« | Home | »

2010.11.20

日光・・・(仲間)

毎年の恒例になっている、大学時代の仲間と一泊旅行にでかけました。
今年は、今市から日光まで歩き、日光東照宮を見物して、日光湯元温泉で一泊し戦場ヶ原を歩いて中禅寺湖に出て、その後華厳の滝を見物して帰宅しました。
今回の参加者は、当初6人の計画が、2人に急用ができ4人の参加となりました。
まず、2人がJR今市駅から9:00に出発しました。直ぐに、例幣使道との追分に出ます。
nikkoh_01.jpgnikkoh_02.jpg
追分にある、大きな地蔵に手を合わせ旅の無事を祈って、二宮神社に進み、ここで東武日光線で下今市駅に降り立った2名と合流して、4名全員揃いました。
nikkoh_03.jpgnikkoh_04.jpg
神社本殿の裏に回って、二宮尊徳の墓にお参りします。銅像も立っています。二宮尊徳は小田原の百姓の生まれですが、奉公先の小田原藩家老の服部家で財政建て直しを成功させて名前が知られるようになり、晩年は日光山領の農業振興を依頼され、下野国今市村(現在の栃木県日光市)で安政3年10月20日(1856年11月17日)に没したのです。墓はいらない、木を1本だけ植えてくれと言っていたそうですが、神社ができ、墓も作られたのは、やはり稀有な人物であったのでしょう。尊徳先生、現在の日本の農業の実態を知れば、何と思われるでしょう。そう言えば、昔は小学校の校庭で見られた二宮金次郎像もあまり見かけなくなりました。
nikkoh_05.jpgnikkoh_06.jpg
二宮神社の西隣には、室町時代中期の創建の浄土宗の如来寺があります。
寛永9年(1632)、三代将軍家光が東照宮造営の時ここに壮大な御殿を建設し逗留したとのことです。また、二宮尊徳の葬儀も、このお寺で執り行われました。
日光街道の119号線に復帰して進むと、会津西街道の追分があります。この道は、鬼怒川、大内宿を通って会津若松に通じています。江戸中期まで、参勤交代で利用された道です。
nikkoh_06a.jpgnikkoh_07.jpg
さらに、進むと、道の左側に有名な「日光みそのたまり漬け」の店が見えてきました。
皆さん、試食して思い思いの漬物を買い込みます。
nikkoh_08.jpgnikkoh_09.jpg
春日町の交差点を過ぎると、次の信号の左側に「瀧尾神社」が見えてきます。由来の案内板には、天応2年(782)勝道上人、日光二荒山(男体山)上に、二荒山大神を祀ると同時に当所琵琶ヶ窪笄の森に之を祀ると書かれています。境内には願い事の書かれた風車が沢山立っています。そして、境内にある桜の木が花を付けているのには驚きました。
nikkoh_10.jpgnikkoh_11.jpg
瀧尾神社を過ぎると119号線に沿って杉並木が続いていますが、今回はその右にある「杉並木公園」を進むことにしました。ここには、色々な水車が回っていて、ゆったりと楽しめるようになっています。
nikkoh_12.jpgnikkoh_13.jpg
もう、紅葉のピークは過ぎていますが、まだまだ鮮やかな色で楽しませてくれます。
nikkoh_14.jpgnikkoh_15.jpg
杉並木公園の終わり付近に藁葺の家がありましたが、これは名主の家(旧江連氏宅)を移築したもので、もう一つ綺麗な家は、二宮尊徳の報徳仕法農家を復元したもので、報徳庵と呼ばれ、報徳蕎麦が美味いお店になっています。蕎麦好きの4人ですが、まだ時間も早く、準備中でした。
nikkoh_16.jpgnikkoh_17.jpg
杉並木に復帰して進みます。時々鮮やかな紅葉が見られます。
nikkoh_18.jpgnikkoh_19.jpg
進むと、並木道の右側には、野口薬師堂があり、釣鐘の形をした大きな石が置かれています。昔ここには青雲山蔵寺という寺があったが、資力の乏しい寺のため金属製の釣り鐘を造ることが出来ず、日光廟造営にたずさわった石工に頼んで造らせたという説と、明和5年(1770)村人たちが太郎山の月山大権現に銅の釣り鐘を奉納し、同時に地元の山王権現には石の釣り鐘をおさめたところ、竜頭が鐘の重みで壊れてしまった。村人たちは後難をおそれ、この失敗を口にすることを嫌い、薬師堂に放置されたままにしてあるという伝承もあるそうです。なお、お堂の裏には、金精様が祀られており、前立腺肥大と診断された、私としてはお詣りしない訳にはまいりません。
その後、どんどん進んで、ようやく日光市街に達しようとするところでも、美しい紅葉が見られました。
nikkoh_20.jpgnikkoh_21.jpg
東武日光駅前で昼食を取り、途中羊羹の店に寄ったりしながら、神橋に着きました。
天海大僧正の像が立っています。本当の神橋は、最近有料なので写真を撮って済ませます。
nikkoh_22.jpgnikkoh_23.jpg
橋を渡って信号を渡ると、東照宮の神域です。表参道の急な坂を上って行きます。
nikkoh_24.jpgnikkoh_25.jpg
坂道を上り詰めると、日光を開いた勝道(しょうどう)上人の堂々たる銅像が迎えてくれます。ここでも、真っ赤に色づいた紅葉が美しい姿を見せていました。
nikkoh_26.jpgnikkoh_27.jpg
輪王寺の金堂は修復中で、その前を通り、重要文化財指定の黒門を抜けて、いよいよ東照宮に向かいます。かなり混雑していて、入場券を買うにも長い行列を並ぶ必要がありました。
nikkoh_28.jpgnikkoh_29.jpg
陽明門を潜り、左甚五郎作と言われる眠り猫を見て、207段の急な石段を上って、鋳抜門の前を右に進み、家康の墓所である奥宮御宝塔を一周しました。普段の運動不足が堪えます。
nikkoh_30.jpgnikkoh_31.jpg

nikkoh_32.jpgnikkoh_33.jpg

その後、東照宮の拝殿の中を見学したり、薬師堂で鳴龍を経験しました。
さらに、二荒山神社の庭園を見学し、かなり時間を費やしたので、3時半が門限という大猷院に大急ぎで向かいました。ここは、三代将軍の家光を祀っているところです。
東照宮より、規模は小さく作られていますが、その精緻な作りは、なかなかのものです。

nikkoh_34.jpgnikkoh_35.jpg

nikkoh_36.jpgnikkoh_37.jpg
大急ぎで見学した後は、バスで今日の宿泊地の日光湯元に向かい、「奥日光高原ホテル」に着きました。


コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


« | Home | »