2010.04.17

Clamav-0.96版へのupdate (はまってしまった)

最近、FreeBSDのサーバーは、安定に稼動してしていることもあり、放置状態である。
ところが、メールのウイルスチェックに使っているClamavの版数が、古くなって稼動していないことが分かったので、0.96版にアップデートした。
(1) Portsを最新版にする

Portsのupdateは以前にも書いたが、updateが出来る準備が既に出来ていれば、

# cvsup -g -L2 /etc/ports-supfile

 で同期が始まる。
(2) Clamavの最新版のインストール
  Portsが最新版になったら、

# cd /usr/ports/security/clamav
# make WITH_MILTER=yes clean
# make deinstall
# make WITH_MILTER=yes install

(3) はまり込んだこと

これでclamavが最新版になるので、再起動すれば良い積りであった。

# cd /usr/local/etc/rc.d
# ./clamav-clamd restart
# ./clamav-freshclam restart
# ./clamav-milter restart

ところが、自分宛のメールを出して確認しても、下記がメールヘッダーに表示されない

X-Virus-Scanned: clamav-milter 0.96 at uls.fam.cx
X-Virus-Status: Clean

clamavの再インストールから、終にはsendmailの設定ファイルのsendmail.cfまで作って再起動したが、メールにX-Virus-・・・・ が入らない。

(4) やっと解決

全く分からず2日ほど手こずった。 しかし、色々調べて行くと、Clamavの0.95版?以降では、/usr/local/etcにmilterのコンフィグファイルが、clamav-milter.confとして独立しているのが判明。ここで設定したコンフィグファイルの内容を以下に示す。

MilterSocket /var/run/clamav/clmilter.sock
MilterSocketMode 660
FixStaleSocket yes
User clamav
AllowSupplementaryGroups yes
PidFile /var/run/clamav/clamav-milter.pid
TemporaryDirectory /tmp
ClamdSocket unix:/var/run/clamav/clamd.sock
AddHeader YES

修正したのは、”MilterSocketMode 660″, “TemporaryDirectory /tmp”と “AddHeader YES”だけであった。
AddHeader YESがないと、メールにX-Virus-・・・が入らないのである。
もちろん、”AddHeader YES”がなくてもメールチェックの動作に問題はないが、メールヘッダーに入らないと、メールを見ただけではclamavが利いているかどうか分からない。
また、ClamdSocket unix:/var/run/clamav/clamd.sockもsendmailの設定内容とファイル名が一致することは注意を要する。

(5) その他

今まではディレクトリーの/var/db/clamav内にサブディレクトリーがあり、データベースを構成していたが、今回の版数のclamavではDBは単なるファイルになったので、再起動の前に、古いDBは削除しておいた方が良いようだ。

# cd /var/db/clamav
# rm -fr *

そして、DBファイルを創生するため初回は次の順序で起動する。

# cd /usr/local/etc/rc.d
# ./clamav-freshclam restart
# ./clamav-clamd restart
# ./clamav-milter restart

これで、再起動して無事起動でき、メールにもX-Virus-・・・が入るようになった。

2009.12.07

Ubuntu 9.10でpdfファイルの表示と作成

まず、Synapticパッケージマネージャーで”xpdf-japanese”と”cups-pdf”をインストールする。
次に以下のようにリンクを貼る。

& su
パスワード:
# mkdir -p /usr/share/poppler/cidToUnicode
# ln -s /usr/share/xpdf/japanese/Adobe-Japan1.cidToUnicode 
/usr/share/poppler/cidToUnicode/Adobe-Japan1
# mkdir -p /usr/share/poppler/cMap
# ln -s /usr/share/fonts/cmap/adobe-japan1 /usr/share/poppler/cMap/Adobe-Japan1

これで、日本語のpdfも表示される筈だが、アルファベット部分のみしか表示されない。
調べると、poppler-dataが入っていない可能性があることが分かり、以下のようにしてインストール。

# apt-get install poppler-data

これで、見事に表示されるようになった。
印刷に関しては、「システム」→「システム管理」→「印刷」と辿ると「PDF」の名前のプリンターができている。
Wordなどで印刷すると、HomeディレクトリーのPDFフォルダー内にpdfファイルが作られる。

2009.11.24

Ubuntu 9.10のインストール

以前にUbuntu 8.10をUSBメモリーからインストールする方法を備忘録として書いた。
その後、アップデートマネージャで9.10まで版数は上がっているが、クリーンインストールしたくなって実行した。方法が以前と少し違うところがあるので、改めて記述しておくこととした。

1. 準備

準備は普段使っているWindows XPが乗っているデスクトップPCを使った。
(1) ubuntuはubuntu Japanese Teamのページから日本語版の最新の9.10のiso imageをダウンロード。
(2) インストール用のUSBメモリー作成ツールとして、unetbootinをダウンロード
(3) unetbootinはインストールする必要もなく、ダウンロードしたものを、そのままダブルクリックで起動。

unetbootin2.jpg

a. Distributionでubuntuで9.10Liveを選択。
b. DiskimageでISOを選び、isoimageの場所を選択。
c. 最下段のTypeでUSB Driveを選び、Drive名が目的の
 USBメモリーであることを確認。

OKボタンを押すと、進行状況の表示画面になり、途中で止まったように見えてハングしたかと思ったが、10分程度経過の後急に進んで終了した。
(注) 以前は出来上がったUSBメモリーを開いてファイル名の修正などが必要であったが、今回は必要ない。(修正したらインストールできなくなる)

2. インストール

インストールが終わっても、無線LANは修正が必要とのことであるので、有線のLANケーブルを接続しておく。そして、出来上がったUSBメモリーをMini 9に挿し、Power ONして”0″キーをチョンチョンと押し続けるとブートの選択画面が出るので、USBを選択してEnterキーを押すと、インストール画面になる。後はCDからのインストールと同じである。既にWindowsXPを16GBのパーティションを作って入れてあるので、残りの16GB部分にインストールした。

3. 修正作業

以前、問題であったサウンドは修正の必要もなく動作したが、無線LANは動作しなかった。
(1) 無線LAN
システム→システム管理→ハードウェアーマ・ドライバーと進んでBroadcom STA無線ドライバーを有効にする。

4. インストール後の設定

(1)以前の記述を参照
(2)デフォルトで入っているviは使い勝手が悪いので、vimに交換。

Mini 9の有線LANケーブルを外して再起動。今度は無線LANが働くので、自分の無線LANのアクセスポイント名を選んでPassword Phraseを入れ接続する。

mini9.jpg

2009.08.16

mount_smbfsの使用方法

smbclientよりmount_smbfsでリモートのWindowsのディレクトリーをマウントする方が、良く使われると思われるので、これも書いておく。

# mount_smbfs -I 192.168.1.100 //nakamura@hogehoge/share /mnt
Password:xxxxxx
# ls /mnt
Thumbs.db       calendar.tcl    mn8300.pdf      pspbrwse.jbf    satoru
# umount /mnt

こちらの方が使い易いと思うのだが、好みの問題か。

smbclientの使用方法

極めて簡単なのだが、やはりしばらく使わないと使用方法を忘れてしまう。
まず、Windows XPで動いているデスクトップPCのホスト名がhogehogeとすると、下記のコマンドで、アクセス可能なディレクトリーを表示させる。

# smbclient -I 192.168.1.100 -L hogehoge/C$ -U nakamura
Password:xxxxxxx
Domain=[HOGEHOGE] OS=[Windows 5.1] Server=[Windows 2000 LAN Manager]
Sharename       Type      Comment
---------       ----      -------
E$              Disk      Default share
EPSONPM-        Printer   EPSON PM-A850
IPC$            IPC       Remote IPC
D$               Disk      Default share
print$          Disk      プリンタ ドライバ
share           Disk
ADMIN$       Disk      Remote Admin
C$                Disk      Default share
Domain=[HOGEHOGE] OS=[Windows 5.1] Server=[Windows 2000 LAN Manager]
Server               Comment
---------            -------
Workgroup            Master
---------            -------

この中で、共用設定をしているディレクトリーはE Drive内に作ったshareだけなので、そこをアクセスしてみる。

# smbclient //hogehoge/share
Password:
Domain=[HOGEHOGE] OS=[Windows 5.1] Server=[Windows 2000 LAN Manager]
smb: > ls
.                                   D        0  Sun Jun 28 16:57:47 2009
..                                  D        0  Sun Jun 28 16:57:47 2009
calendar.tcl                  A        3234  Sat Jan 17 09:05:48 2009
mn8300.pdf                  A       1471542  Sat Sep 27 01:01:34 2003
pspbrwse.jbf                 A       25967  Sun May 17 09:56:50 2009
satoru                           D        0  Sun Jun 28 16:57:21 2009
Thumbs.db                   AHS    97280  Tue Aug  4 20:39:23 2009
38534 blocks of size 2097152. 29452 blocks available
smb: > q
#

« Previous | Next »