2005.02.27

河津桜・・・(旅行)

河津桜は2月始めころから咲き始めると聞いていた。超早咲きで一度は訪れたいと思っていた。河津の飯島さんと言う方の先代が山の中に咲いているのを移したのだという。
遺伝学的に調べると、「早咲きのオオシマザクラ」と「ヒガンザクラ」が自然交雑で生まれたのだろうという。
それにしても、これに目をつけ川辺りに植え、多くの観光客を集めるようになった慧眼には感心させられる。
学生時代に河津の大滝(オオダル)温泉で一泊したときは、まだ話題にもなっていなかったが一大観光地になってしまった。そして、本来の七滝の方は気にする人も多くはないのではないだろうか。
PICT0053.JPG

PICT0061.JPG

一見すると八重咲きかとも思えたが、よく見ると八重ではない。
少し小ぶりの花びらの房が密集している。 色合いもソメイヨシノなどより赤い色が強く、八重桜と見紛う。
PICT0056.JPG
PICT0065.JPG
見事に咲き誇り、川端を飾っている。

PICT0068.JPG
こちらは、普通に咲いている菜の花。
これも綺麗でつい撮影した。


忍野村・・・(旅行)

日にちは前後するが、富士山がちっとも顔を見せないので富士山麓の忍野村を訪れた。
豊富な湧き水で有名だが相変わらず観光客が多く、持ってきたペットボトルを取り出して水を汲んだり名水を飲んで味わったりしている。
それにしても、ペットボトルを持ってきていない観光客に販売している空のペットボトルが自動販売機で売っているチャント水の入ったものより高いとは、いやはや商魂逞しい。
Pict0025.jpg
ふと見ると、綺麗に済んだ水面(みずも)に鴨が2匹泳いでいた。
Pict0028.jpg
水辺の岸にじっとたたずむ、鴨より大きな鵞鳥(ガチョウ)。
こんな綺麗な水辺でフォアグラにされる気配もなく幸せだろう。
Pict0029.jpg
水車のあるクラシックな家とその前面に広がる水面はやはり日本の現風景。 癒される。


山中湖からの富士山・・・(旅行)

我が家から見える富士山、新宿のオフィスからも見えるがやはり、近くで撮って見たいと山中湖に出かけた。
ついた日は、どんより曇り日で、時には数十メータしか見通せない霧で富士山どころではない。今回はダメだとすっかり諦めていた。
Pict0039.jpg
ところが、翌日の早朝ホテルの窓から覗いたら、おぉー綺麗に見える。早速ホテルの窓から手を差し出して撮影。
Pict0040.jpg
今度は食事の後でホテルの外に出て撮影。
Pict0038.jpg
Pict0048.jpg
ズームにして撮影したら、この迫力。
やはり近くに来てよかった。
しかし、8時にホテルを出発するころには雲に覆われ、二度と姿を見せてくれなかった。女王は気まぐれだ。


2004.05.08

等々力渓谷・・・(散策)

等々力渓谷って本当に渓谷?と思って行ってみた。
0kanban.jpg
渓谷入り口には保存樹に指定されている大きな木があった。
さあ、看板を見て歩いて見よう。
1bigtree.jpg
うーむ、渓谷の面影はあるが流れは生活廃水で汚れていてあまり感じが良くないね。
2hodou.jpg
それでも、遊歩道を歩いて行くと、「ハト」が道の横の斜面に。 
2mも距離が無いよ。 怪我でもしているのかと思いながらシャッターを切り、もう一枚と思う内に元気よく飛び立った。
3yamabato.jpg
腹が減ったので、環八と交わるところにあるOTTOと言うイタリアンレストランで昼食を取る。
レストランの中の雰囲気はなかなか良いが、料理はいまいちだったなぁ・・
4otto.jpg
そして、次には横穴古墳だ。 3つ見つかっているが2つは跡形も無し。
5yokoana.jpg
斜面から湧き水が出ていて「等々力不動尊」がある。昔は、おもむきがあったのだろうなぁ・・
6waterfall.jpg7waterfall2.jpg



« Previous