« | Home | »

2013.09.05

富士山の鳴沢氷穴・・・(旅行)

富士山の鳴沢氷穴を見に行ってきました。昨日は、激しい雨で今朝出発時も激しく降っていたのですが、幸いにも鳴沢氷穴に到着したときはほぼ止んでいました。富士山が世界遺産になったことも影響して、真夏は、氷穴に入るのに2時間待ちになるくらい混み合うようですが、今日は雨模様の天気のためか。貸し切り状態で、全く待つことなく入れました。
貞観6年(864)富士山の側火山長尾山の噴火の際、古い寄生火山の間を灼熱に焼けた溶岩流(青木ヶ原丸尾)が流れ下ってできた洞窟とのことです。
今日現在の内部の温度は0℃とのことです。15分程度のことですが、半袖のシャツでは寒いので皆んな上に何か羽織って入って行きます。

hyoketsu_01.jpghyoketsu_02.jpg

階段を下って、しばらく木の歩道を進むと、更に急な階段を下ります。

hyoketsu_03.jpghyoketsu_04.jpg

下りきると、高さ90Cmのトンネルです。腰を屈めて進むのは、かなり辛いです。昨日の雨のせいか足元は濡れていて、上からは水滴がポタポタと落ちてきます。

hyoketsu_05.jpghyoketsu_06.jpg

何度か頭も打ち付けながら通り抜け、もう一度急な階段を降りると、小さな祠が祀られていました。氷穴は江ノ島に通じていると言われ神聖な洞窟とされていたと書かれていました。

hyoketsu_07.jpghyoketsu_08.jpg

そして、この洞窟で一番深い場所は、氷の貯蔵場所です。江戸期には、夏に馬でここから氷を将軍様に届けたのです。大変貴重なものだったと思われます。

hyoketsu_09.jpghyoketsu_10.jpg

氷の貯蔵場所をを過ぎると、入ってきたときとは別の急な階段を上って外に出ます。

hyoketsu_11.jpghyoketsu_12.jpg

hyoketsu_13.jpghyoketsu_14.jpg

外には、遊歩道が整備されていて、富士山樹海の中を散策できるようになっています。

hyoketsu_15.jpghyoketsu_16.jpg


コメント

毎年、近くの紅葉台に往きますが、家内が閉所恐怖症の為
鳴沢氷穴には入っていません。一度行ってみたいと思ってはいますが。

氷穴を見るのは15分と言っていますが、実際は10分ぐらいの感じです。どうしても、奥様が入りたくないということであれば、おみやげ店で待ってもらっていればと思います。

コメントフィードを購読する

コメント投稿





*


« | Home | »