« | Home | »

2006.01.19

Portsを最新版にする

昨日、clamAVのインストールを書いた。
うまく動いているようだが、freshclamコマンドを実行するとお前の使っているバージョンは古いと以下のようなメッセージがでる。

WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED
WARNING: Local version: 0.87 Recommended version: 0.88

それでは、最新版を入れ直そう思い、まずportsを最新版にすることにした。
このためにcvsupを動かす必要があるのでcvsupをportsで入れる。

# cd /usr/ports/net/cvsup-without-gui
# make install clean

だいぶ時間が掛かるが、終了したら、/usr/share/examples/cvsupにあるports-supfileを/etcにコピーする。

# cp /usr/share/examples/cvsup/ports-supfile /etc

このファイルはRead-Onlyになっているので chmod 644 ports-supfileで編集可能としてから、中身を編集する。
編集個所は *default hostの指定のみで、ここに記述したhostと同期を取ることになる。
私は *default host=cvsup.jp.freebsd.org とした。

*default host=cvsup.jp.freebsd.org
*default base=/var/db
*default prefix=/usr
*default release=cvs tag=.
*default delete use-rel-suffix

これで、updateする準備が出来たが、要らないports/chineseやports/vietnameseなどもupdateされるので /var/db/supにrefuseというファイルを作り、要らないportsを列記しておく。

# mkdir /var/db/sup
vi /var/db/sup/refuse
ports/arabic
ports/chinese
ports/french
ports/german
ports/hebrew
ports/hungarian
ports/korean
ports/polish
ports/portuguese
ports/russian
ports/ukrainian
ports/vietnamese

あとは、cvsup -g -L2 /etc/ports-supfile で同期が始まる。

# cvsup -g -L2 /etc/ports-supfile

かなり時間が掛かる。 終わったら、clamAVの入れ直しだ。

# cd /usr/ports/security/clamav
# make WITH_MILTER=yes clean
# make WITH_MILTER=yes install

これで、サーバをrebootして最新版を起動する。
freshclamコマンドでもWarningは出なくなった。
なお、例えばclamscan -r /home とすると/home以下のウイルスをチェックしてくれる。
延々とファイルリストの表示が続いたあと結果が以下のように出力される。

# clamscan -r /home
Known viruses: 42492
Engine version: 0.88
Scanned directories: 558
Scanned files: 14193
Infected files: 0
Data scanned: 1092.54 MB
Time: 1108.554 sec (18 m 28 s)

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)