« | Home | »

2010.06.18

白河から小田川宿・・・(旧奥州街道)

本日の万歩計37,666(24.5Km)

白河から鏡石の歩行ルート

関東も梅雨に入ったようである。今日の昼間は何とか大丈夫そうだが、夕方からは雨が降り始め、その後は一週間は雨が続きそうである。そこで今日を外すと当面は歩きに行けないと思い、出かけることにした。
前回と同じく、東京駅6時16分発の「やまびこ201」に乗車し、新白河で乗り換えて白河には8時17分着。東京から2時間。だいぶ遠くに来たものだ。
まずは、前回切り上げた「女石」に最短で向うため、駅の横の「こみね・ふれあい通り」と書かれた通路で東北本線の向こう側に出て、線路脇の道を進んで「女石」に向う294号線に出る。
sirakawa_01.jpgsirakawa_02.jpg
阿武隈川を過ぎて、峠の切り通しに差しかかると、前回気になった急な階段ががあり、上ってみると「石仏群」があった。明らかに昔の街道はここを通っていて、道路の切り通しの切削で旧道は取り残されたものであろう。
sirakawa_03.jpgsirakawa_04.jpg
「女石」に着き、右の旧道に進むと、100mほどで右に石碑群がある。中央付近の碑に説明板が立っている。内容を要約すると、「志げ女は越後三条生まれで、幼少の頃白河の坂田屋に引き取られ、性質が順良で人から愛されていた。長じて遊女となり戊辰戦争の折、奥羽鎮撫参謀長州藩士世良修蔵が志げ女と遊ぶが、世良はこの地が危険であると察して白河を脱した。このことから会津藩士は志げ女を憎み殺害した。これを知った遊女屋の下男が会津藩士を殺害して、仇を打った」とある。
遊女の仇を討つのも稀有なことであり、まして碑まで建てるとは、よほど「志げ女」は周りの人達から愛されていたのであろう。
sirakawa_05.jpgsirakawa_06.jpg
旧道は直ぐに終わり国道4号線に合流する。その後短い区間で左に旧道が現れ、直ぐに右に旧道の入口が見えてくる。
sirakawa_07.jpgsirakawa_08.jpg
旧道に入ると、直ぐに「手打ち蕎麦の大清水」が目に付く。ここが、湧き水が豊富で旅人が喉を潤した場所で、地名の大清水のもとになった場所である。周りにも石仏、石碑が多く見られるが、道の反対側の廃屋の放置等、保存状態は劣悪で、白河市の対策を願いたいものである。
sirakawa_09.jpgsirakawa_10.jpg
進むと、「庭渡神社」の鳥居と神社名碑が見えてくる。庭渡は鶏の神でニワトリからニワタリとなったようで、漢字はいろいろに書かれ、村の守り神となっている例が多いようである。
さらに先には、立派な門構えの家が見えてくる。「からだ楽」の看板が見えるが、どのような家なのであろうか。
sirakawa_13.jpgsirakawa_14.jpg
高橋川を渡ると、右に「根田醤油合名会社」の建屋が見えてくる。進んで右折すると「根田醤油」で、門を入った左には「郵便局」もある。みそと醤油を造って200年とのこと。
sirakawa_15.jpgsirakawa_16.jpg
ここで、チョット寄り道して国道4号線を渡ると、安珍堂がある。昭和60年(1985)3月に、東北新幹線上野駅乗り入れ記念として、和歌山県川辺町の道成寺に所蔵されていた安珍蔵を譲り受け、安珍堂を各種団体と市民有志から寄せられた浄財で建立したとのこと。
「安珍忌」の3月27日には、安珍堂の前で県無形民俗文化財「安珍歌念仏踊」が奉納される。この歌念仏踊は江戸時代から続く。
sirakawa_17.jpgsirakawa_18.jpg
根田宿に戻って進んで行く。少し先は新小萱(にこがや)地区で、江戸期は根田と合わせて一つの宿場を構成していた。宿の終わりは桑ケ作川に架かる岩崎橋で渡って左折し、「小田川宿」に入って行く。
sirakawa_19.jpgsirakawa_20.jpg
直ぐに、右方向に「石雲寺」が見えてくる。白河結城氏の一族新小萱氏を開基として、白河市表郷地区の峯全院二代、子賢が開山したと伝えられている。白河結城氏の没落にともない衰退していたが、江戸時代に入った元禄年間(1688~1703)に、厳龍という僧が再興した。
この先は、南街道端の集落で、道が適当にうねっており、旧街道の香りが感じられる。
sirakawa_21.jpgsirakawa_22.jpg
道の左には、無造作に放置されたような二十三夜塔、庚申塔がある。この辺りから先は、北街道端集落で、最後に「白河だるま製造所」があり、倉庫には夥しい数の「だるまのパーツ」が収蔵されていた。2月11日の建国記念日に開かれる「白河だるま祭り」は毎年、約15万人の人出で賑わうとのこと。
sirakawa_23.jpgsirakawa_24.jpg
国道に合流する。国道の左に、部分的だが僅かに旧道が残されている。500mほど先で、国道から左に分かれて、泉田の集落に入って行く。
sirakawa_25.jpgsirakawa_26.jpg
泉田地区を進む。国道から別れ静かな集落である。右側に石仏が集められていた。
sirakawa_27.jpgsirakawa_28.jpg
進んで行くと、右に分かれる道が見えてくるので、そちらに進む。少し先で、舗装はなくなりその先で再び分かれ道となる。左が旧街道だが、国道の切り通しの開削で途切れているので、右に進み国道に出る。
sirakawa_29.jpgsirakawa_30.jpg
国道の切り通しを進み、1Kmほど先で左の小田川(こたがわ)宿に入って行く。直ぐに「小野薬師堂」がある。創建は大同年間(806~810)と伝わる古社で、小野小町は故郷である秋田に帰郷する際小田川付近で病にかかり、病が治るよう「南無薬師 かけし諸願の根も切れば 身より薬師の名こそ惜しけれ」と詠い祈願したところ薬師如来が夢枕に立ち「村雨の 雨は一時のかりの宿 みのかさなれば ぬぎすててゆけ」と応えた。小町が目を覚ますと病がすっかり平癒し無事秋田へ帰郷することが出来たとのことである。この伝説により、古くから信仰の対象となり奥州街道の往来時には道中祈願として多くの人達が参拝したという。
sirakawa_31.jpgsirakawa_32.jpg
小田川宿を進んで行く。長く続く塀の見事な家があった。
sirakawa_33.jpgsirakawa_34.jpg
宿の中央付近で右に入る小道があり、進むと国道を挟んだ向こうに「寶積院(ほうしゃくいん)」がある。
真言宗豊山派(ぶざんは)の寺で14世紀中頃、鏡範上人による開山と伝えられる古刹である。結城宗広の菩提を弔っていたようであり、白河結城家と繋がりがあったと考えられるとのこと。
街道に戻ると、白い蔵と松の木の調和がとれた、街道らしい家が建っていた。本当に立派な家が多い。
sirakawa_35.jpgsirakawa_36.jpg
ようやく、泉川に架かる馬橋が見えてきた。ここで小田川宿は終わり、左に東北自動車道の防音壁を見ながら田園の中を進む道となる。東北自動車を潜る道路がある角には、八幡神社入口の石碑が建っていたが、自動車道の向こう側に八幡神社があるのか、自動車道の工事で神社が無くなり、入口の石碑のみ残ったのか分からなかった。
sirakawa_37.jpgsirakawa_38.jpg
その後、1Kmほどは旧街道特有のうねりのある道が続き、ようやく向こうに森が見えてくる。
森の入口には、左の木立の中に「武光地蔵」がある。思っていたより、大きくて存在感のある地蔵である。伊達藩の居合抜きの達人が、江戸へ向かうため、この地を通ろうとしたとき、妖しい女の影が現われたので、持っていた「武光」で斬り捨てた。さて、侍は用事を終え江戸から帰りにふたたびこの地を通ると、道ばたには真っ二つに切断された石地蔵が転がっていたという。村人が切られた首を修復してお祭りをしたが、切った刀が「武光」だったので、「武光地蔵」と呼ばれるようになったとのこと。
しかし、地元では最近、「首切り地蔵」もしくは「二身堂地蔵」と呼ばれているようだ。
sirakawa_39.jpgsirakawa_40.jpg


コメント

SECRET: 0
PASS:
先ずは、奥州道中踏破おめでとうございます。
これで五街道完全踏破ですね。やはり凄いですね。
そして、今度は仙台街道に入りましたね。
ここから仙台までは、結構の距離です。
続きを楽しみにしております。
私も、効率が悪いので、夏の遠方は敬遠しております。

SECRET: 0
PASS:
梅雨に入りましたが6月中に、もう一回歩きにと思っていたのですが、先週はサッカーのワールドカップで歩きに行く機会を失ってしまいました。
仙台街道に入ると遠くなりますが、全路線を通してではないですが、街道と電車の駅が近くなるのが便利ですね。
専ら、Hitoshさんのページを参考にさせていただいています。

SECRET: 0
PASS:
五街道制覇、おめでとうございます。
そして、遂に白河の関を超えて、陸奥の国に足を踏み入れましたね。終着駅はどこでしょうか?
楽しみにしています。
当方、近場の中原街道を歩いています。
中原街道の次は、大山街道の伊勢原から先と、田村道、八王子道など、色々な大山街道を歩いてみたいと思っています。

SECRET: 0
PASS:
Tokuさん
ありがとうございます。大山街道の集中攻撃ですね。
広義の奥州街道は街道として一番長いのですが、やはり目標は津軽半島最北端の「龍飛崎」か、津軽海峡を渡って「松前」と言いたいですね。
体力がもてばの話しですが。

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

« | Home | »