« | Home | »

2004.12.11

MHonArc

MHonArcは/usr/ports/www/mhonarcでmake install cleanと入力してインストールする。

1. MHonArcの文字化け対策

MHonArcは出力をEUCにすると行頭が改行コードの変換ミスで”(B “のようなものが付く。
以前 iso2022jp.pl をPatchして直したが、どこを直したか忘れている。

/usr/local/share/MHonArcにある iso2022jp.pl を見てみる。
以前より大分変わっていて対処しようとした後が見える。
115行目あたりに

$ret =~ s/^\033\(B//;  が見つかる。

行頭にESCに続いて(Bが現れたら削除しようと言うもので、html化されたものを見たら、これでよさそうだが、うまく行かない。

結局行頭にかかわらずESCに続いて(Bが現れたら削除するように”^”記号を削除して

    $ret =~ s/\033(B//; としたらうまく行った。 

2. 出力htmlのフォーマットの設定

個々の出力htmlファイルの出力はxxxxx.rcというrc fileで指定する。
設定ファイルの置き場所は/usr/local/lib/MHonArcである。
このファイルで出力htmlのヘッダー部など細かく指定できる。
以下はサンプル。

======================================
<!--コメントはこの形式で書きます -->

<!-- "Resource"には1行で指定するものと -->
<!-- <NAME>データ</NAME>の形式で指定するものがあります -->

<MIMEARGS>
text/plain:default=iso-2022-jp
</MIMEARGS>

<CHARSETCONVERTERS>
plain;          iso_2022_jp::str2html;     iso2022jp.pl
iso-2022-jp;    iso_2022_jp::str2html;     iso2022jp.pl
</CHARSETCONVERTERS>

<REVERSE>
<!-- Date index, Thread indexの並び順を指定します -->
<!-- SORT は mailのDate header順-->

<!-- REVERSE は逆順になります-->
<!-- SUBSORT は Subject header順です-->

<TIMEZONES>
JST:9
</TIMEZONES>
<!-- UTC/GMTからの時差を指定します-->

<!-- defaultにJSTはない-->

<EXCS>
reply-to
in-reply-to
sender
Resent
</EXCS>
<!-- mailのheaderで無視するものを指定します -->
<!-- receivedとかX-はdefaultで無視されますので、
必要なものを追加します-->

<!-- Date index あるいは Subject indexの設定 -->

<IDXFNAME>
index.html
</IDXFNAME>
<!-- Date/Subject indexのfile名を指定します -->
<!-- defaultは maillist.htmlになってます-->

<TITLE>
Test
</TITLE>
<!-- Date/Subject indexのタイトル名を指定します -->
<!-- defaultは Mail indexになってます-->
<!-- HTMLのTITLEと、Date/Subject indexの表題になります-->

<IdxPgBegin>
<HTML>
<HEAD>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; 
charset=euc-jp">
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="../style1.css">
<TITLE>$IDXTITLE$</TITLE>

</HEAD>
<body style="background-color: rgb(240, 255, 255);">
<IMG SRC="../../dog.gif" ALIGN=LEFT>
<H2>$IDXTITLE$</H2>
</IdxPgBegin>

<!-- Date/Subject indexのHTML header部分を指定します -->
<!-- $*****$ は MHonArcのResourceです -->
<!-- $IDXTITLE$ は TITLE resourceで指定した値になります -->

<ListBegin>
[ <A HREF="../../index.html"></A> |
<A HREF="../index.html">Main Index</A> |
<A HREF="$TIDXFNAME$">Thread Index</A> ]
<font icolor="#008b8b"><i>Last updated: $LOCALDATE$</i></FONT>

<BR CLEAR=LEFT>
<HR>
<UL>
</ListBegin>
<!-- Date/Subject indexのmailがリスト表示されるまでの頭の部分を
指定します -->
<!-- $TIDXTITLE$ は TTITLE resourceで指定した値になります -->

<LISTEND>
</UL>
<HR>
[ <A HREF="../../index.html"></A> |
<A HREF="../index.html">Main Index</A> |
<A HREF="$TIDXFNAME$">Thread Index</A> ]
</LISTEND>

<!-- Date/Subject indexのmailがリスト表示された後の部分を指定します -->
<!-- $TIDXTITLE$ は TTITLE resourceで指定した値になります -->

<LiTemplate>
<LI><STRONG>$SUBJECT$</STRONG> 
<EM><FONT SIZE="-1"  COLOR="#008b8b">$FROM$<

</FONT>
</EM>
</LI>
</LiTemplate>
<!-- Date/Subject indexのmailでのリスト表示の仕方を指定します -->

<!-- Thread indexの設定 -->

<TTITLE>
ml (by thread)
</TTITLE>
<!-- Thread indexのタイトル名を指定します -->
<!-- defaultは Mail Thread indexになってます-->

<TIdxPgBegin>

<HTML>
<HEAD>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="../style1.css">
<TITLE>$TIDXTITLE$</TITLE>

</HEAD>
<body style="background-color: rgb(240, 255, 255);">
<IMG SRC="../../dog.gif" ALIGN=LEFT>
<H2>$TIDXTITLE$</H2>
</TIdxPgBegin>

<!-- Thread indexのHTML header部分を指定します -->

<THead>
[ <A HREF="../../index.html">Top Page</A> |
<A HREF="../index.html">Main Index</A> |
<A HREF="$IDXFNAME$">Date Index</A> ]
<BR CLEAR=LEFT>

<HR>
<UL>
</THead>
<!-- Thread indexのmailがリスト表示されるまでの頭の部分を指定します -->
<!-- $IDXTITLE$ は TITLE resourceで指定した値になります -->

<TFoot>

</UL>
<HR>
[ <A HREF="../../index.html">Top Page</A> |
<A HREF="../index.html">Main Index</A> |
<A HREF="$IDXFNAME$">Date Index</A> ]
</TFoot>

<!-- Thread indexのmailがリスト表示された後の部分を指定します -->
<!-- $IDXTITLE$ は TITLE resourceで指定した値になります -->

<!-- 個々のmailの表示 -->
<MsgPgBegin>
<HTML>
<HEAD>

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="../style1.css">
<TITLE>$SUBJECTNA:72$ </TITLE>
<LINK REV="made" HREF="mailto:$FROMADDR$">
</HEAD>

<BODY BGCOLOR="#faf0e6">
</MsgPgBegin>
<!-- mailの頭の部分を指定します -->

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)