関東地方に残る城郭建築の遺構としては最古の部類に入るとのこと。なお、土浦は度々水害に遭っているが、その際にも城は水没することがなく、水に浮かぶ亀の甲羅のように見えたことから亀城(きじょう)とも呼ばれるに至った由。
tsuchiura_13.jpgtsuchiura_14.jpg

tsuchiura_15.jpg元の街道に復帰して進み、突き当たって左に曲がり北上する。800mほど進むと街道は突き当たって左に曲がる。ここには月読神社(つくよみじんじゃ)がある。祭神は「神月夜見尊・つくよみのみこと」で「闇に光を届け人々を導く神様」である。その先で右折したあたりが、城の北門があったところで、城の規模が推定される。

その先の橋が新川(あらかわ)に架かる新川橋で、ここを渡ると真鍋宿に入って行く。
tsuchiura_16.jpgtsuchiura_17.jpg

街道を進むと真鍋宿の通りで、途中から真鍋坂となり、上って行くと善應寺がある。真言宗豊山派のお寺で本尊は大日如来であり、創建は南北朝時代頃とされる。 土浦城から北東の方角に当たる為、鬼門鎮護の寺院として庇護され 寛文10年(1670)に土浦城主土屋数直が観音像を寄進している。山門をくぐると観音堂がある。
tsuchiura_18.jpgtsuchiura_20.jpg

観音堂の右手奥には本堂があり、左手の石段を下ったところに照井の井戸がある。照井は寺の山号にもなっていて、古くから豊富な水量を誇る井戸で、寛文年間(1661~1672)に土浦城中へ通ずる上水道が設置され、飲料水の供給源として利用された。今も付近の人達がペットボトルを何本も携え水を汲みに来ている。飲んでみたが美味しい水であった。
tsuchiura_19.jpgtsuchiura_21.jpg

善應寺の先で街道は県道125号線合流し、少し先の右手に土浦一高がある。敷地内には、明治期の数少ないゴシック様式の木造洋風建築の旧土浦中学校本館があり、設計者は辰野金吾に師事した駒杵謹治という建築家で昭和51年(1976)旧制中学校校舎としては全国で初めて国重要文化財に指定されたというが、現在改修中で見ることはできなかった。街道は1Kmほど先で県道と分かれて右に進む。ここから1.5Kmほどは、板谷の松並木が続く。
tsuchiura_22.jpgtsuchiura_23.jpg

途中には江戸から20番目の板谷の一里塚が残されている。右側は、一里塚の中央に植えられている榎の木が無くなって盛り土のみ残っていた。
tsuchiura_24.jpgtsuchiura_25.jpg

再び県道と合流して進み、その先で土浦バイパスを跨道橋(こどうきょう)で跨ぐと中貫宿に入って行く。最初に出会うのは鹿島八坂神社であった。延喜元年(901)創建と伝えられる。
tsuchiura_26.jpgtsuchiura_27.jpg

次は左側に安穏寺(あんのんじ)である。鎌倉時代の文治元年(1185)開基という。
tsuchiura_28.jpgtsuchiura_29.jpg

境内の植木が綺麗に色づいていた。
tsuchiura_30.jpgtsuchiura_30a.jpg

安穏寺を出て直ぐ右手に中貫宿本陣がある。本橋家が務めた本陣で、宿泊ではなく休憩のための本陣だった。元治元年(1864)水戸藩の尊皇攘夷激派・天狗党に焼打ちされたがすぐに再建されたもので、当初は萱葺きだったが今は銅版で覆われている。現在も民家として使われているため、内部の見学はできない。
しかし、住んでおられるお婆さんがお墓参りに出てこられたので、昭和12年ころ2里離れた女学校に自転車で通ったなどのお話を伺うことができた。
tsuchiura_31.jpgtsuchiura_32.jpg

中貫宿は立派門構えの家が多いが、その外れ付近に馬頭観音の石碑が建っていた。風化して文字は読み難いが、明治38年(1905)の建立。先で国道6号線に合流すると左側に小さな厳島神社があった。
tsuchiura_33.jpgtsuchiura_34.jpg

国道6号線は流石に車の通行が多い。2Kmほど進んで、お昼も近しと昼食をとり、進むとようやく右に旧街道の別れが見えてきて下稲吉の一里塚がある。国道6号の敷設による開削と拡張のため、標識がなければ一里塚とは気付かない状態であった。
tsuchiura_35.jpgtsuchiura_36.jpg

稲吉宿に入って行くと右手に坂本家住宅の稲吉宿本陣ある。ここも住居として使われているので内部は見学できない。道路を挟んだ対面に脇本陣があったということだが、今は取り壊されて痕跡は無い。
tsuchiura_38.jpgtsuchiura_37.jpg

その先には、旧旅籠皆川屋の木村家住宅がある。
tsuchiura_39.jpgかすみがうら市教育委員会の解説によると、江戸時代末期の建築で、桁行八間二階の総瓦葺という堂々たる構えをみせている。広い土間と板縁、上がりはなの階段、勝手、出格子、腰高障子、仕切り戸などが旅籠らしい。二階に上がると、客室の壁には墨痕も鮮やかに、遊びすぎて支払いに窮した思案の落書や愛しい女達の名前が記してあるのも面白い。旅籠「皆川屋」は水戸街道に残る唯一の旅籠とのこと。

稲吉宿の外れには、杉林の参道の長い香取神社がある。千葉県香取市の香取神宮が総本社である。境内には松尾芭蕉45歳の時の作句の歌碑があり、表面に「古の阿多利 眼爾見由類毛の皆涼し 者越翁」と芭蕉の句が刻まれ、裏には関 良可の「お那じ野耳 浅し婦可しや 風の雪」と刻まれています。関 良可は文化14年(1817)に角来村に生まれ、その後、下稲吉村に婿養子に来たとのこと。
tsuchiura_40.jpgtsuchiura_41.jpg

香取神社を後にして、天の川という小さな川まで下り、その後上り坂となって左にかすみがうら市役所を見て進む。周りにお店の一つもない田舎の真っ只中の市役所である。何もない田舎の道を1Kmほど進むと、十字路に観音寺がある。高野山真言宗のお寺である。山門の前には六地蔵。境内には観音堂、鐘楼もあり大きなお寺である。
tsuchiura_43.jpgtsuchiura_44.jpg

進んで国道6号に合流する。左の側道を進んで下に降りてトンネル潜って再び国道6号線の側道に出て常磐道をくぐると、左に階段がある。上ると、それ以上進むのが躊躇われるような雑木林の繁った小山があり、頂上に千代田の一里塚の石碑が建っていた。後で振り返って分かったことだが、国道6号の開削によって街道面は掘り下げられて、一里塚はちょっとした小山の状態になっているのであった。
tsuchiura_45.jpgtsuchiura_46.jpg

国道から別れて、市川集落を進んで1Kmほどで再び国道に合流し、恋瀬川を恋瀬橋で渡ると、府中宿(石岡市街)に入って行く。
tsuchiura_47.jpgtsuchiura_48.jpg

国道から別れ、県道35号を進み更に旧街道は左に別れる。坂道を上って行くと左に日天宮がある。直ぐに右折して県道に合流して進むと、左に清亮寺。府中藩の家老や郡奉行などの墓がある。
tsuchiura_49.jpgtsuchiura_50.jpg

次に金刀比羅神社がある。金刀比羅神社はは中世常陸国に勢力を得た常陸平氏の嫡流、大掾氏ゆかりの神社で古くは”森の社”と呼ばれた。文政10年(1827)讃岐国象頭山(香川県)の金刀比羅宮から御分霊を勧請して現社名とななった。その次には、昭和4年(1929)の大火で焼失を免れた江戸時代末期建築の商家の丁子屋がある。
tsuchiura_51.jpgtsuchiura_52.jpg

街道の右側には、大火後に再建された商家建築と看板建築の店舗が並ぶ。写真手前から福島屋砂糖店、久松商店、十七屋履物店でいずれも味のある佇まいである。
国府3丁目の交差点の少し手前の「パンとケーキの店ヴィオレ」の付近が府中宿本陣跡とのことだが、痕跡もない。そして、交差点を右折して真っ直ぐ進むと、石岡駅である。時刻は15時半。例によってカフェでしばし休息をとり、家路に着いた。
tsuchiura_53.jpgtsuchiura_54.jpg

Next »