2011.09.15

Wakeup on Lan

最近のPCやサーバーのオンボードのLANポートには、Wakeup on Lanの機能が付いている。そこで、FreeBSDでこの機能を利用して、普段は予備機として電源を入れずに置いてあるサーバーに夜中にPower Onして主サーバーのデーターを送り込むことを考えた。
まず、Wakeup on Lanを受けるマシンにマジックパケットを送出するwolをインストールする。

# cd /usr/ports/net/wol
# make install clean

使い方は簡単である。
 # wol -i [ブロードキャストアドレス] [MACアドレス] とする。
サーバーのIPが 192.168.1.xxのときは、下記となる。

# wol -i 192.168.1.255 ab:13:48:78:93:b6 ← MACアドレスは、Power ONしたいサーバーのをセット。

crontabに登録してPower onし、主サーバからrsyncでデータを転送して、Shutdownするようにして目的を果たす。サーバーは、物置部屋と化しているところに置いてあるので、デスクトップから席を立ってPower Onに出向く必要がないのも便利だ。
ルーターのWR8700NにもLAN接続されているPC等をリモートでPower Onする機能があり、外出先からもPCのPowe Onができるというが、少し危なっかしい気がする。

2011.09.14

ブロードバンドルーター考

 現在、固定IP接続のアカウントを別個に2つ契約していて、2台のサーバーをそれぞれのアカウント先に接続して運用している。2台のサーバーは、自分用と設置を人に頼まれたもので、ドメイン名も分ける必要があったため、接続アカウントも2つ契約したものである。
 回線は、Bフレッツマンションタイプを7年ほど前から使用しているが、NTTのレンタル品のVDSLのモデムVH-50IIにルーターとしてNTT-MEのMN8300を接続して使っていた。
しかし、ルーターも古くなってきて、もし故障でもしたら同じルーターは手に入らないであろうから、別のものを見つけておく必要を感じていた。
logical.jpg
 ところが、最近のルーターは無線LAN機能を内蔵しているのは良いとしても、マルチPPPoEを唱っていても、接続は2セッションで、しかも1つはフレッツスクエアと全くバカにした仕様のものがあったり、自由に2セッション接続可能なものであってもポートマッピングが接続毎に設定できなかったり、パケットフィルターの設定が無いなどの商品が多くどれを購入すれば良いのか考え倦んでいた。そもそも、マルチセッションなどと言わずに、ハッキリと何セッションと記述してほしい。
さらに大きな問題は、製品説明で簡単接続とか、無線LANの通信速度、到達距離等を誇るものが多く、肝心のルーターとしての機能説明が乏しく判断に迷うものが多いことである。
 結局、さんざん迷いながら調べて、WR8700Nを購入した。5セッション独立して設定でき(フレッツなので2セッションまでしか利用できないが)、ポートマッピング、パケットフィルターを含めて文句なしの機能が揃っており、無線LANも2.5G系と5G系があり、それぞれ2つのSSIDが使用可能となっている。
NECが販売する最上位機のようであるが、価格も安く、ようやく満足できるルーターに巡り会えた気がする。1台のデスクトップPCが離れた場所にあるが、無線LANで快適に接続できている。

2011.08.03

php-gdのインストール

Word Pressをインストールして使い心地を試していたら、画像をアップロードしたとき、表示画像をサムネイル、中サイズ、大サイズ、フルサイズに切り替える選択ができないことに気がついた。
調べると、php-gdのインストールが必要とわかった。php52をインストールしていたので/usr/ports/graphics/php52-gdに移動してインストールを試みたが、autoconfがどうとかというエラーとなってインストールできなかった。そこで、php52-extensionsから入れ直しを行った。

1. php52-extensionsのインストール

まず、/var/db/ports/php52-extensions/optionsを削除して、/usr/ports/lang/php52-extensionsに移動してMakefileを編集する。

# rm /var/db/ports/php52-extensions/options
# cd /usr/ports/lang/php52-extensions
# vi Makefile
WITH_CTYPE=     yes
WITH_DOM=       yes
WITH_FILTER=    yes
WITH_GD=          yes    ← 追加
WITH_HASH=      yes
WITH_ICONV=     yes
WITH_JSON=      yes
   ・
   ・
 その後、
# make install clean

途中で、またGDを選択する画面が現れるので、必ず選択しておく。もちろん、MySQL、multibyteも選択する。なお、すでにphp52-extensionsがインストールされているので、最後のところでエラーとなる。そこで、make deinstallして再度Make install cleanを実行する。

# make deinstall
# make install clean

2.php-gdのインストール

php-gdの使用を可能とするphp52-extensionsがインストールできたので、php52-gdをインストールする。

# cd /usr/ports/graphics/php52-gd
# make install clean

3. Word Pressでの確認

下図のようにサイズは、指定可能となった。なお、画像のサイズの指定(中サイズ:330 x 247等)は、メニューの「設定」→「メディア」で変更できるので、自分のブログ画面の都合でサイズをプリセットしておくと便利である。

imagepost.jpg

2011.08.02

Word PressのインストールとMySQL

ブログの作成にはMovabletypeを用いているが、ブログ作成ツールとして米国などでは、Word Pressが圧倒的に大きなシェアを占めている。
直ちにWord Pressに移行しようとは思っていないが、インストールして様子を見てみることにした。
Word Pressは、phpで書かれており、MySQL上のデーターベースを用いて、ダイナミックにページを送出するようになっている。すなわち、phpとMySQLが必須なのである。かつ、日本語使用では文字コードはutf-8を使うことを前提で作られている。EUCで動かそうなどとは、考えない方が良さそうだ。

1. インストール

(1) Word Pressの日本語のページより、最新版のwordpress-3.2.1-ja.zipをダウンロドして解凍し、フォールダーごとWeb発信ディレクトリーに入れる。
(2) フォルダー名をwordpressとすると、下記のようにwordpressフォルダー内のwp-config-sample.phpをwp-config.phpに名前を変え、内容を修正する。

# cd wordpress
# cp wp-config-sample.php wp-config.php
# vi wp-config.php
define('DB_NAME', 'wpdb');  ← DB名を入れる。
define('DB_USER', 'wpuser'); ← DBのユーザー名を入れる。
define('DB_PASSWORD', '******'); ← DBアクセスのパスワードを入れる。
define('DB_HOST', 'localhost');
define('DB_CHARSET', 'utf8');

2. データーベースの作成

MovabletypeではEUCコードで運用しているため、MySQLの文字コードは下記のようにujis(EUC)になっている。

mysql> SHOW VARIABLES LIKE 'character_set_%';
+----------------------------------+--------+
| Variable_name                 | Value   |
+----------------------------------+--------+
| character_set_client          | ujis       |
| character_set_connection          | ujis       |
| character_set_database      | ujis       |
| character_set_filesystem            | binary  |
| character_set_results        | ujis       |
| character_set_server         | ujis      |
| character_set_system          | utf8     |
+----------------------------------+--------+

しかし、Word Pressでは、utf8とする必要があるので、下記のように文字コードを指定して、データーベーを作成する。

# mysql -u root -p
Enter password: パスワード
mysql> create database wpdb CHARACTER SET utf8;;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
mysql> grant all privileges on wpdb.* to wpuser@localhost identified by 'パスワード';
Query OK, 0 rows affected (0.13 sec)
mysql> flush privileges;
mysql> exit;
Bye

これで、念のために文字コードを表示してみる。

$ mysql -u root -p
Enter password:
mysql> use wpdb;
Database changed
mysql> SHOW VARIABLES LIKE 'character_set_%';
+----------------------------+--------+
| Variable_name                   | Value  |
+----------------------------+--------+
| character_set_client          | ujis      |
| character_set_connection | ujis      |
| character_set_database    | utf8     |  ← ここがutf8になっていればOK
| character_set_filesystem   | binary  |
| character_set_results        | ujis       |
| character_set_server        | ujis       |
| character_set_system       | utf8      |
+----------------------------+--------+
7 rows in set (0.00 sec)

3. PHPに対する処置

MySQLのデーターベースの文字コードをutf8にして、Word Pressを起動すると問題なく動作するかに見えたが、記事を投稿しても記事内容が保存されない事象が発生した。
PHPもutf8で処理できるようにする必要がある。そこで、wordpressフォールダー内に.htaccessを作り下記の内容を入れたら、問題なく動作するようになった。やれやれ。

# vi .htaccess
DirectoryIndex index.html index.cgi index.php index.shtml
php_flag mbstring.encoding_translation off
php_value default_charset "UTF-8"

2011.03.02

スライス単位でのgmirror

以前に250GBのHDD2台を用いてgmirrorの構成をとろうとした時、最初にFreeBSDをインストールしたHDDより、ミラーの構成を組もうとする2台目のHDDの方が、数セクター小さく、ミラーに組み込もうとしたときに拒絶された。そこで、再度容量の小さい方のHDDにインストールし直す羽目に陥ってしまった。
しかし、今日FreeBSDのMLで、詳しい人からスライス単位でもgmirrorが構成できることを教えてもらい、VMwareを用いて実験したので、以下にその方法を記述しておくことにした。

要点は、HDD2台でミラーを組むとき、最初にFreeBSDをインストールするHDDのfdiskによるパーティションを2台目のHDDのボリューム全体容量より、少し小さく設定しておくことが肝要である。
なお、HDDの容量を正確につかむには、diskinfoコマンドを使用する。

# diskinfo -v ad4 ・・・・ad4を調べる場合

1. 準備とFreeBSDインストール

VMwareでad0(20GB)とad2(15GB)の2つの仮想HDDを確保し(ad0 > ad2に注意)、fdiskでad0に12GBの領域(パーティション)を確保してFreeBSD 8.1のCDを 用いてad0にインストールを行った。

2. Livefs CDを用いてgmirrorを設定

(#Fixitのブロンプトを出すまでは、FreeBSDでRAID1(mirror)の設定を参照)
以下のように設定する。gm0s1、ad0s1とスライスで指定するのが、ボリューム全体のミラーと異なる。 
なお、Livefs CDを用いない方法でも試みたがうまくgmirrorを構成できなかった。

Fixit# chroot /dist
Fixit# kldload geom_mirror           ← gmirrorのload
Fixit# exit
Fixit# gmirror label -b round-robin gm0s1 ad0s1 ← round-robinでスライスレベルでmirrorを構成

Statusを表示してみると、下記のように表示され、スライスレベルでmirror機能が出来ている。

Fixit# gmirror status
 Name         Status   Components
  mirror/gm0s1  COMPLETE    ad0s1

3. /etc/rc.conf、/etc/fstab、/boot/loader.confの修正

(1) /etc/rc.confにswapoff=”YES”の1行を追加
(2) /etc/fstabをviで開き、ad0 → mirror/gm0に変更
  例)/dev/ad0s1a → /dev/mirror/gm0s1a
    /dev/ad0s1d → /dev/mirror/gmos1d
 vi でfstabを開いて
 :%s/ad0/mirror\/gmo/ として一括して変更して保存するのが便利である。
(3) /boot/loaderconfにgeom_mirror_load=”YES” の1行を追加する。

そして、shutdownして、HDDから普通に起動。

4. 起動

起動したらsysinstallで configure → fdiskでad2を選び、ボリューム全体(少なくともad0s1で確保したより大きく)をfreebsdパーティションとして確保する。今回の実験ではad2にはボリューム全体の15GBを割り付けた。確保したら、”w”キーを押してスライス情報を書き込む。

5. ad2s1の追加

# gmirror insert gm0s1 ad2s1

これで、同期化が始まる、statusを見ると、

# gmirror status
   Name     Status  Components
  mirror/gm0s1  DEGRADED    ad0s1
                  ad2s1(2%)

しばらくして、gmirrorの同期が完了する。
swapinfoコマンドでswap領域を見ると、これも無事確保されている。

# swapinfo
Device                          1K-blocks               Used            Avail Capacity
/dev/mirror/gm0s1b       490304                    0              490304     0%

完了の後、ad0を取り除いてad2だけでも無事起動することを確認した。

« Previous | Next »