« | Home | »

2007.01.13

Movabletype関係のperlライブラリー

昨年末にFreeBSDでswap領域を拡張する方法を書いた。
しかし、やはりHDDがあやしく、結局HDDを交換する羽目になった。
そこで、Movabletypeを動かすために、いくつかのperlライブラリーを入れる必要があるが、筆者はmysqlを使っているので、このためにも更にいくつかのperlライブラリーが必要である。
以前にも断片的にかいたが、ここで再度まとめておく。
下記は入れたperlライブラリーである。

(1) p5-Class-DBI-mysql          (/usr/ports/databases)
(2) p5-DBI-DBD                    (/usr/ports/databases)
(3) p5-Image-Info                  (/usr/ports/graphics)
(4) p5-Image-Size                  (/usr/ports/graphics)
(5) p5-SOAP-Lite                  (/usr/ports/net)
(6) p5-Crypt-DSA                 (/usr/ports/security)
(7) p5-POE-Component-Server-XMLRPC     (/usr/ports/devel)

これらをmake install clean で次々に入れる。
p5-SOAP-Liteはnet関係のライブラリーがたくさん含まれているので、post2blogは、
これとImage-Info, Image-Sizeを入れると動作可能となる。
あと、StyleCacherが動かなくて、はまってしまったが、設定は2箇所必要なのです。
 ・メインメニューのページでシステムメニューのところのプラグインをクリックして
  styleCacherを選択して設定
 ・個別エントリーの設定でプラグインでStyleCacherを選択して設定両方に

Theme Root URL: http://uls.fam.cx/mt/mt-static/
Theme Root URL: /web/data/mt/mt-static/themes

とすると、うまく動作した。

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)