« | Home | »

2005.11.18

使えるVMwareによるFreeBSD (2)

VMwareでフルスクリーンでFreeBSDを稼働させるためには、VMware-Toolsが必要と書いたが、その後詳しく調べてみるとVMware-Toolsは必要ないことが分った。
たしかに、/usr/X11R6/lib/modules/driversにはvmware_drv.oがFreeBSDには標準で入っている。
それで、VMware-Toolsで作られたxorg.confを眺めていたら、
HorizSync 1-10000
VertRefresh 1-10000
の指定が、胆であるのが分った。
しかし、vmmouse_drv.oは/usr/X11R6/lib/modules/inputにないと、自由にVMware画面とホストの画面をマウスのポインターが行き来は出来ない。 
結局、vmmouse_drv.oさえ手に入ればVMware Playerで十分で、個人で買うには高いVMware Workstatinなどは必要ないことになる。 マウスぐらいは標準でも、少し不便だが我慢できる範囲でもある。
以下に私が現在使っているxorg.confを載せて置く。

Section "ServerLayout"
Identifier     "X.org Configured"
Screen      0  "Screen0" 0 0
InputDevice    "Mouse0" "CorePointer"
InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
EndSection
Section "Files"
RgbPath      "/usr/X11R6/lib/X11/rgb"
ModulePath   "/usr/X11R6/lib/modules"
FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc/"
FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF/"
FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/Type1/"
FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/CID/"
FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi/"
FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/100dpi/"
FontPath     "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/"
EndSection
Section "Module"
Load  "dbe"
Load  "dri"
Load  "extmod"
Load  "glx"
Load  "record"
Load  "xtrap"
Load  "freetype"
Load  "type1"
EndSection
Section "InputDevice"
Identifier  "Keyboard0"
Driver      "kbd"
Driver      "keyboard"
Option      "XkbRules" "xorg"
Option      "XkbModel" "jp106"
Option      "XkbLayout" "jp"
EndSection
Section "InputDevice"
Identifier  "Mouse0"
Driver      "vmmouse" ・・・
・・ vmmouseのdriverが無ければ"mouse"とする
Option      "Protocol" "Auto"
Option      "Device" "/dev/sysmouse"
Option "ZAxisMapping"       "4 5"
EndSection
Section "Monitor"
Identifier   "Monitor0"
VendorName   "GSM"
ModelName    "75N"
HorizSync    1-10000
VertRefresh  1-10000 
Option      "DPMS"
EndSection
Section "Device"
Identifier  "Card0"
Driver      "vmware"
VendorName  "VMware Inc."
BoardName   "Generic SVGA"
BusID       "PCI:0:15:0"
EndSection
Section "Screen"
Identifier "Screen0"
Device     "Card0"
Monitor    "Monitor0"
SubSection "Display"
Viewport   0 0
Depth     16
Modes     "1024x768"
EndSubSection
SubSection "Display"
Viewport   0 0
Depth     24
Modes     "1024x768"
EndSubSection
EndSection

ついでに、Xwindowで日本語が使えるように、自己のホームディレクトリーの.profileに以下の赤字部を追加する。

BLOCKSIZE=K;       export BLOCKSIZE
EDITOR=vi;      export EDITOR
PAGER=more;     export PAGER
LC_ALL=ja_JP.eucJP;    export LC_ALL
LANG=ja_JP.eucJP;      export LANG
XMODIFIERS=@im=kinput2; export XMODIFIERS

Window managerには気に入っているKDEを入れたが、.xinitrcには

kinput2 -canna &
sleep 3   ・・・・ ないと、kinput2での入力がうまく行かない場合が
あるようだ
exec startkde

これで、ktermでも入れておけば日本語のファイルも作れるし、パッケージで入れたfirefox(portsで入れるとえらく時間がかかる)のフォーム入力にも日本語入力が可能になる。
firefox.png

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)