« | Home | »

2010.07.04

笹川宿から郡山・・・(旧奥州街道)

地下道を抜けると、旧道で笹川宿である。左にある須賀川第二中学が、上人坦の地名の由来となった、上人檀(しょうにんだん)廃寺跡(国史蹟)とのこと。静かな通りが続いて歩行にはありがたい。少し先には、左側に「寶来寺」があり、参道脇には多くの石仏や、二十三夜塔が集められていた。
kagamiishi_44.jpgkagamiishi_45.jpg
「寶来寺」の山門前の階段が古びているのも歴史を感じさせる。街道の寶来寺と反対側には、立派な蔵が建っており、歴史の街に相応しく思えてくる。
kagamiishi_46.jpgkagamiishi_47.jpg
そろそろ、お昼の食事時だが、食堂などありそうに無い。やむなく400mほど進んでコンビニで折り詰めの「助六寿司」を買ってきて、茶屋池公園で食べることとなった。
食べ終わって、進むと右側に多量の石碑、石塔が集められていた。
kagamiishi_48.jpgkagamiishi_49.jpg
そして、その直ぐ横には「一里塚跡」の石碑と説明板が立っていた。江戸から60番目の一里塚で、盛り土は失われてしまっている。この辺りから、白石坂と呼ばれる上り坂になり坂の途中の左側には「スルハチ池」と「ニゴリ池」がある。 写真は「ニゴリ池」で小学生が釣りをしていた。今日は、午前で学校が終わったのか?
kagamiishi_50.jpgkagamiishi_51.jpg
左側が工業団地の道を2Kmほど進む。日差しをさえぎるものは無く、暑さが身に沁みる。
ようやく旧街道が左に分かれ、その分岐点に「筑後塚供養塔群」がある。説明板によれば、筑後塚と呼ばれる所以は、「須賀川城が二階堂氏の家臣の守谷筑後守の内通により伊達政宗に攻め落とされた戦いの後、政宗は主君を裏切った筑後守を許せず、この地で成敗したといわれることに因る」とのこと。政宗の厚遇を得ようとして主君を裏切りその報いを受けたのであろうが、非情な時代であったものである。なお、以前はこの塚は少し手前の柏城小学校前にあったが、学校建築と道路改修のためここに移されたとのこと。
また、屋根囲いの中の板碑は、鎌倉時代に官道であった東山道の路傍に建てられたもので「双式阿弥陀三尊来迎浮彫供養塔」である。
kagamiishi_52.jpgkagamiishi_53.jpg
進むと、左側には石塔があり、旧街道の雰囲気がある。そして、滑川に向って道は下って行く。
kagamiishi_54.jpgkagamiishi_55.jpg
滑川橋を渡る。先日の雨の影響で水量は多い。直ぐ右側には東北本線の鉄橋が見える。
kagamiishi_56.jpgkagamiishi_57.jpg
東北本線に沿って700mほど進むと、清陵情報高校の敷地に接して雷神社がある。京の賀茂氏の一族が奥州に来て、祖神である賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)を祀たのであろうか。
kagamiishi_58.jpgkagamiishi_59.jpgkagamiishi_60.jpg
また、雷神社の隣には大きな石碑2基と揚水に使った電動機が並べられていた。
石碑には「滑川地区揚水灌漑記念碑」とあり、滑川地区の用水は嘉永3年(1851)に改修されたが、電気揚水機を設置して、米の安定収穫と増産を図った記念とのこと。
そして、少し先で東北本線の踏み切りを渡る。
kagamiishi_61.jpgkagamiishi_62.jpg
1Km程先で、水郡線の踏切を渡る。渡ると直ぐに、郡山市に入る。
水郡線は、茨城県水戸市の水戸駅から福島県郡山市の安積永盛駅までと、茨城県那珂市の上菅谷駅で分岐して茨城県常陸太田市の常陸太田駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)であるが、まだ乗ったことはない。
kagamiishi_63.jpgkagamiishi_64.jpg
500mほど進むと、東北新幹線のガードをくぐり、その先の荒川を蛍橋で渡ると、笹川宿である。左の細い道を入って行くと「熊野神社」がある。勧請応永27年3月足利満貞(または満直)治世の折り、紀州熊野大権現より御分霊したものである。篠川城の守護神として鎮座すると伝えられる。
境内には、3つの石碑があり、その内の一つには「足尾山」と彫られている。「足尾山」は茨城県石岡市と同桜川市の境に位置する標高627.5mの山であるが、醍醐天皇がこの山の神社に祈願し足の病が治ったことから、「足の神」として信仰されるようになった。
kagamiishi_65.jpgkagamiishi_66.jpg
笹川宿は、室町時代、足利氏の東北支配の拠点となった笹川御所のあった所で、今も立派な赤瓦のある家が「笹川宿本陣跡」で「明治天皇御小休所跡碑」が建っている。そして、左に細い道路を入ると「東館稲荷神社」があり、ここが「笹川御所跡」とのこと。直ぐ裏を「阿武隈川」が流れ、東北新幹線が川を跨いでいる。
kagamiishi_67.jpgkagamiishi_68.jpg
2Kmほど阿武隈川沿いの道を進み、かつて音無川と呼ばれていた笹原川を、「耳語(ささやき)橋」で渡ると、日出山(ひでのやま)宿である。
kagamiishi_69.jpgkagamiishi_70.jpg
笹原川を渡った右側に「ささやき公園」と名付けられた小公園があり、「耳語橋」にまつわる大きな石碑が建てられていた。
石碑裏面には、「天平4年(732)、奈良より葛城王が按察使(あぜち)として陸奥の国に下向の際、片平郷の国司、祇承が3年の年貢を怠っていたので、王の怒りに触れた。その時、見目麗しい春姫が「安積山影さえ見ゆる・・・」と詠み、歓待に務めたので、王の怒りが解けた。
王が都に還る時、この地まで見送りにきた春姫と、橋の上で別れを惜しみ、何やらささやいたが、里人には何も聞こえず、川の流れも一瞬止まったといわれ、後世、この川を「音無川」、橋を「耳後橋」と称するようになった。 なお、永承6年(1051)、源頼義、義家は東征の折この橋は朽ちていて渡れなかったので「あづま路の、、、」と詠まれたと今に伝う]と書かれていた。
一方、表側には春姫の歌「安積山 影さえ見ゆる 山の井の 浅き心を 我が思わなくに
源頼義の歌、
あづま路や ささやきの橋 中たへて 文だに今は かよはざりけり
みちのくの 音無川に わたさばや ささやきの橋 しのびしのびに
が彫られていた。
kagamiishi_71.jpgkagamiishi_72.jpg
日出山宿を進むと、「おくのほそ道」の真新しい石碑があった。東山道や、奥州街道として訴求するより芭蕉の「奥の細道」を名乗る方が商品価値が高いとの判断に寄るのであろう。傍には古い「十九夜塔」があった。
次に、日出山二渡神社である。境内には、日出山公民館が建てられている。いわゆる村社であろう。
kagamiishi_73.jpgkagamiishi_74.jpgkagamiishi_75.jpg
左に日出山公園があり、その角に大きな石碑が建てられていた。日出山土地区画整理事業竣工記念碑で、郡山市街地の南西部に位置するこの地域の生活環境の向上と健全な市街地の発展をはかるため道路、公園等の一体的整備を行うべく、昭和45年6月25日に組合の認可を受け、その後12年を費やして工事が完成したと書かれていた。
200mほど進むと、「水無月橋」と名付けられた新しい橋を渡る。そして、橋には、6月(水無月)の万葉歌として、
をみなえし 咲く沢に生ふる 花かつみ かつても知らぬ 恋もするかも」 中臣女郎
と彫られていた。しかし、この橋が作られたのは近年で、万葉集とは特に関係はないようである。
kagamiishi_76.jpgkagamiishi_77.jpg
橋を渡って進むと「小原田(こはらだ)宿」である。旧奥州街道40番目の宿場で入口付近に小原寺(しょうげんじ)がある。
この辺りは、宿の中心で枡形の痕跡も残っており、門構えの立派な家も残っている。ふと門の中を望見すると、茅葺の家も残していた。
kagamiishi_78.jpgkagamiishi_79.jpg
長い参道の「香具山神社」がある。由緒は定かでないが、境内の手入れが行き届いており、タイプの異なる大きな常夜燈が2つある。地元で大事にされているものと思われる。
少し先には、枡形と思われる道路のカーブがハッキリと残っている。ここが小原田宿の出口である。
kagamiishi_80.jpgkagamiishi_81.jpg
街道左に浄土真宗本願寺派の円寿寺がある。豊臣秀吉の奥州仕置で領地を追われた長沼城主が開山したという。近くの七ッ池遺跡出土の唐二彩水瓶や金銅製頭椎の大刀を所蔵していて、国の重要文化財である。いよいよ、郡山宿が近づいてきた。
kagamiishi_82.jpgkagamiishi_83.jpg
東北本線の踏み切りを渡ると、郡山宿で市街地域に入って行く。通りは現在では大町通りと呼ばれている。
「うすいデパート」のある十字路で左折して、国道4号線に出て「善導寺」を訪れる。浄土宗名越派の本山、下野大沢(現在の栃木県芳賀郡益子町)円通寺第十五世良信の弟子良吸(良岌)が天正7年(1579)に創建した寺である。寺は、何度か焼失して、現在の本堂は大正2年(1913)に再建されたものである。
kagamiishi_84.jpgkagamiishi_85.jpg
「善導寺」の次には「安積国造神社(あさかくにつこじんじゃ)」を訪れた。成務天皇5年(135)、比止禰命(ひとねのみこと)が初代安積国造に任ぜられて安積国を建国し、神社を創建して和久産巣日神(わくむすひのみこと)と天湯津彦命禰命(あめのゆつひこのみこと)を祀ったのが起源とされる。 比止禰命の死後には神霊が合祀され、坂上田村麻呂の東征の際には八幡大神が同時に祀られ、八幡宮とも呼ばれる。 東北遠征時の源頼義・義家が戦勝祈願を行なったという記録も残る。極めて古い歴史を持つ神社である。境内には、由緒のある種々な建造物が存在するが、白王稲荷神社にある、明和7年(1770)高遠の商家が奉納した透かし灯籠は、高遠の石工が造った精巧な彫刻のある灯籠であり、見事である。
kagamiishi_86.jpgまだまだ、日は高いが今日の暑さで疲労も蓄積し、足も痛みを感じ出しているので、街道歩きは切り上げることにして郡山駅の方に進んだ。駅前の店でアイスコーヒーを飲んでゆっくりと休憩し、今晩の宿泊のホテルに向った。


コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

« | Home | »