« | Home | »

2005.11.09

FreeBSD 6.0-RELEASEを入れた

家のサーバは まだ、5.3-RELEASEで、5.5-RELEASEが出たらアップデートしようかと思っていたら、5.5の前に6.0が正式にリリースされた。 それで、ちょっと試して見るかと入れてみた。
インストール自体は、従来とあまり変わらなかったが、インストールが終わってpackageから追加で幾つか入れようとして /stand/sysinstall とやっても起動しない。
which sysinstallとやっても何もでない。 これは困った、何か起動コマンド名でも変わったのかと思ったが、findで探すと、なんと /usr/sbin/sysinstallになっていた。
インストール前にリリースノートでも丹念に読めば、どこかに書いてあるのかも知れないが、焦ったが何とか起動できてほっとした。
その後は、順調に進んだが、ja-samba-3.0.14a,1を入れて(以前はja-samba-2.2.10.j1.0)設定しようと/usr/local/etcに行ったが、いつものsmb.conf.sampleがない。
以前の2.2版のsmb.confを持ってくればとも思ったが、一部書き方のルールが変わったとのこと。 さぁー、困った。 サンプル無しで自分で書けるはずも無い。
さんざん探しまわたっら /usr/local/share/examples/ja-samba にsmb.conf.defaultが見つかったのでこれを /usr/local/etcにコピーして修正し、無事に動いた。
apacheは最新はapache-2.2だったと思うが.htaccessに対する条件が違うのを経験済みで以前のWeb公開ディレクトリーと互換性を持たせたいのでapache-2.0.50_3を入れた。
namazuなども版数が上がっていて、namazu.cgiは勝手に前のを持ってきてもうまく動かない。 ちゃんと新しいnamazuに付属しているのを入れる必要があった。
あとは、まだ気付いたことは無いが、使っていれば、また何か出てくるだろう。

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)