« | Home | »

2005.11.17

VMwareでFreeBSD・・使い物にならない

Vine Linuxがうまく行ったのに気をよくし、次に慣れたFreeBSDを入れることにトライした。
Vine Linuxと同じ手順で入れようとしたが、いよいよディスクの領域を確保しようというところで、ハードディスクが無いと言われて、あえなく敗退。
困って、ネットで探したら色々なGuest OS用のconfiguration fileが公開されているページが見つかった。
zipファイルをダウンロードして解凍したら、各種Windows, Linux, FreeBSDなど何でもある。
これを使って、Vine Linuxを入れたときと同じ手順で進めたら、ディスクの領域も確保でき、すんなりインストールできた。
テキストモードのみで使うなら、これで十分でNetworkも問題なく動く。
しかし、Xwindowを入れると、色々とやっかいなことが起こる。
まず、xorg.confを作ろうとして/usr/X11R6/bin/xorgcfgを起動すると設定をして、いざファイルを書き込もうとするとハングアップしてしまった。 もう2度と立ち上がらなくなるのでzipファイルを解凍したオリジナルのFreeBSDのconfigurationファイルをもってきてやり直しです。
2度ほど試みたが、同じくハングする。
しかたがないので、別に作ったxorg.confを持ってきて以下の変更をほどこした。
赤字の部分がキーポイントです。

Section "InputDevice"
Identifier  "Mouse1"
Driver      "vmmouse"
Option "Protocol"    "SysMouse"
Option "Device"      "/dev/sysmouse"
Option "ZAxisMapping"       "4 5"
EndSection
    Section "Device"
Identifier  "Card0"
Driver      "vmware"
VendorName  "VMware Inc."
BoardName   "Generic SVGA"
#       ChipSet     "SIS630/730"
BusID       "PCI:0:15:0"
EndSection
Section "Screen"
Identifier "Screen0"
Device     "Card0"
Monitor    "Monitor0"
DefaultDepth      16
SubSection "Display"
Viewport   0 0
Depth     1
EndSubSection
SubSection "Display"
Viewport   0 0
Depth     4
EndSubSection
SubSection "Display"
Viewport   0 0
Depth     8
EndSubSection
SubSection "Display"
Viewport   0 0
Depth     15
EndSubSection
SubSection "Display"
Viewport   0 0
Depth     16
Modes     "1024x768"
EndSubSection
SubSection "Display"
Viewport   0 0
Depth     24
EndSubSection
EndSection

これで、Xwindowが立ち上がるようになったが、どうしてもフルスクリーンにならない。小さなWindowでは立ち上がっても、とても使いもものにならない。

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)