« | Home | »

2009.10.09

杉戸から間々田(その1)・・・(旧日光街道)

本日の万歩計49,579(32.2Km)

今回は、東武伊勢崎線の杉戸高野台駅よりJR間々田駅まで歩いたが、歩行距離は30Kmほどで、記載したい写真も多く、エントリーを2つに分けた。(その1)は、杉戸から古河市、中田までである。
杉戸高野台には7:30に着いたが、国道脇のマクドナルドで腹ごしらえをしてから歩き始めた。この辺りは他にもレストランが多いが、早朝で開いているのは、マクドナルドのみであった。
sugito_01.jpgsugito_02.jpg
歩き始めると、直ぐに東武日光線の踏切を渡り、その後、少し進むと幸手市南公民館がある。その前に、大正8年制定の旧・道路法にもとづく上高村道路元標があった。現在では、法律上の道路元標の規定はないが、東京日本橋の真中のみが歴史的経緯もあり、道路元標が置かれている。
sugito_03.jpgsugito_04.jpgsugito_05.jpg
1.5Kmほど進むと、交通量の多い道路に突き当たる(歩いてきたのは写真左側の道路)が、ここが、将軍家が日光参拝に使用する日光御成道との合流点である。いつか御成道も歩いてみたいと思う。
合流点から少し進むと、左手に神宮寺がある。頼朝が欧州征伐の時、ここで鷹狩りをし、薬師如来に戦勝祈願したとのこと。中世は大きな寺で、この辺一帯の地名が神宮寺村と呼ばれるほどであったという。寺の山門前には、夥しい数の古い石仏が並んでいた。
sugito_06.jpgsugito_07.jpg
再び、東武日光線の踏切を渡って進むと、倉松川をわたり、直ぐ右手には神明神社がある。境内には明治7年に導入されたイギリス式の栃の水準点記号(几号水準と呼ばれ”不”の字形に似た記号)が刻まれた何かの礎石がある。
神明神社を過ぎた次の信号が幸手駅への入口であるが、そのまま真っ直ぐ進んで行く。
sugito_08.jpgsugito_09.jpgsugito_10.jpgsugito_11.jpg
進んで行くと、道路の右手にポケットパークと称する小公園があったが、ここが問屋場跡との由。そして宿の終わり近くには大きな常夜燈がある。見るからに新しそうなので、最近作られたものと思われる。
sugito_12.jpgsugito_13.jpg
荒宿の交差点を過ぎて、道路は右に大きくカーブする。この道路は次の信号で左折するが、真っ直ぐに続く細い道路を進み、国道4号線を跨道橋で渡る。写真は跨道橋から見た日光方面である。進んで行くと、権現堂川の名前の由来となったと言われる熊野権現社がある。昨日の台風のためか、夥しい銀杏の実が落ちていた。
sugito_14.jpgsugito_15.jpg
熊野権現社の前を通り、権現堂堤に登ると、見事な桜並木が1Kmほど続く。権現堂川は昭和初期の利根川の改修で廃川となったが、その権現堂川の堤である。かつては利根川の本流が流れており江戸の洪水予防用として築かれた堤であった。
少し進むと、母子巡礼の碑がある。説明板によれば、
享和2年(1802年)、長雨のため水位が高まり終に堤が決壊した。土手の修復に当たったが、激しい濁流で工事が進まずにいたその時、通りかかった巡礼の親子が自ら人柱を申し出て、逆巻く流れに身を投じ、工事が出来るようなった。これに対し、巡礼親子をが工事は無駄だといったのに怒った人夫が親子を川に投げ込んでしまったという説もある」と書かれていた。どうも、通りかかった巡礼親子を無理やり人柱にしたのが本当らしいが、何れにしろ、人身御供となった巡礼親子を供養するために昭和8年に建立された碑である。
側に歌碑、
そよ風に 花びらは舞う 巡礼の 碑かこむ 堤の桜」 郷子 
sugito_16.jpgsugito_17.jpg
それにしても、気持ちの良い桜堤である。途中にはトイレもあり、大勢の人が、ウォーキングやジョギングを楽しんでいる。桜の季節は、河川敷に植えられた菜の花の黄色とも相まって見事な景観を示すという。そして、桜堤の最後は、「明治天皇権現堂堤御野立所」の碑で終わる。
sugito_18.jpgsugito_19.jpg
中川を明治天皇の行幸にちなんで付けられた、御幸橋で渡り、直ぐ左に折れて進む。静かなたたずまいの街道が続く。
sugito_20.jpgsugito_21.jpg
進んで行くと、外国府間(そとごうま)という地域である。読みが難しい地名である。安永4年(1775年)に建てられた古い道標があった。石碑の正面には「右津くば道」と書かれていて、左側面には「左日光道」と書かれている。やがて旧街道の正面に雷電社湯殿社の合殿がみえてくる。現在の建物は平成13年に不審火で消失して、再建されたものとのこと。
sugito_22.jpgsugito_23.jpg
歩いて行くと、小右衛門村の一里塚がある。江戸から14番目の一里塚とのこと。塚の上には権現堂川に建っていた弁財天堂が移設されているが、権現堂川の改修時に弁財天堂の始末に困り、私有地でない場所ということで選ばれたのだろう。が、そのお堂も老朽化して貼られたビニールシートも劣化して用をなさず、全くかえりみられていないと思えるのは残念である。そして、行く手に「南栗橋」への道路のガードが見えてくると、その直前で右側のガードで国道4号線をくぐる。
sugito_24.jpgsugito_25.jpg
ガードをくぐると、権現堂川の水面が大きく広がる。権現堂川は、現在では閉じられた水系で、北端には利根川へ給排水する川妻給排水機場、南端には中川へ給排水する行幸給排水機場が設けられているにすぎない。そこで、閉じられた水系に伴う、富栄養化を防ぐため、超音波の振動を利用したアオコの除去吸引装置が随所に設置されている。向こう岸にはキューピーマヨネーズの大きな工場が見える。
sugito_26.jpgsugito_27.jpgsugito_28.jpg
スポーツアミューズメントと称する「ラウンドワン」の大き建物が見えてきて、通り過ぎると国道に復帰し、300mほどで左に入って行く。その入口には「栗橋大一劇場」の大きな看板が見えるが、潰れたようである。この劇場は、栗橋ではゆかりの深い静御前より有名と言われたストリップ劇場で、交通の便が悪いが東京、大阪の劇場ともつながりがあったという。しかし、人気の高かった劇場も不況の波には抗しかねたのだろうか。
sugito_29.jpg
1Kmほど進むと、「会津見送り稲荷」がある。会津藩の武士が江戸に書面を届けるためここまで来たが、地水のため通行できず、道が分からなくなったときに白髪の老人が現れて、道案内をしてくれた。また一説には書面を紛失し、死を決した時、狐の化身である白髪の老人が現れて死を思い留まらせたとも伝えられているという。その舞台となった茶店跡に稲荷神社が建てられたが、今では民家の庭先の神社のように見える。
進んで国道125号線をくぐると、ほどなく広い道になる。栗橋町である。街道右側に顕正寺がある。栗橋宿を開いた名主池田鴨之助の墓のあるお寺である。街道は市街地を通って真っ直ぐに続いている。
sugito_30.jpgsugito_31.jpg
市街地を進む道路が突き当たる場所には、八坂神社がある。元は牛頭天王社で、栗橋宿の鎮守であったが、明治維新になり、現在の八坂神社と改称された。ここの神社では狛犬では無く、鯉が飾られている。一対の鯉には「除災の鯉」、「招福の鯉」と書かれていた。
今までに、浦和の「調神社(つきじんじゃ)」の「うさぎ」にお目にかかったが、鯉は初めてである。
sugito_32.jpgsugito_33.jpg
八坂神社から少し戻り、利根川方面への細い道に入って行くと、「栗橋関所址」の碑がある。東海道の箱根、中山道の碓氷と並ぶ関東三大関所の一つであった。そして、利根川橋を渡って茨城県に入って行く。
sugito_34.jpgsugito_35.jpg
利根川は、昨日の台風の影響か水は濁っていた。そして、風が非常に強い。これも台風の余波であろうか。
橋を渡り終えて、左折して川に沿って100mほど進み、右折して中田宿に入って行く。500mほどで、左手に「鶴峯八幡宮」がある。源頼朝が鎌倉の鶴岡八幡宮の神主高橋氏に創建させたという。その後、天福2年(1234年)には下総一の宮である香取神宮も祀って、八幡と香取の相殿となったとのこと。お昼時間だが食堂は見つからず、ベンチに座って休憩を取りながらコンビニで買った菓子パンをほうばる。
sugito_36.jpgsugito_37.jpg
街道に戻ると、直ぐ隣に「光了寺」がある。光了寺は静御前のゆかりの寺で、静御前が後白河上皇から下賜された蛙螟龍(あまりゅう)の舞衣が今でも保存されていて、寺宝となっているという。また、過去帳には静の戒名として「巖松院殿義静妙源大姉」が残されているという。鎌倉から開放された静御前が、どのような歩みを辿ったかは、定かでないが奥州に向った義経を追い、栗橋あたりで悲報に接し、尼となったが僅かの時をおいて、この地で亡くなったと言われているようである。
sugito_38.jpgsugito_39.jpg
少し先の道路の右側には、立派な本堂の「本願寺」がある。街道は進んで、次の宿に向う。
sugito_40.jpgsugito_41.jpg


コメント

SECRET: 0
PASS:
台風一過、秋空・秋風が最高でしたね。
千住大橋では「奥の細道」を、そして今度は「御成り街道」を…。着々と次の予定が出来上がっていきますね。
こちら、10/11に徳次郎宿まで達しました。紅葉真っ盛りの「いろは坂」下りが、実現できそうです。

SECRET: 0
PASS:
Tokuさん、
徳次郎宿まで、到達したなら、もう1回で完結ですね。
やはり、追いつけないですね。
私は、どこか近場で紅葉を鑑賞することになるのかなぁー。

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

« | Home | »