« | Home | »

2009.01.31

ubuntuのインストル後の設定

ubuntuのインストールは比較的簡単に終わることができたが、DellのInspiron Mini 9はHDDレスで、Flash Memoryを使ったSSDであるため、設定もしくは修整を行う方が好ましいことがある。以下に設定した内容を記す。
(1) Swapの停止

SSDのFlash Memoryは書き込み回数の寿命が10万回から50万回と言われており、不要な書き込みは行わないようにしたい。RAMは2GBに交換したので、Swapの必要性もない。
インストール時にSwap領域を確保しなければ良かったのだが、自動で割り振ったため、Swapを行うようになってしまっている。
そこで、/etc/fstabを編集してSwap領域のマウントの行頭に#を付けてコメントアウトする。
# /dev/sda5
#UUID=0da6389d-3ed9-4378-887d-fff480f52ba4 none swap sw 0 0
これで、rebootすれば、SWapはなされない。

(2) FirefoxのCacheもRAM diskを作って使用する。

まず、RAM diskをマウントするディレクトリーを作る。
# mkdir /media/ramdisk
そして、fstabに下記の行を追加するとRAM diskが確保される。size=64mは64MB確保することを示す。
/dev/shm /media/ramdisk tmpfs  size=64m 0 0
そして
# sudo mount -a
とすると、RAM diskがマウントされるので、Firefoxを起動して、アドレス欄に「about:config」と入力。
動作保証対象外になります!と警告文が表示され[細心の注意を払って使用する]と書かれたボタンが現れるので、クリックして「新規作成」→「文字列」を選択し、それぞれ次のように設定する。
設定名:「browser.cache.disk.parent_directory」
値:「/media/ramdisk」
設定後はFireFoxを再起動して、完了する。

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)