« | Home | »

2008.07.05

VMwareでFreeBSD 7.0を動かす

サーバを7.0-RELEASEにしたので、Desk Topで使っているWindows XPマシンで動かしているVMware内のFreeBSDも7.0-RELEASEに変えた。
インストールは問題なく終わったが、以前に期間限定版のVMware Serverから抽出したVMware-Toolsをインストールしたら最後の方でエラーになった。
しかたがないので、vmware-tools-distribのbinディレクトリー内にあるvmware-uninstall-tools.plを使ってuninstallした。
幸い、portsにvmmouse driverがあるのでこれをインストール。

# cd /usr/ports/x11-drivers/xf86-input-vmmouse
# make install clean

そして、xorg.confでmouse driverをvmmouseに変更。

Section "InputDevice"
Identifier  "Mouse0"
Driver      "vmmouse"
Option      "Protocol" "auto"
Option      "Device" "/dev/sysmouse"
Option      "ZAxisMapping" "4 5 6 7"
EndSection

次に、日本語入力の設定を行う。
長い間、cannaを入れてkinput2で入力変換を使っていたが、最近ではscimの方が高性能としてこれを使うのが一般化しているらしい。そこでpackageから
ja-anthy-9100C、ja-scim-anthy-1.2.4を入れる。
そしてhome directoryの.xinitrcの最後に次を付ける。

LANG=ja_JP.eucJP; export LANG
LC_CTYPE=ja_JP.eucJP; export LC_CTYPE
XMODIFIERS=@im=SCIM;  export XMODIFIERS
GTK_IM_MODULE=scim;  export GTK_IM_MODULE
QT_IM_MODULE=scim;  export QT_IM_MODULE
scim -d &
exec startkde

Xwindowを立ち上げて、scimを起動するには、CTL-Spaceで行う。画面の左下に下図のようなMS IMEに似た表示が出る。
scim.png
日本語とアルファベット入力の切り替えは[半角/全角・漢字]ボタンで行う。これもWindowsと同じで使いやすい。
なるほど、変換効率も良く、これなら文章を書いても良い。このブログもこれで書いている。
なお、[CTL-Shift]で言語圏を切り替えられるが、使う必要はないだろう。

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)