« | Home | »

2010.12.10

FreeBSD 8.1におけるapache22の注意事項

FreeBSD 8.1でapache22を入れると、/etc/rc.conf に下記の2行を入れる必要がある。

apache22_enable="YES"
apache22_http_accept_enable="YES"

従来、apacheXX_enable=”YES” の1行のみであったので、2行目を忘れがちである。
この2行目の指定で、accf_http.koとaccf_data.koのカーネルロードモジュールが読み込まれるが、これらは、Listen しているソケットに対して、 OS が固有に持っているプロトコルについての最適化を有効にするものとのことです。内容はよく理解していない。
そして、この2行目を忘れると、起動時に下記のエラーメッセージが出る場合があるので要注意だ。
「[warn] (2)No such file or directory: Failed to enable the ‘httpready’ Accept Filter」

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)