« | Home | »

2012.03.13

FreeBSDをUSBメモリーからインストール

FreeBSDのISO-IMAGEのダウンロードのディレクトリーには、CDRやDVDに書きこんで使うisoファイルとともに、USBメモリーに書きこんで使う、xxxxxx-memstock.imgがある。
minisd3.jpg
習慣的にCDRを作成してインストールを行なっていたが、FreeBSD 9.0でUSBからの起動を行なってみた。
使用したのは、左の写真のようにmicroSDメモリーと小さなUSBアダプターである。もちろん、USBメモリーとして造られたのを用いても何ら問題はないし、より一般的なことであろう。
まず、既に立ち上がっているFreeBSDのマシンのUSBポートに接続して、da0として認識されることを確認した。次に、FreeBSD-9.0-RELEASE-i386-memstick.imgをダウンロードして、収納したディレクトリーで下記のようにしてインストル用メモリーを作成した。

# dd if=FreeBSD-9.0-RELEASE-i386-memstick.img of=/dev/da0 bs=1m

ここで、bs=1mとして、ブロックサイズを1MBとしたが、約1分30秒ほどで作成が完了した。
bs=10240として、ブロックサイズを1KB程度とすると、5分以上かかってしまった。bs=10mとしても、1mの場合とほとんど変わらなかったので、bs=1mぐらいが適していると思える。
ともかく、簡単に作成できる。出来上がったUSBメモリーで、起動してみたがCDRなどより、立ち上がりが迅速でとても感じがよい。DVDドライブのトレーの開け閉めの煩わしさもなく、もっと早くからUSBにすればよかったと思うこととなった。
なお、Windowsでも作成ツールとしてddの機能を実行するdd for Windowsというフリーソフトと、Image Writer for Windowsがあるが、Image Writer for Windowsの方が作成時間も早くお勧めのようである。

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)