2016.02.05

九度山・・・(旅行)

今年のNHKの大河ドラマは真田丸ですが、和歌山県で九度山から比較的近いところで生まれ育ったのに九度山には行ったことはなかった。

そこで、今回帰省した機会に九度山に連れて行ってもらった。
最初に訪れたのは、真田庵です。真田昌幸、信繁(幸村)が住んだ屋敷ですが、いまは善名称院というお寺となっていて、県指定史跡です。

sanada_01.jpgsanada_02.jpg

下の左は、雷封じの井戸で、真田屋敷に落ちた雷を信繁が雷を封じ込めたと言う。右は、善名称院土砂堂です。

sanada_03.jpgsanada_04.jpg

sanada_05.jpg真田昌幸、信繁の墓石が立っていて、隣には真田地主大権現があり、真田家の宝物である毘沙門天と真田三代の御霊が合祀されているとのこと。

次に、慈尊院に向かいました。慈尊院は、弘法大師が高野山への表玄関として伽藍を創建し、高野山一山の庶務を司る政所(寺務所)を置き、高野山への宿所ならびに冬期避寒修行の場としたものです。また、高齢となった空海の母は、讃岐国多度郡(現:香川県善通寺市)から息子の空海が開いた高野山を一目見ようとやって来たが、当時高野山内は7里四方が女人禁制となっていたため、麓にあるこの政所に滞在し、本尊の弥勒菩薩を篤く信仰していた。空海はひと月に9度は必ず20数kmに及ぶ山道(高野山町石道)を下って政所の母を訪ねてきたので、この辺りに「九度山」という地名が付けられたとのこと。
jison_01.jpgjison_02.jpg

高野山は、昔は女人禁制であったが、この慈尊院までは来ることができ女人高野とも呼ばれます。
それで、子授け、安産、育児、授乳、良縁などを願って乳房型の絵馬を奉納する女性が多く訪れます。また、近年特に多いのが、乳がん平癒の祈願で近くの病院と乳がん患者らが、乳がん撲滅と病気平癒を祈願して奉納した特大絵馬はニュースにも取り上げられ、乳がん撲滅の象徴であるピンク色のお守りは、全国から求める人が絶えないという。
なお、本尊の木造弥勒仏坐像は国宝です。
jison_03.jpgjison_04.jpg

jison_05.jpgjison_06.jpg


2015.10.11

iPadを使う孫・・・()

じじ、ばばの世代は産まれた時にはテレビも無かった。孫の世代は、生まれて1歳と8ヶ月でiPadで好きな電車の走る動画をYoutubeで見る。タッチパネルの扱いも手慣れたものだ。 この孫が大人になった時には、どうのような世相になっているのか知らん。
mz151011_01.jpgmz151011_02.jpg


2015.09.22

敬老の日・・・()

 
mizukiletter.jpgmizukisept.jpg 昨日は、敬老の日。 今日、孫の名前でメールが届きました。1年と7ヶ月になります。左下には本人のサインもあります。産まれた直後の手形と比べると随分大きくなったのが分かります。
 今年の5月ぐらいは、人見知りが始まり会うと大泣きされたのですが、最近は会うとまだまだ母親にしがみついていますが、なんとか泣かないで耐えるようになり20分ぐらいで母親から離れて、笑顔も見られるようになってきました。1人で遊ぶようにもなりました。


2015.07.18

那須塩原温泉・・・(旅行)

今日は7月16日です。何も台風11号が四国に上陸する日に温泉旅行でもないと思ったのですが、仲の良い4組の夫婦で早くから予約してあって、キャンセルももったいないと集まりました。
新幹線で那須塩原駅に着いたときは、滝のような雨でしたが仙台在住のご夫婦が駅でピックアップしくれて一路塩原温泉郷に向かいました。
上野駅からホテルの送迎バスで出発した夫婦は既に着いていましたが、手持ち無沙汰な感じです。

NasuTrip_a01.jpg

4組の夫婦で男女各4人で合計8名でなにをするか、真っ昼間からカラオケでもないだろうと思い、お風呂も午後3時からとのこと。
それで、アララギ派の短歌をやられている奥さんも居ることから連歌でもやりませんかと提案し賛同を得て始めました。大いに盛り上がり大成功でした。 連歌の一部を下記に示します。

友と来て やまみちゆかし すみれ草 青葉も萌えて 温泉楽し

語らひは 無口な俺も やれ楽し 塩原に来て 雨に打たれつ

そうこうしている内に3時も過ぎ、温泉に浸かってその後は夕食までは、おしゃべりと酒盛りです。

NasuTrip_a02.jpg

NasuTrip_a03.jpg

NasuTrip_a04.jpg

一夜明けて、まだ台風は中国地方でウロウロしていて雨が止みません。
僅かに雨が小降りになったときを見計らって、車で15分ほどのところの、「もみじ谷大吊橋」を見に行きました。 全長320mの吊り橋で灌漑用ダムにかかっていますが、紅葉の頃の素晴らしい景観が想像されます。

NasuTrip_a05.jpg

NasuTrip_a06.jpg

吊り橋を渡るには300円ですが、65歳以上は200円です。
それで、吊り橋を渡ったところに「恋人の聖地」と書かれたモニュメントがあるのですが、吊り橋の途中でお会いしたのは全て200円で渡ってきたと思える人達で、「恋人の聖地」と、いまさら言われてもの感じです。

NasuTrip_a07.jpg


2015.06.02

初めての海外旅行・・・()

1歳3ヶ月、初めての海外旅行はハワイです。サマになってる?

hawaii1506_01.jpg

hawaii1506_02.jpg



« Previous | Next »