« | Home | »

2007.03.24

保土ヶ谷から戸塚(2)・・・(旧東海道)

本日の万歩計の値は24,440(16.13Km)

先日、権太坂を登りつめたあたりで住宅街の方に迷い込み、中断してしまった。 そこで、今朝は再度、光陵高校の角に建っている「権太坂」の石碑まで行き、戸塚までの道程を辿ることにした。
「権太坂」を登ってからの道は、昔は山の稜線の尾根道であったので、道の両側とも家が一軒くらいがやっと建つぐらいで、その後ろは急坂か階段で落ち込んだようになったいる。 昔は見晴らしがよかったと言うが、今は住宅が密集して眺望は無理そうである。
totsuka_001.jpg時は春で、一軒の家の前で「桜草」が綺麗に咲いていたので、思わずシャッターを押してしまった。
その後、正面に境木中学がある丁字路にぶつかり、順路としては右折すべきだが、左に曲がって少し行くと道の左側に「投込塚」があるので、寄ってみる。 前を歩いていた、年配の男性3人連れのグループも、やはり「投込塚」に立ち寄っていた。
昔は、旅の途中で倒れても、遺体を故郷に送り返すすべもなく、その地で埋葬するより仕方がなかったのだろう。
totsuka_002.jpgさて、元のルートに戻り、しばらく行くと、「武相国境之木」という立派な標識が見えてきた。
ここが、武蔵の国と相模の国の境界だったところで、道路の整備にともない、ちょっとした広場となっている。
>
totsuka_003.jpgtotsuka_004.jpg
この広場の奥には、「境木地蔵尊」があるが、なかなか境内の手入れが行き届いている。
totsuka_005.jpgtotsuka_006.jpg
この辺は保土ヶ谷と戸塚の宿の中間地点で人足などが休憩をとる場所で、このような場所を「立場」と呼んだそうだが、茶店などもあり、人足のみならず、一般の通行人も休息をとったとのこと。 特に、ここの「立場」は見晴らしもよく人気があったという。
「若林家」は、この茶店のなかでも特に有力で、大名なども立ち寄ったとのことであるが、「地蔵尊」に隣接して屋敷があり、その構えからも往時の勢いが窺える。
totsuka_007.jpgtotsuka_008.jpg

totsuka_009.jpgさて、ルートを辿ることにするが、この広場からは5本の道路が放射状に出ていて、どの道路に進めば良いか、少し迷う。 しかし、心配ご無用で、「右環状二号線」、「左旧東海道」と書かれた真新しい石の道標が建っている。
道標に従い進むと、直ぐに昔「焼餅」が売られていたという、「焼餅坂」を下ることになる。 ほんの数年前までは、うっそうと茂った木が道の両側から迫っていて、これが横浜かと言われるほど道も狭かったとのことである。が、今は開発され切り通しも拡張され、すっかり様相を一変した。そして、もう「焼餅」を売る店はないばかりか、「焼餅坂」の小さな立て札が立っている上の方では、造成工事が始まりそうであった。 時代の趨勢は、完全に「焼餅坂」の痕跡を抹消せずにはおれないらしい。

totsuka_010.jpgtotsuka_011.jpg

totsuka_012.jpg「境木地蔵尊」前の真新しいマンション群と離れ、少しくたびれた風情の住宅地の中の細い道を下って行くと、「品濃一里塚公園入口」の看板と、解説の立て札に出くわす。 本当の一里塚ははこの小山のような「公園」に登った上にある。 一里塚は土を盛って木を植えて作ったものだが、これほど原型を保って残っているのは珍しいとのこと。 日本橋から9番目の一里塚なので、江戸から約36Kmの距離となる。

totsuka_013.jpgtotsuka_014.jpg

totsuka_015.jpg「一里塚」を過ぎて、さらに下っていくと、いきなり東戸塚駅前のモールに通じる環状二号をまたぐ歩道橋が現れた。
お昼には少し早いが、昼食をとって、一休みすることとした。

totsuka_016.jpg食後の休憩を取った後、またルートを下って行く。 幾らも離れていないところを環状二号が走っているが、こちらはまるで、田舎の住宅地の感じである。 時々、道路わきに旧東海道の手作りと思われる木の標識が掲げられているのは、これでも東海道だったのだと主張しているようで面白い。
やがて「品濃坂」が環状二号で分断されて歩道橋で結ばれたのにたどり着く。 車道は右にカーブして環状二号に入れるようになっているが、旧東海道のルートは階段を下りて歩道橋を渡る。 階段を下りたところに、「品濃坂」の石碑がある。

totsuka_017.jpgtotsuka_018.jpg

totsuka_019.jpg
それにしても、旧東海道から、車の流れを見下ろすのはタイムスリップしたような感覚に襲われる。 江戸時代には、よもやこのような時代が来るとは予想できなかったことだろう。
住宅街の中に続いている「品濃坂」を下り、川沿いの道を歩く。 桜の花もほころび始めている。
国道に出て、戸塚の方に歩いてゆくと、山崎パン、森紙業と続く工場のある歩道は国道との間にも植栽が施され、遊歩道のような雰囲気で良い感じになっていた。 国道の全てがこうなっていると、良いのですが・・

totsuka_020a.jpgtotsuka_020.jpg
「横浜新道」の終了点に向かう国道と戸塚駅方向への分岐点であり、合わせて大山道への分岐点でもある、「不動坂」の交差点では、道路の左側にある神奈川県特別天然記念物の「益田家のモチノキ」が見られる。
totsuka_021.jpgモチノキとは球形の果実をつけ、この実より「鳥モチ」をつくることから、そう呼ばれるようになったようだ。
ルートは戸塚駅に向かう道路を進むが、車の走る道路の左側に旧東海道が続いている。
もっとも、少し行った「ブリヂストン」の工場前で合流するが、それでもわずかの距離でも静かな道路は感じが良いし、写真のような立派な家も一軒だがみることができた。
>
totsuka_022.jpgtotsuka_023.jpg

さらに進むと、ダイエーの戸塚店の駐車場横にあるレストランの前に、「江戸方見付跡」の石碑がある。
いよいよ、戸塚の宿に入ったことになる。 続いて安藤広重の絵にも描かれた柏尾川に掛かる「吉田大橋」を渡れば、戸塚の宿はもう直ぐだ。

totsuka_024.jpgtotsuka_025.jpg
戸塚本陣に着くまえに、大奥物語で有名になった家康側室の「於万の方」が開基した「清源院」を見学した。
totsuka_026.jpgtotsuka_027.jpg
totsuka_028.jpg戸塚の薬屋大島屋亦四郎(またしろう)の子で18歳の清三郎と、同じ戸塚の伊勢屋清左衛門抱(かかえ)の飯盛(めしもり)で16歳のヤマの慰霊のために、当院22世躍誉上人が建てた心中句碑がある。 18歳と16歳とは、最近の晩婚化からすると、えらく早かったのですね。
戸塚本陣は、現在郵便局になっているところに、あったとのことだが、何も残っていない。石碑も無い。
少し進んで、消防署まで行くと、「明治天皇行幸記念碑」と「澤邊本陣跡」の標識が建っている。
ともかく、今日はここまでにする。 足も相当疲れている。
totsuka_029.jpgtotsuka_030.jpg


コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

« | Home | »