« | Home | »

2004.12.29

Majordomoのhtmlからの加入・脱退

メーリングリストを開設すると、MLの総合ホームページなどから加入、脱退などが出来る方が便利でかっこ良く、一般の読者にも簡便で好まれる。
このためには、登録希望者に名前とメールアドレスを入れさせて、majordomoにsubscribeメールを出すようにすれば良いので比較的簡単に作ることができる。
ところが、自前で作らなくてもMajordomoにはそのツールも同梱されているので、これを利用する。
packageで入れるとツールは無いが、portsを入れていると
/usr/ports/mail/majordomo/work/majordomo-1.94.5/md-sub/ にあるmd-sub.cgiを使う。 
(1) md-sub.cgiの設定

このmd-sub.cgiを/web/cgi-binにコピーする。
また、cgi-lib.plがシステムにない場合は/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.5/machにコピーしていれておく。
そして、md-sub.cgiを修正。

# cd /web/cgi-bin/
# vi md-sub.cgi
#!/usr/local/gnu/bin/perl を #!/usr/local/bin/perl に
$cgiloc   = "http://hogehoge/cgi-bin/md-sub.cgi";
運用するサーバmd-sub.cgiの場所(URL)を指定します。
$listsdb  = "/usr/local/mail/.md-subrc";
md-subが使用するdatabaseの位置
$logfile  = "/usr/local/mail/md-sub.log";
md-subのlogの位置
#$sendmail = "|/usr/lib/sendmail -t";
$sendmail = "|/bin/cat - > /tmp/test.out";
最初は/tmp/test.outに結果を書き出させます。

(2) データーベスを作る

# mkdir /usr/local/mail
# cd /usr/local/mail
ここで .md-subrcファイルを以下を参考に作る。
musicml             majordomo@greatcircle.com
info musicml        http://greatcircle.com/musicml/info.html
help                webmaster@greatcircle.com
default             musicml
test                majordomo@greatcircle.com
pcmlist             majordomo@greatcircle.com
info pcmlist        http://greatcircle.com/pcmlist/info.html

そして、

# /web/cgi-bin/md-sub.cgi -C /usr/local/mail/.md-subrc

とすれば、.md-subrc.dbが作られる。
あとは、Browserで http://hogehoge/cgi-bin/md-sub.cgiでアクセスすると、入力画面が現れる。 入力してボタンを押し /tmp/test.outに期待通りの出力が得られれば、

$sendmail = "|/bin/cat - > /tmp/test.out";  を
$sendmail = "|/usr/lib/sendmail -t";  に変える。

(3) 日本語化

<

blockquote>
日本語化パッチは無いので自分で訳す。
参考までに、私が作ったファイルを下に載せておく。
日本語化md-sub.cgi

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)