2012.04.16

前沢から金ケ崎・・・(旧奥州街道)

本日の万歩計39,437(25.6Km)

前沢から金ヶ崎歩行ルート

昨年の10月12日以来の久しぶりの街道歩きである。今年に入っても寒い日が続き、ようやく暖かくなってきてのスタートである。
一ノ関で新幹線から東北本線に乗り換え、前沢駅には9:15着であった。これが我が家からの最も早い到着である。在来線は、通学の高校生であふれていた。

さて、駅を出発して駅前道路を進み街道に出て右折すると、岩手県指定文化財の太田家住宅が建っていた。「太田家住宅」は、明治43年、県内有数の資産家であった太田幸五郎によって、凶作などで疲弊した地元の救済事業(お助け普請)として建築された屋敷である。屋敷には1600坪の敷地に、主屋と炊き場、前座敷、土蔵、門、塀、庭園が配されており、明治期富裕層の屋敷構成をよく残している。このうち主屋と庭園、土蔵などが時代性を反映した建物と屋敷構成であるとして平成9年に岩手県の有形文化財に指定された。
なお、太田家では初代から4代目までの当主は、幸蔵を名乗り、5代目から幸五郎と続くことから、地元では「太幸邸(だいこうてい)」とも呼ばれているとのこと。

maesawa_01.jpg

maesawa_02.jpg

大田家住宅から進むと、左側に霊桃寺がある。承和5年(838)慈覚大師一刀三礼の十一面観音像を本尊として「北長谷漆寺(天台宗)」がこの寺の始まりで、その後文永6年(1269)北鎌倉の建長寺の第四世佛源大休正念禅師を勧請開山として迎え「宝林山興化寺」として復興された。さらに、天正年間(1573-91)に前沢領主大内定綱の菩提所として、「興化山宝林寺」に改められた。寛文6年(1661)に松島瑞巌寺の桂室和尚が入寺、その2年後に前沢領主飯坂内匠頭宗章が16歳の若さで亡くなり、宗彰公の法名「霊桃院殿心巌恵空大禅定門」から霊桃寺と改名され今日に至っている。また、墓所には、高野長英の母美也(みや)の墓がある旨が記されていた。

maesawa_03.jpg

maesawa_04.jpg

階段を登って行くと、俳句の小道の石碑が立っていて、優秀作品の数々が歌碑として立っていた。上り詰めて本堂を眺めると、前沢領主の菩提寺に相応しいものであった。また、境内からは、前沢の街並みが眺望できた。

maesawa_05.jpg

maesawa_06.jpg

霊桃寺の隣は、熊堅神社である。長い参道を進むと本殿がある。熊堅神社は熊野神社の異称なのか、調べたが分からなかった。

maesawa_07.jpg

maesawa_08.jpg

街道に戻ると、直ぐに岩手銘醸の看板を掲げた、醸造会社がある。会社案内によれば、昭和30年、大正初期から続いた蔵元2社が合併し、胆沢郡前沢町に岩手銘醸株式会社が誕生。以来、岩手誉を代表酒に、大桜・陸奥の友のほか数々の銘酒を育てるとともに、近隣市町村の米を使用して、江刺の古歌葉・藤原の郷、胆沢町の胆沢舞、金ヶ崎町の宗任・白絲御膳など各地の地酒作りにも協力していると記されていた。
ちょうど、会社の朝の始まり時刻と見えて、商品を車に積んで出荷する風景を見せていた。
徐々に家並みも閑散としてきて、このあたりが前沢宿の出口付近であろうか、枡形の名残かと思える道路のカーブも見える。

maesawa_09.jpg

maesawa_10.jpg

やがて、一級河川で下流で北上川に合流する「岩堰川」にかかる「岩堰橋」を渡る。

maesawa_11.jpg

maesawa_12.jpg

1Kmほど進むと、明後沢川の名の小さな川を渡るが、この上流には竪穴住居跡の遺蹟があり、縄文土器等も多数発掘されたとのことである。

maesawa_13.jpg

maesawa_14.jpg

さらに、1Kmあまり進むと折井の分岐点で、街道は国道4号線から左に別れてしばらくは静かな歩行となる。車の騒音からも逃れられ静かな街並みを歩くのは気持ちが良い。奥州街道の間の宿であった折居の集落である。

maesawa_15.jpg

maesawa_16.jpg

進むと、入り口に鉄道の踏切の信号機を配した場所があり、一瞬こんな所に廃線でも残っていたかと思ったが、タミヤの鉄道模型屋さんであった。
そして、静かな通りは終わり、また4号線に合流すると、少し先に真城寺があった。

maesawa_17.jpg

maesawa_18.jpg

真成寺の由緒は定かで無いかが、胆沢三十三観音霊場、第二十三番札所となっている。
金色の観音像が国道に面して立てられていた。

maesawa_19.jpg

maesawa_20.jpg

満蒙開拓青少年義勇軍における自らの体験を綴った「土と戦ふ」という当時のベスセラーの著者で江刺郡福岡村口内出身の菅野正男を顕彰せんと、市内真城雷神の今野養市さんが昭和49年(1974)4月、独力にて建立した哈川神社(はせんじんじゃ)が左側にあった。
しかし、先日の強風のためか杉の大木が倒れかかり、鳥居も潜って進めない状態になっていた。満蒙開拓時代の記憶を薄れさせないためにに大きな存在であり、修復を願いたいものである。

maesawa_21.jpg

maesawa_22.jpg

その先には、昭和稲荷神社があった。昭和稲荷神社と刻された石碑と、形の良い狛犬ならぬ狐の像が立っていた。
その少し先には、水沢市制50周年記念として、真城村役場跡の石碑が立っていた。
明治22年(1889)4月1日 – 町村制が施行され、中野村、秋成村の一部、常盤村の一部が合併し、胆沢郡真城村が成立した。その後、昭和29年(1954)4月1日 – 水沢町、姉体村、真城村、佐倉河村、黒石村、羽田村が合併し、水沢市となるが、それまでは、ここに村役場を置いていた。

maesawa_23.jpg

maesawa_24.jpg

この辺りは、赤い鳥居の目立つ地域であるが、次に現れたのは、立木八幡神社である。
先に進むと、街道は左に国道4号線から別れる。すぐに真城の一里塚の案内板があるはずだが、見逃した。

maesawa_25.jpg

maesawa_26.jpg

水沢市街が近付いてきて、左側に大林寺墓地の表示があったので坂道を上ると「斉藤實(さいとうまこと)」の大きな墓があり、墓標が立っていた。斉藤實は、水沢藩士斎藤耕平の子で、明治17年(1884)アメリカに留学、米公使館付武官を兼ねる。 1888に帰国し海軍参謀本部に出
仕、ついで多くの役職を歴任した。 1898年に海軍次官に就任、軍務局長・艦政本部長・教育本部長を兼任して軍政畑を歩き、西園寺内閣で海相となった。 以来5代の内閣に留任して在任9年におよんだ。大正元年(1912)大将に昇進、1919年の三・一独立運動勃発直後の朝鮮に総督として赴任、「武断政治」からいわゆる「文化政治」への転換をはかり、治安体制の整備拡充に務めた。 昭和2年(1927)ジュネーブ軍縮会議全権委員、枢密顧問官を勤めた。1929~31再び朝鮮総督に着任し、1931(5・15事件)の後を継ぎ内閣を組織。1935内大臣。2.26事件で暗殺された人物である。位階は従一位。勲位は大勲位。爵位は子爵であった。

maesawa_27.jpg

maesawa_28.jpg

漸く、水沢市街の入口に到着して、近くの食堂で昼食を摂り、水沢公園に向かう。途中には古くから利用された水路が、整備された流れを見せていた。
公園への階段を上って、西の方に進むと、後藤新平のボーイスカウト姿の銅像が立っていた。後藤新平はボーイスカウトの初代総長だったのである。銅像は明治44年(1911)に建立されたが、太平洋戦争で応召し、その後昭和46年(1971)東北3県のライオンズクラブの年次大会で記念事業として再建が決まったとのことである。

maesawa_29.jpg

maesawa_30.jpg

公園の北西の角には、陸中一宮の駒形神社がある。式内社で、旧社格は国幣小社で奥宮が胆沢郡金ケ崎町の駒ヶ岳山頂にある。祭神は「駒形大神」であるが、この神については、宇賀御魂大神・天照大神・天忍穂耳尊・毛野氏の祖神など多数の説があり、はっきりしない。現在は、天照大御神、天之常立尊、国之狭槌尊、吾勝尊、置瀬尊、彦火火出見尊の六柱の総称としている。駒形大神は馬と蚕の守護神とされ、馬頭観音あるいは大日如来と習合し、東日本各地に勧請されて「おこま様」と呼ばれている。馬の守護神とされたのは、古代、この一帯が軍馬の産地であったためと考えられる。
水沢公園を後にして、横町の交差点に差し掛かると、火消しのまといのような飾りがあり、心字の街と横町組長印の由来の説明板が立っていた。
水沢は、旧奥州街道の宿駅の一つとして形成され、江戸時代から宿場・街道交通関係や魚網生産等の産業で発展してきた。
町の中心である水沢城と六町(川口町、立町、柳町、大町、横町、袋町)は、防衛上の理由と繁栄の願いから「心」の字形を象って整備されたといわれている。この近世水沢の歴史は、度々起きた大火との戦いの歴史でもあったが、留守宗景の時代、江戸の大火を契機に、水沢でも火消しの原形となる組織が生まれた。その後、村景の時代、江戸の町火消組織に習い、六町に火消組が編成されたという。

その後始まった火防祭(ひぶせまつり)でも、先頭に並ぶ町印は、城主が火消組の印として六町にそれぞれ与えたといわれる。「仁心火防定鎮(じんしんかぼうじょうちん)」の6文字の一字、すなわち仁(川口町)、心(立町)、火(柳町)、防(大町)、定(横町)、鎮(袋町)が割り当てられた。ここは横町なので定である。

maesawa_31.jpg

maesawa_32.jpg

横町の交差点から進んで最初の信号を左折して、日高神社の参道に向かう。600mあまりの長い参道である。最初の丁字路で右折すると、高野長英が9歳から江戸に出る17歳まで過ごした、母美也(みや)の実家がある。高野長英は、文化元年(1808)5月、水沢領主留守氏家臣の後藤惣助の3男として吉小路で生まれたが、9歳で父が没したため大畑小路の母美也の実家高野家の養子となり養父玄斎から蘭学を、祖父玄端から漢学を学んで育ったところである。
家は明治9年(1876)に一部改築されたが、開花の8畳、6畳は町営の居室としてよく保存されており、国の史跡に指定された。

maesawa_33.jpg

maesawa_34.jpg

高野長英の育った家の左隣には、留守家の大番士を勤めた家臣の高橋家の家が保存されている。非公開であるが、屋敷内は江戸時代の建物配置をとどめ、明治7年(1874)から8年にかけて建てた母屋は唐破風の玄関と木彫りや障壁画で建物を飾り、当時としては珍しい窓ガラスやレンガも使った和洋折衷の建物でガス燈がひかれているとのこと。
ここからは、日高神社まで整備された美しい石畳の参道が一直線に通っている。

maesawa_35.jpg

maesawa_36.jpg

日高神社の長い参道には、幾つかの武家屋敷が保存されており、趣きのある佇まいを見せる参道となっている。

maesawa_37.jpg

maesawa_38.jpg

日高神社の創建は弘仁元年(810)嵯峨天皇の勅命によりこの地に勧請した事が始まりとされる。前九年合戦では源頼義が戦勝祈願し、源義家が安倍貞任を討った太刀を洗ったという「太刀洗川の碑」がある。また、境内には義家が酒宴で刺した箸が根付たとされる姥杉が奥州市指定天然記念物 となっている。その後も藤原氏、伊達氏などの支配者に崇敬され、特に初代伊達藩主政宗も参拝したという記録が残っている。水沢領主となった留守氏も代々の崇敬社としたとのこと。日高神社の本殿は寛永9年(1632)に建立された三間社流造の建物で国重要文化財に指定されている。神社の名称には諸説あり、前九年合戦の折、頼義が祈祷した所、雨が急に止み日が差し込んだ時に敵の将であった安倍貞任を討ったという謂れや、この場所は元々日高見国と呼ばれていた事などがある。

maesawa_39.jpg

maesawa_40.jpg

日高神社の境内を後にすると、留守宗利の銅像が立っていた。留守宗利は、伊達政宗の祖父の伊達晴宗の3男に生まれ、晴宗の政略によって留守顕宗の養子となり、奥州の名族・留守氏を継ぐことになった留守政景の長男である。15歳で元服し父の移封に従い一ノ関に移ったが、18歳で父の政景が59歳で没し、その後金ケ崎城に移されたが、元和元年(1615)に願い出て許され、水沢城に移り、留守氏は幕末まで水沢城主として続くこととなった。宗利は水沢初代城主として、街区地割り、武士の住む四町八小路など水沢の街の建築、産業の育成などに力を注ぎ、多くの礎を築いたが49歳、道半ばで没した。嫡男宗直13歳のときであった。
日高神社を後にして、今度は新小路を通って引き返したが、途中で左に入ったところには、高野長英生誕の地の記念碑も立っていた。

maesawa_41.jpg

maesawa_42.jpg

新小路にも幾つかの武家屋敷が残っていた。やがて大きな商業施設のメイプルが見えてくる。
元はジャスコ水沢支店であったが、撤退して地元資本に移ったようである。

maesawa_43.jpg

maesawa_44.jpg

メイプルのある交差点で左折し、街道に復帰する。街中に「ひぶせまつり」のポスターが貼られている。進んで大町に入ると、やはり大町のシンボルの飾りが立てられていた。

maesawa_45.jpg

maesawa_46.jpg

進んで乙女川を渡り、少し上流方向に向かうと、対岸に先人館がある。乙女川先人館では、山崎為徳、箕作省吾、吉川鉄之助の三先人についての資料等を展示している。
山崎為徳は、斉藤實、後藤新平と並び、郷土の3秀才と謳われ、学んだ同志社英学校でも開校以来の俊才と言われた。明治12年(1879)、郷里水沢の青年たちの招聘をうけ、夏季休暇中に帰郷、プロテスタントの教えを説いた。そのことが後に水沢にキリスト教を根付かせる要因ともなった。明治13年(1880)主著『天地大原因論』を発表。そのほか同志社英学校の校務や講演会など精力的に活躍するが、肺結核にかかり、明治14年(1881)京都市の新島邸宅内で24歳で死去した。

maesawa_47.jpg
乙女川の先の柳町の交差点を左折すると、ここから代官所跡までを立町で、かつては水沢宿の本陣、脇本陣が置かれ、土蔵を持つ豪商の店も立ち並んでいたが、鉄道の発達などにより商業の中心が大町や横町に移ったと言われている。途中に珍しく「太鼓屋」の看板があったが、二本松で見た太鼓店以来であった。しかし、覗きこんだ限りでは、閑散としてあまり繁盛しているようには見えなかった。

maesawa_48.jpg

maesawa_49.jpg

突き当たって、立町の交差点には、代官所跡の石碑が立っていた。現在も立派な門構えの住居となっている。そして少し先には、もう馴染みとなった川口町の街のシンボル飾りが立っていた。

maesawa_50.jpg

maesawa_51.jpg

街の火防飾りの隣には、大日堂がある。創建は不明だが、宝永5年(1776)の風土記「塩釜村御用書出」に、羽黒派九ヶ院の名前があり、その一つである喜楽院の修験道場が川口町にあったことが記載されている。
明治初年の廃仏毀釈で、修験道場は姿を消したが、現在は大日如来が本尊として祀られている。
少し先の境田堰に架かる不断橋の欄干に鉄道馬車(トテ馬車)のレリーフと説明がある。大正2年、水沢駅前からこの不断橋を通り岩谷堂船場まで約8キロメートルの間の運行を開始した。
ここは、水沢城下の北の出入口で、警備のために御不断組の家屋が配置され、「不断丁」(現不断町)と呼ばれていた。不断橋の名もこの不断丁に由来する。

maesawa_52.jpg

maesawa_53.jpg

水沢市街を抜けて、進むと東北本線のと跨線橋がある。渡って左に下って行くと、赤い前掛けの地蔵さんが安座していた。
進んで中ノ町交差点を過ぎ、東水沢バイパスをくぐると、茂井羅堰中堰の細い流れがある。流れは細いが、用水路として重要な存在で歴史は古く、文書に見えるところでは、元亀年間(1570-72)に北郷茂井羅という女性が用水を開削したという言い伝えがある。しかし、土地に残された事物は、その遥か以前から水田が拓かれていたことを物語っている。
もう一つの重要な用水は寿安堰で、こちらは時期と工事を行った人がハッキリしている。江戸の初期、元和4年(1618)に伊達政宗の家臣、後藤寿安が着工し、一時の中断の後、地元古城村の千田左馬と前沢村の遠藤大学がこれを引き継いで寛永8年(1631)に完成した。

maesawa_54.jpg

maesawa_55.jpg

堰の直ぐ先には、薬師堂温泉入り口の看板が見える。水沢区で始めて湧出した天然温泉で、日帰りの入浴、宴会場としての利用も多そうである。
道路の右側に高橋甚三郎先生碑と書かれた大きな石碑が立っていた。高橋甚三郎は、信長に攻められた朝倉義景が平泉寺に味方を頼むが断られ、また朝倉景鏡のは裏切りにあい六坊賢松寺で自刃したとき、鳥井与七郎とともに介錯し、その後、二人とも追腹を切ったことが信長公記第6巻に書かれている人物である。何故ここに石碑が有るのか不明である。追腹を切ってなくなったのは福井県で、地理的にも遠く離れている。もともとこの地方の出身であったのであろうか。

maesawa_56.jpg

maesawa_57.jpg

田園地帯を進む道路である。少し先の左側に、鎮守府胆沢城の看板が見えてきた。この辺りが、胆沢城の南の入口付近である。

maesawa_58.jpg

maesawa_59.jpg

左への道路を少し入ったところに埋蔵文化財調査センターがあり、発掘品の展示も行なっている。少し覗いてみた気がするが、先を考えると時間がなく諦めた。
少し先の右側には「史跡胆沢城跡」の大きな石碑が立てられていた。

maesawa_60.jpg

maesawa_61.jpg

発掘調査に基づく、当時の建物の配置図も設置されていた。政庁の中欧に向かう道路も作られていたが、多賀城のようには整備されておらず、広大な土地の広がりがあるのみであった。

maesawa_62.jpg

maesawa_63.jpg

広い胆沢城の北の端には、鎮守府八幡宮があり、鳥居を入ると前に広がる荒野然とした様相と異なり、手入れの行き届いて静謐な雰囲気が満ちていた。
神社に至る道は、仮舗装道路のようで細い道路であることからも予想しがたいものであった。
創建は延暦20年(801)に坂上田村麻呂が桓武天皇の命により東奥鎮撫のとき、胆沢城鎮守府に九州宇佐八幡宮神霊を勧請して鎮守府八幡宮と尊号したものである。
祭神は、應神天皇(誉田別尊)、神功皇后(息長帯姫命)、大市姫命である。
しかも、保有する宝物に、嵯峨天皇宸筆の八幡宮寳印、坂上田村麻呂奉納の宝剣と鏑矢、
源義家奉納の御弓、伊達氏奉納の太刀などと知れば、崇拝熱く大事にされているのも納得できる。当然2礼2拍手1礼でお参りする。

maesawa_64.jpg

maesawa_65.jpg

八幡宮を後にして、県道に戻る手前に三代清水の名の湧き水がある。坂上田村麻呂、源頼義、義家の三代の飲用により命名されたと記されていた。昭和20年ころまでは、生活用水として使用されていたとのこと。
街道を歩いていると、かつての名水とされた湧き水が、使用不可になっている例が多いが、これは人の住む空間の広がりのみならず、使わなければ水脈が衰えるからであろうか。

maesawa_66.jpg

maesawa_67.jpg

県道に出ると、直ぐに胆沢川にかかる再巡橋がある。胆沢川は、江戸時代初期までは徒渡りで、以後は船橋や舟渡しであったが、明治天皇の東北巡幸に備えたて橋が架けられた。しかし、最初に架けた橋が流失し、再度巡幸される時に架け直されたため、「再巡橋」と名付けれらたとのこと。
胆沢川は、岩手県南西部、奥羽山脈の焼石岳北麓に源を発し、奥州市北東部で北上川に注ぐ。途中石淵ダムに入り、尿前川、永沢川、黒沢川を合わせる。 平成7年(1995)に建設省河川局が行った「全国一級河川の水質現況」で、 胆沢川は全国で4番目の清流河川に選ばれている。

また、胆沢川は前九年の役(1052~62年)で、安倍貞任一族が、衣川の柵を捨て胆沢川の柵を楯にして戦ったところである。少し上流の黒沢川の合流点に、安倍氏12柵の一つ、鳥海柵(とのみのさく)があり、前九年の役では安倍宗任が柵主をつとめた。

maesawa_68.jpg

maesawa_69.jpg

再巡橋を渡り、1Kmほど進むと県道から左に、金ヶ崎宿の入口がある。奥州街道と書かれた案内の表示杭が立っていて分かり易い。進むとお堂が建っていて南町集会所がある。ここで右折して進むと、奥州街道三十一里半杭跡の説明板が立っている。伊達政宗が幕府から命じられた一里塚の他に、独自に仙台青葉城を起点として一里杭、半里杭を建て、仙台藩領内統治の目安としたとのこと。従って、三十一里半とは、青葉城から約126Kmの地点を示している。なお仙台藩北端の相去御番所(相去村足軽町)の三十三里半杭が最終杭である。街道はここで右折する。

maesawa_70.jpg

maesawa_71.jpg

再び県道に出て進むと、左側に金ヶ崎町役場が見え、さらに進むと矢来の交差点で、左折すると300mほどで金ヶ崎駅である。平成16年に改築されたばかりの駅舎で、新しく美しい。また改築以降、同一建物内に金ケ崎商工会、岩手ふるさと農業協同組合金ケ崎支店が入居している。今日はここで切り上げ、電車で水沢に戻り一泊する計画である。

maesawa_72.jpg

maesawa_73.jpg

歩けば長いが、電車では10分ほどで水沢に戻り、駅前で予約してあるホテルに向かった。
水沢の駅前通りは、やはり賑やかである。

maesawa_74.jpg

maesawa_75.jpg

2011.10.12

平泉から前沢宿・・・(旧奥州街道)

平泉から前沢宿歩行ルート

平泉駅前広場から北に向かう旧街道を進むと、100mほどで東北本線の踏切を渡り、さらに100mほど進むと、伽羅御所(きゃらごしょ)跡の標柱が立っていた。伽羅御所は、藤原氏3代秀衡に至って隆盛を極め、秀衡は鎮守府将軍および陸奥守に任じられ柳之御所が藤原氏の政庁として機能するようになったため、新たに柳之御所の南側堀を隔て西南隣接地に居館として伽羅の御所を設けたものである。秀衡の居館に加えて4代泰衡ならびに子息たちの屋敷も周囲に並んでいた。
hiraizumi_01.jpghiraizumi_02.jpg
旧街道の雰囲気の中を進むと、直ぐに「柳の御所跡入口」の標柱があるので右折する。
hiraizumi_03.jpghiraizumi_04.jpg
進むと、広大な「柳の御所跡」である。奥州藤原氏の政庁「平泉館(ひらいずみのたち)」跡であり、広さは東京ドームの約2.5個分にあたる11.2万平方メートルの広さがある。現在は、約半分が柳之御所史跡公園として整備され、池、堀、道路などが復元されている。今後は建物も復元整備される予定である。
hiraizumi_05.jpghiraizumi_06.jpg
「柳の御所」の東側には北上川(古名は日高見川)が流れ、その向こうには束稲山(たばしねやま)があり、”大”の字が薄く見える。今年も、8月16日には、被災地で倒壊した家屋の木材などを使用して「大文字送り火」が行われた。
柳の御所から、北西方向に細い道を高舘(たかだち)跡に向かう。右側に木の階段が見えてきて上って行く。
hiraizumi_07.jpghiraizumi_08.jpg
木の階段を上ると、高館義経堂(たかだちぎけいどう)の入り口があり、入場料を払って石の階段を上って行く。上って左に曲がれば義経堂だが、先に右方向にある芭蕉句碑を見ることにした。
三代の栄耀一睡の中にして大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて金鶏山のみ形を残す。先ず高館に上れば北上川南部より流るる大河なり。衣川は和泉が城をめぐりて高館の下にて大河に落ち入る。泰衡等が旧跡は衣ヶ関を隔てて南部口を差し固め夷を防ぐと見えたり。さても義臣すぐってこの城にこもり巧名一時の叢となる。「国破れて山河あり 城春にして草青みたり」と笠うち敷きて時の移るまで涙を落とし侍りぬ。
 夏草や  兵共が 夢の跡

hiraizumi_09.jpghiraizumi_10.jpg
この場所から、北上川が良く眺望出来る。その向こうには、桜の名所として知られた束稲山(たばしねやま)が望まれる。吾妻鏡によると、安倍頼時が桜一万本を植えたと記されている。
西行も69歳での勧進の旅で奥州をを訪れ、次の歌を残している。
ききもせず 束稲山の桜花 よしののほかに かかるべしとは
hiraizumi_11.jpghiraizumi_12.jpg
高館義経堂の方に向かうと、頼三樹三郎の詩碑が建っている。頼三樹三郎は頼三陽の三男で詩文に優れ、弘化3年(1846)、ここを訪れ「平泉落日」の感傷を詠んだものである。藤原と鎌倉、義経と頼朝の悲しい関係等を折り込み、歴史の浮き沈みの儚さと、自然の美しさを詩にしている。なお、三樹三郎は母が存命している間は自重していたが、やがて母も没すると、家族を放り捨てて勤王運動にのめり込み、のちの安政の大獄(1858年)で捉えられ、江戸小塚原刑場で斬首されている。
義経堂への最後の階段の脇に「資料館」があり、入ると正面に木製のコミカルとも思える仁王像が立っていた。また、藤原氏系図、源氏系図や藤原三代の時代の詳細年表などが展示されていた。
hiraizumi_13.jpghiraizumi_14.jpg
階段を上ると、義経堂が建っていた。天和3年(1683)、仙台藩主第4代伊達綱村が義経を偲んで建てたもので、中には義経の木像が祀られている。また、義経堂右奥には、昭和61年、義経公主従最期の地であるこの高館に、藤原秀衡公、源義経公、武蔵坊弁慶八百年の御遠忌を期して、供養のために宝篋印搭(ほうきょいんとう)が建てられた。
文治5年(1189)閏4月30日、鎌倉の圧力に屈して、「義経の指図を仰げ」という父の遺言を破り、500騎の兵をもって10数騎の義経主従を藤原基成の衣川館に襲った。義経の郎党たちは防戦したが、ことごとく討たれた。館を平泉の兵に囲まれた義経は、一切戦うことをせず持仏堂に篭り、まず正妻の郷御前と4歳の女子を殺害した後、自害して果てた。享年31であった。 また、弁慶が矢を射られて死んでも寺を守った、と言う伝説もある。
hiraizumi_15.jpghiraizumi_16.jpg
高館から下ってゆくと、東北本線の線路が見えてきて、踏切を渡る手前に、卯の花清水がある。新しく造られた碑文には、以下が刻まれていた。
文治5年(1189)、高舘落城のとき、主君義経とその妻子の悲しい最後を見届け、死力を尽くして奮闘し、敵将共燃え盛る火炎の中に飛び込んで消え去った白髪の老臣、兼房、年66歳。
元禄2年、芭蕉が、門人曽良とこの地を訪れ、「夏草」と「卯の花」の2句の残した。
白く白く卯の花が咲いている。ああ、老臣兼房奮戦の面影が、ほうふつと目に浮かぶ。
古来、ここに霊水がこんこんとわき、里人、いつしか、卯の花清水と名付けて愛用してきた。
行き交う旅人よ、この、妙水をくんで、心身を清め、渇をいやし、そこ「卯の花」の句碑の前にたたずんで、花に涙をそそぎ、しばし興亡夢の跡をしのぼう

右の写真の丸い石碑は曽良の句で「卯の花に 兼房みゆる 白毛かな」と刻まれている。卯の花清水の名前は、この句よりきているとのこと。
hiraizumi_18.jpghiraizumi_17.jpg
東北本線の踏切を渡って進むと、国道4号線に突き当たる。中尊寺のバス停がある。国道から左折して中尊寺入り口に進む。団体で訪れる人が多そうだ。なるべく人の流れが途絶えた瞬間を捉えて写真撮影することにした。
hiraizumi_19.jpghiraizumi_20.jpg
中尊寺の参道は、月見坂といい、江戸期に伊達藩により杉の木の植樹が行われ、今では樹齢300年を超える大木が茂っている。また、ここは北に向かう街道でもあり、中尊寺本堂を過ぎた所から衣川の方に向かう道が続いていた。
ともかく、月見坂を上って行くと最初に出会うのが、八幡堂である。八幡堂の創建は天喜5年(1057)当時鎮守府将軍であった源頼義と子の義家が俘囚の長である安倍氏を討つ(前9年の役)為、この地で戦勝祈願した事が始まりとされている。「吾妻鏡」でも中尊寺の年中行事の中で八幡神社で法会が行われた事が書かれている。
hiraizumi_21.jpghiraizumi_22.jpg
急な月見坂を上ってゆくと、参道の両側に黒い門柱が建っており、この先左に弁慶堂がある。弁慶堂は入母屋の金属板葺きの屋根でかなり細かい彫刻が施されている。案内板によると「この堂は文政9年(1826)の再建。藤原時代五方鎮守のため火伏の神として本尊勝軍地蔵菩薩を祀り愛宕宮と称した。傍らに義経公と弁慶の木像を安置。弁慶像は文治5年(1189)4月高館落城と共に主君のため最期まで奮戦し衣川中の瀬に立往生悲憤の姿であり、更に宝物として国宝の磬及び安宅の関勧進帳、義経主従が背負った笈がある」とのこと。
hiraizumi_23.jpghiraizumi_24.jpg
次は、地蔵堂である。堂内に安置されているのは、もちろん地蔵菩薩である。
続いて、薬師堂がある。案内板によると「藤原清衡公が中尊寺境内に堂塔40余字建立の一字であった。その旧跡は他の場所であったが、明暦3年(1657)に現在地に建立された。堂内には慈覚大師作と伝えられる薬師如来が安置され脇仏として日光菩薩、月光菩薩が安置されている。
hiraizumi_25.jpghiraizumi_26.jpg
参道は平坦な道になり、舗装され整備の行き届いたものとなる。そこで、現れたお堂は「観音堂」である。観音は一般的には観音さまと呼ばれ、日本で一番信仰を集めていて衆生の苦しみや救いの声を聞きつけて馳せ参じてくださる仏様で 性別は女性でも男性でもないとされ、必要に応じて刹那刹那にあらゆる姿に変化される「かたよりのない存在」といわれている。
hiraizumi_27.jpghiraizumi_28.jpg
漸く、中尊寺山門の前に来た。この山門は、一関藩主「伊達兵部宗勝」の居城であった一関城から万治2年(1659)に移築された。通常の寺院の門の造りとは異なり、前面のひさしが深く、脇門のある薬医門であることからも、その出自を窺い知る事が出来る。
山門を潜ると、中尊寺本堂である。明治42年(1909)の再建で、ご本尊は阿弥陀如来で両脇には、天台宗総本山比叡山延暦寺から分けられた「不滅の法燈」がある。最澄が灯して以来消えたことのないと伝わる法燈であり今も護られている。
hiraizumi_29.jpghiraizumi_30.jpg
中尊寺本堂を出て金堂の方に向かうと、不動堂がある。ご本尊の不動明王は、右手に宝剣を持ち、どんな邪悪をも断ち切る。しかし、左手の羂索(けんさく)は救いを求める人を搦めてすくい上げてくださる、そういう姿を示している。この世に生きる私たちの過ちを直し、苦悩を取り除いてくれるご尊体である。
参道の右側には、峯薬師堂がある。案内板によると、もと経塚山(金色堂の南方)の下にあったが、天正年間(1573~1591)に荒廃、のち元禄2年(1689)現在の地に再建された。御本尊は丈六(約2.7m)の薬師如来の座像でカツラ材の寄木造り、金色に漆を塗り金箔をおいたもので、藤原末期の作で重要文化財である。ひらがなの「め」と書かれた絵馬が沢山懸けられていて、特に目の疾患にご利益があるようである。
hiraizumi_31.jpghiraizumi_32.jpg
次は、大日堂である。文字通りご本尊は大日如来である。
そして、進むと阿弥陀堂がある。ご本尊は阿弥陀仏であるが、阿弥陀如来とも呼ばれる。人々が死後行 くという西方極楽浄土の教主で、極楽往生を 願って南無阿弥陀仏と唱えれば必ず極楽へ行けると説いた、浄土宗、浄土真宗の本尊として祀られている。
hiraizumi_33.jpghiraizumi_34.jpg
いよいよ金色堂を見る。金色堂そのものは撮影はできないので、覆堂を撮影することになる。
金色堂は国宝に指定されていて、天治元年(1124)の建造である。奥州藤原文化の数少ない建物の遺構の一つである。初代藤原清衡により建立され、当時の技術の粋を集められている。一辺が3間(5.46m)の宝形造り、木瓦葺の小堂で、柱、壁、床、天井、扉など総漆塗りの上に布を張りさらにその上に金箔を張っている。屋根を支える4本の柱には一本当り4体の仏が3段、合計12体、金色堂全体では48体が漆の蒔絵として描かれている。須弥壇内部には中央に初代清衡公、左に二代基衡公、右に三代秀衡公の御遺体(四代の泰衡公の首級も共に)が安置されている。内陣内部には中央に御本尊である阿弥陀如来を安置し、観音菩薩、勢至菩薩、地蔵菩薩、持国天、増長天などの仏像が並び当時の文化の高さを感じさせる。
hiraizumi_35.jpg
金色堂の見学を終え、外に出ると芭蕉の句碑が建っていた。
五月雨の 降残してや 光堂
次は経蔵である。間口3間、屋根は宝形、金属板葺き建物である。当時の文化を伝える数少ない建物の一つで、彩色などは剥げ落ち、平屋建てにするなどの改修がされている。現在の建物は平安時代の古材を使って鎌倉時代に造られたものとされ、案内板によると「創建時の経蔵は、「供養願文」には「2階瓦葺」とある。建武4年(1337)の火災で上層部を焼失したと伝えられてきたが、古材をもって再建されたものである。国重要文化財に指定されている。
hiraizumi_36.jpghiraizumi_37.jpg
進むと、旅姿の松尾芭蕉の銅像が建っていた。そして、古い金色堂の覆堂である。旧覆堂は、現在の覆堂になるまで金色堂を覆い、雨風から金色堂を守っていた建築物である。現在の覆堂が建設された為、ここに移築された。室町時代中頃建設され、約500年間金色堂を守っていたそうである。松尾芭蕉がこの地を訪れた際には、この旧覆堂の中にある金色堂を見たはずである。
hiraizumi_38.jpghiraizumi_39.jpghiraizumi_40.jpg
旧覆堂の次は、大長寿院である。この寺は、歴史ある中尊寺の中でも、最初院と呼ばれる多宝塔の次に古いもので、初代清衡公が嘉承3年(1107)に建立したとされる。この本堂の奥には、あの頼朝を驚かせたという阿弥陀堂(二階大堂と称される)という高さ15m(5丈)にも及ぶ巨大な伽藍が天に向かってそびえていた。当時、そこには何と9m(3丈)もあるという巨大な阿弥陀仏が安置され、周囲には、4.8m(1.6丈6尺)の脇侍が九体控えるという壮大なものだった。余りの荘厳ぶりと巨大さに、奥州に侵攻した頼朝は、腰を抜かさんばかりに、驚いたという。もちろん今は焼失して存在しない。
大長寿院から、白山神社に向かう。案内板によると「仁明天皇の御代嘉祥3年(850)中尊寺の開祖である慈覚大師が加賀の白山をこの地に勧請し自らは十一面観音を作って中尊寺の鎮守白山権現と号された。配佛としては、橋爪五郎秀衡の持佛で運慶作の正観音と源義経の持佛で毘沙門天が配案されていたが、嘉永2年正月8日(1849)の火災で焼失した。現在ある能舞台は嘉永6年(1853)伊達藩主伊達慶邦から再建奉納されたものである。明治9年秋には、明治天皇が御東巡の折りに当社に御臨幸あらせられ、古式及び能舞を天覧あらせられました。」とある。
hiraizumi_41.jpghiraizumi_42.jpg
芭蕉句碑の他にも、下記の句を刻んだ句碑が建っていた。
眼にうれし こころに寒し 光堂」福地直哉
なな重八重の 霞をもれて 光堂」伊藤雅休
金色堂の向かい側に池があり、中央に小島があって、茅葺の寄棟造りの弁財天を祀っている。案内板によると「当堂は宝永2年伊達家寄進の堂宇にて弁財天十五童子像を安置す。弁財天はインドの薩羅我底河より生じたる神にて水に縁深く池、河の辺に祀られる。」とある。
色づき始めた紅葉に囲まれ、池の水にも映え美しい。
hiraizumi_43.jpghiraizumi_44.jpg
中尊寺の西側にある、細い急な坂道を衣川の方に向かう。途中には、「茅葺屋根の家」と「お寺の庫裏」ではと思える家屋が建っていた。いずれも中尊寺に関連のある建物であろうか。
hiraizumi_45.jpghiraizumi_46.jpg
更に下ると、左側に中尊寺墓地がある。道は益々急になる。人影は全くない。
hiraizumi_47.jpghiraizumi_48.jpg
坂道を下りきると、そこは衣川の堤防の下で、常夜灯を両脇に備えた地蔵尊が立っていた。旧街道は、この辺りで衣川を渡っていた。目の前の堤防には、斜面を上る簡単な階段が切られていて、堤防に上り下流方向を見ると、国道4号線の衣川橋が見え、その向こうには見えるのは束稲山である。
hiraizumi_49.jpghiraizumi_50.jpg
下の写真は、衣川上流方向である。上流には阿部の一族が造った衣川柵があり、阿倍貞任が防御を固めていた。前9年の役では、阿部貞任、藤原経清の率いる兵と源頼義、義家の兵が死闘を繰り広げたところである。
一男八幡太郎義家、衣川に追ひたて攻め伏せて、「きたなくも、後ろをば見するものかな。しばし引き返せ。もの言はむ。」と言はれたりければ、貞任見返りたりけるに、「衣のたて(館)はほころびにけり」と(下の句を)言へりけり。貞任くつばみをやすらへ、しころを振り向けて、「年を経し糸の乱れの苦しさに」と(上の句を)付けたりけり。その時義家、はげたる矢をさしはづして帰りにけり。さばかりの戦ひの中に、やさしかりけることかな。・・・古今著聞集
hiraizumi_52.jpg衣川橋を渡り、1Kmほど進み国道から左に外れて、衣川区瀬原地区に入って行く。静かな街並みで国道を歩くよりは感じが良い。瀬原郵便局を過ぎると、道は上り坂となり左手には、民宿姫乃屋の看板も見える。
hiraizumi_53.jpghiraizumi_54.jpg
坂を上りきり、下って行くと東北自動車道の平泉前沢インターチェンジで、旧街道はなくなっている。このために大きく左に進んで自動車道のガードを潜る。ガードを潜って向こう側に出ると、自動車部品製造の(株)フジタの大きな工場がある。
hiraizumi_55.jpghiraizumi_56.jpg
工場の前の新しい道路を下って行き、徳沢川を渡ると100mほどで左折して進むことになる。
また、この辺りから先ほど歩いてきた上り坂の頂上付近にあった、お城のような衣川懐徳館(資料館)、国民宿舎のサンホテル衣川荘が見える。
hiraizumi_57.jpghiraizumi_58.jpg
進んで行くと、「奥州道中」の案内板が立っていたが、この辺りは工業団地として、再開発されたところと思われ、旧街道は全く残っていないし、歴史的な遺構も見られなかった。インターチェンジと合わせて旧街道がほぼ完全に破壊されたしまったようである。
そして、白鳥川を渡って、ようやく旧街道の雰囲気が感じられる街に入って行く。
hiraizumi_59.jpghiraizumi_60.jpg
左に白鳥神社の階段が見えてきた。由緒書きによると、白鳥神社は第50代桓武天皇の延暦20年(801)に坂上田村麻呂の蝦夷平定に際し日本武尊を鎮祭した神社とある。
hiraizumi_61.jpghiraizumi_62.jpg
白鳥神社を後にして細い道路を進む。広い通り出たところのバス停は「丁切」であった。
「前沢牛オガタ本店」の看板を掲げた立派な建物が建っていた。前沢牛と小形牧場牛の販売ならびにレストランである。
hiraizumi_63.jpghiraizumi_64.jpg
300mほど進むと、左に西岩寺の長い階段が見えてきた。文化2年(1805)西岩寺9世唯峯不白和尚が勧請建立した五百羅漢と十六羅漢がある。五百羅漢は、昭和24年(1949)の火災で477体を焼失し、現存するもの28体、極彩色の木製坐像である。現在は境内に設立された収蔵庫に保管されている。見上げると本堂は、3.11の大災害の被害を受けたためか、新たに建造中であった。街道に戻り進むと、五十人町の枡形がある。クランク型のまま残っている。
hiraizumi_65.jpghiraizumi_67.jpg
枡形から200mほど進むと三日町で、右側に佐藤屋旅館がある。玄関前に「明治天皇前澤行在所」碑があった。ここで宿泊したのであろうか。
hiraizumi_69.jpghiraizumi_70.jpg
佐藤屋旅館の反対側には(株)三清商店がある。最近はこのように古い佇まいの店を見ることは珍しい。進むと、2つ目の枡形がある。前沢駅への道路を右方向に作ったので、単純なクランクではなくなっている。ともかく、今日の歩行は前沢駅までと決めていたので、右折して駅に向かう。
hiraizumi_71.jpghiraizumi_72.jpg
駅への途中で、とても古い作りの薬局があった。一階のお店の内装は今風にしているようではあった。前沢駅は、駅員1人の小さな駅であったが、新幹線の特急券の買える自動販売機もあり、駅員がいる窓口では、「大人の休日倶楽部」の割引で横浜市内までの乗車券と、新幹線の座席指定特急券を買うことができた。
hiraizumi_73.jpghiraizumi_74.jpg

一関から平泉・・・(旧奥州街道)

本日の万歩計41,963(27.3Km)・・・一関から前沢までの歩数と距離

一関から平泉歩行ルート

朝の7時の一ノ関駅である。寒い。薄い霧がかかっている。駅前交差点から大町通りに進む。ところで、地名の一関は”ノ”が入らないのに駅は一と関の間に”ノ”が入るのが不思議である。
ichinoseki_001.jpgichinoseki_002.jpg
まだ、早い朝なので最も賑やかと言われる大町通りもひっそりしていて、当然だがお店も開いていない。古い宿場町の雰囲気を考慮した作りのお店も並んでいる。
ichinoseki_003.jpgichinoseki_004.jpg
地主町角交差点で左折して進む。地主町の商店街である。ここも静かである。
磐井橋の手前で、左折して田村町に入って行く。直ぐに右手に世嬉の一酒造がある。
ichinoseki_005.jpgichinoseki_006.jpg
島崎藤村も逗留した一関の豪商「熊文」の後を受け、佐藤徳蔵が大正7年「横屋酒造店」を設立したのが前身である。当時三千数百石の仕込み量を誇ったが、昭和18年の国策による企業合同により、この地方の14社の酒造会社と合併し、両磐酒造が生まれたが、昭和32年に再び分離独立し、現在に至っている。酒蔵は大正7年に造られた東北最大の蔵を中心に昭和初期にかけて多くの蔵が建てられ、中には一層目を石造りとし、アーチ状の窓やレリーフ、曲線の方立てなど洋風建築の要素を入れ込んだものもあり、バラェティーに富んでいる。一時映画館などに利用されていたが現在は資料館やレストランなどに利用され国登録有形文化財に指定されている。
世嬉の一の社名は、大正時代、戦前の宮家の一つで「髭の宮さま」として知られた閑院宮載仁親王(かんいんのみや ことひとしんのう)殿下が当所へお越しになり、その際「世の人々が喜ぶ酒を造りなさい」ということで命名されたものとのことだが、一関を逆にしたのではと思われてならない。
ichinoseki_009.jpgichinoseki_010.jpg
一関藩の家老職を勤めた沼田家の住居である。磐井川の幾度かの氾濫にも耐え、約300年の歴史がある。一関藩は3万石となっているが、実際は2万3千石程度で財政面では常に逼迫した状態にあり、家老職を務めた住宅であっても破風付な玄関など華美な装飾がなく極めて質素な形態を取っている。藩政時代を偲ぶ貴重な遺構で一関市指定有形文化財となっている。
ichinoseki_011.jpgichinoseki_012.jpg
街道に戻り進むと、岩井橋の手前に「明治天皇一関行在所」碑が立っており、直ぐ側に「松尾芭蕉二夜庵跡」の看板が立っていた。松尾芭蕉が元禄2年(1689)5月12日の夕刻に到着して金森邸に泊まり、翌日平泉を巡り、再び宿泊したので「二夜庵」と呼ぶようになったと言われている。
ichinoseki_014.jpgichinoseki_013.jpg
磐井橋を渡る。上流側を見ると、遠くに一関城のあった釣山公園が見える。磐井川は県境の栗駒山北麓を源とし、この先で北上川に流入している。
ichinoseki_015.jpgichinoseki_016.jpg
磐井橋を渡り右折して振り返ると、橋の向こうに市街が望めたが、NTT一関ビル屋上のアンテナは霧のために霞んで見えた。川の堤防の道から中央町に入って行くと、文字はほとんど消えているものの「俳聖松尾芭蕉紀行の道」碑が建っていて、元禄2年5月13日紀行と書かれていた。
ichinoseki_017.jpgichinoseki_018.jpg
次に、「29代横綱出生地 宮城山福松」の碑が建っていた。本名を佐藤福松といい、明治28年この地で生まれ、明治43年16歳で出羽の海部屋に入門して岩手山を名乗り、後に宮城山と改めた。その後大阪相撲高田川部屋に移り、大正11年に横綱に昇進した。昭和6年に引退して年寄役芝田山として後輩の指導にあたり昭和18年49歳で他界した。墓は円満寺にある。
この後、旧街道を思わせる街並みが続く。
ichinoseki_019.jpgichinoseki_020.jpg
進むと、五代川を渡り、宮前町に入って行く。道の左側に配志和(はいしわ)神社の鳥居が建っていた。この神社は延喜式神名帳にも記載されている所謂「式内社」である。創建は日本武尊が蝦夷征伐の際、高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)の三神を祀り戦勝祈願した事から始まり、当初は山頂に祠を建て火石輪神社と称していたが中世に入り現在地に遷座した。
ichinoseki_021.jpgichinoseki_022.jpg
配志和神社鳥居の反対側には、金比羅大権現と彫られた古い石塔と小さな祠が建っていた。ここから宮下町から山目町に変わり、旧奥州街道82番目の宿場・山目(やまのめ)宿となる。
進むと、旧家らしい古い家屋も見られ、問屋場の表示杭も立っていた。
ichinoseki_023.jpgichinoseki_024.jpgichinoseki_025.jpg
進むと、右側に中央公民館があり、その前に照井堰改修の先覚者、柏原清左衛門末裔屋敷跡」と書かれた標柱が立っていた。「照井堰用水」は、藤原秀衡公の家臣であった照井太郎高春が、この地に用水路を完成させ下流の水田を美田としたので、その姓を取って「照井堰用水」と名付けられた。毛越寺浄土庭園にも「遣水(やりみず)」として疎水されている。
その後も幾多の先人が私財を投じて、堰の改修に取り組んだが、柏原清左衛門もその一人であった。
少し先の左手に、「胡風荘 経世の政治家棚瀬軍之佐(さくらいぐんのすけ)先生邸宅」と書かれた石碑が建っていた。
棚瀬軍之佐は原敬全盛時代にもその配下・政友会に入党せず立憲改進党、憲政会、民生党と政敵を貫き通した政治家で明治40年から昭和2年まで当地から衆議院議員に立候補、6回の当選を得ている。また、大正14年、加藤高明内閣で高橋是清商工大臣の下で政務次官を務めた人物である。以前は立派な立派な門構えを見せていたが、最近取り払われたようである。
ichinoseki_026.jpgichinoseki_027.jpg
300mほど進むと、左側に龍澤寺(りゅうたくじ)がある。龍澤寺は文治2年(1186)藤原秀衡公の3男泉三郎忠衡が建立し、天台宗のお寺であったが、その後幾多の変遷を経て、寛永元年(1624)、水沢市黒石の正法寺17世格翁良逸大和尚を住職に招き中興開山として、曹洞宗里中山龍澤寺とした。
また、境内には、豪商で鉱山師の阿部随波の墓がある。
阿部随波は鉱山王と呼ばれ鹿角の白根・尾去沢鉱山を長年にわたって経営した。一関の中里出身で安倍一族の末裔とも伝わるが、藩主伊達綱村に1000両を献じて士分となり、やがて江戸の大火では石巻より材木を運んで巨萬の富を得、宝永7年(1710)には伊達吉村に1万5000両を献じている。さらに重貞の二代目重頼と共に親子で伊達藩に65万両を寄進している。
ichinoseki_028.jpgichinoseki_028a.jpg
山門の両脇には、奪衣婆(だつえば)と懸衣翁(けんえおう)が鎮座している。奪衣婆は、三途の川で死者の衣を剥ぐ役目があり、その衣を懸衣翁に渡し、懸衣翁が側の衣領樹の枝にかけると、その枝のしなり具合で死者の罪状がわかることになっているという。何とも、恐ろしげで、初めて見る像である。
ichinoseki_029.jpgichinoseki_030.jpg
龍澤寺本堂である。
ichinoseki_031.jpgichinoseki_032.jpg
街道右側に、JR東北本線の山ノ目駅がある。昭和3年に開業した無人駅である。
ほとんど人影のない駅前通りである。朝夕の通勤、通学時間帯のみ賑わう駅であろうか。
山ノ目駅入り口から300mほど進むと、左側に「少名彦神社(すくなひこじんじゃ)」がある。
祭神は少名彦命(すくなひこのみこと)である。
参道を進むと、右手に拝殿がある。天明年間(1781~89年)の創立と伝わる。鳥居脇の石の社標と本殿の社額は「少彦」の表記になっている。
ichinoseki_033.jpgichinoseki_034.jpg
進んで新町に入ると、左手に八雲神社と刻まれた石柱が建っている。史跡標柱には「五穀豊穣平安の八雲神社」と記されていた。祭神は牛頭天王・スサノオノミコトで、社名は日本神話においてスサノオが詠んだ歌「八雲立つ出雲八重垣妻籠に八重垣作るその八重垣を」の八雲に因むものである。総本社は京都の八坂神社である。 その先で、いよいよ平泉町となる。
ichinoseki_035.jpgichinoseki_036.jpg
川屋敷分岐である。旧街道は県道から右に別れて進む。静かな佐野地区の街道歩きである。車の騒音がなくなると本当に有難い。
ichinoseki_037.jpgichinoseki_038.jpg
1Kmほどで、国道4号線と交差して、祇園地区に入って行く。祇園地区を400mほど進むと「八坂神社」がある。長治元年(1104)の創建で、吾妻鏡によれば、当時、平泉の五方鎮守の神として、中央に惣社を、東に日吉白山、南に祇園社、王子諸社、西に北野天神金峯山、北に今熊野稲荷などの社をまつったと記されおり、この神社は記事中の祇園社にあたっている。
ichinoseki_039.jpgichinoseki_040.jpg
現在の社殿は寛文6年(1666)の造営と伝えられる。江戸時代までを祇園宮と称し、明治8年(1885)の改革に伴い八坂神社と改称し村社となる。大正11年(1922)10月、内務省告示第27号により史跡指定を受け、更に昭和27年(1952)11月、特別史跡となり今日に至る。また、境内には、雷神社の社殿の他、八幡宮、金華山の大きな石塔も鎮座していた。
ichinoseki_041.jpgichinoseki_042.jpg
八坂神社から1Kmほど進んで太田川を渡ると、平泉の市街が近づいてくる。国道4号線で東京から448Kmの地点である。
ichinoseki_043.jpgichinoseki_043a.jpg
毛越寺入り口交差店で左折して進む。歩道、家並みも含めて美しい通りである。流石に世界遺産の街である。
ichinoseki_044.jpg
300mほど進むと、観自在王院跡がある。国の特別史跡に指定されいて、案内板によると「観自在王院は、「吾妻鏡」に奥州藤原氏二代基衡の妻(阿部宗任の娘)が建立した寺院と記されている。西隣に毛越寺庭園、舞鶴が池の北方には金鶏山、南隣には高屋と推定される倉町遺跡がある。舞鶴が池は修復整備され、大阿弥陀堂・小阿弥陀堂・鐘楼・普賢堂跡の礎石が往時の伽藍を今に伝えている。発掘調査で西辺土塁・西門・南門が発見され、伽藍は東西120m・南北240mの土塁で囲まれていたと推定される。また、観自在王院西辺南北土塁と毛越寺東辺南北土塁の間は全面玉敷きで、牛車を止めた車宿跡も見つかっている。昭和48年から53年度にかけて史跡の修復整備が行われ、現在の姿が再現された。日本庭園史上でも価値が高く「旧観自在王院庭園」として名勝に指定された。」とある。
ichinoseki_045.jpgichinoseki_046.jpg
観自在王院跡を過ぎて進むと、毛越寺の入口になる。ここで入場料を払い境内に入って行く。
毛越寺(もうつうじ)は、近年になって復興された岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗の寺院。開山は慈覚大師円仁。現在の本尊は薬師如来、脇侍は日光菩薩・月光菩薩である。嘉祥3年(850)、中尊寺と同年に円仁が創建。その後、大火で焼失して荒廃したが、奥州藤原氏第2代藤原基衡夫妻、および、子の第3代藤原秀衡が壮大な伽藍を建立した。中世の歴史書『吾妻鏡』によれば、「堂塔四十余宇、禅房五百余宇」があり、円隆寺と号せられる金堂・講堂・常行堂・二階惣門・鐘楼・経蔵があり、嘉祥寺その他の堂宇もあって、当時は中尊寺をしのぐ規模だったという。
ichinoseki_047.jpgichinoseki_048.jpg
正面に本堂がある。内部に入って内部拝観と阿弥陀如来にお参りすることもできる。
本堂の右に進むと、大泉が池がある。島・洲浜・築山・遣水(やりみず)などがあり、平安時代の典型的な浄土式庭園遺構となっている。
ichinoseki_049.jpgichinoseki_050.jpg
大泉が池を時計回りに進む。杉並木の道を歩いて行くと築山と名付けられ、水辺にせまる岩山の姿を造り出した情景が見えてくる。「枯山水の様」の実例といわれているとのこと。
その先には、毛越寺を開かれた慈覚大師円仁(794-864)をお祀りする開山堂がある。在唐9年間の紀行「入唐求法巡礼行記」はマルコポーロの「東方見聞録」、玄奘三蔵の「西域記」とともに、三大旅行記として高く評価されているとのこと。
ichinoseki_051.jpgichinoseki_052.jpg
歩いて行くと、既に姿を消してしまったお堂などが、標柱として表されている。
まず、嘉祥寺跡があり、次に講堂跡、金堂円隆寺跡、鐘楼跡と続き、現存するものとして常行堂があった。本尊は宝冠阿弥陀如来で奥伝に秘仏の摩多羅神をまつる。毎年正月20日に国指定の重要無形民族文化財の「延年の舞」が奉納される。現在の常行堂は享保17年(1732)に再建されたものとのこと。
鑓水(やりみず)は、池に水を取り入れる水路であるが、平安期の「作庭記」の様式を余すところ無く伝えており、浄土庭園に風雅な趣を添えている。鑓水の遺構は、奈良の宮跡庭園を除いて例がなく、平安期の遺構としては唯一のものとのこと。
ichinoseki_053.jpgichinoseki_054.jpg
鐘楼堂である。昭和50年(1975)に人間国宝に指定されている香取正彦によって再建され、天台座主山田恵諦大僧正の銘が刻まれている。姿形は平等院の物に似ているという。
そして、あまりにも有名な大泉が池の出島石組と池中立石である。池の東南に出島が作られ、その先端の飛島には約2.5mの景石が立てられ、荒磯の風情を表現したものである。
ichinoseki_055.jpgichinoseki_056.jpg
池の向こう側の山の稜線も、美しい曲線を描いている。
ichinoseki_057.jpg
境内には、萩の木が沢山植えられているが、萩の花が最も美しい時期は既に過ぎ去っているが、多少の余韻は残している。
毛越寺の見学を終え、平泉駅に着きここで食事と休憩を取って、午後の旅を進めることとする。観光バスによる団体客が多く、電車の乗降は比較的少ないようだ。
ichinoseki_058.jpgichinoseki_059.jpg

« Previous | Next »