« | Home | »

2005.10.17

MT-3.2のリンク支援(決定版)

以前、MT-3.17でリンク支援のための改造を書いた。
そちらと合わせて見て欲しいが、MT-3.2になって、メニューを表示させるファイルが違ったものになった。
今度のファイルは/MT/tmpl/cms/blog-left-nav.tmplである。
改行が無いので、分りにくいが以下の部分を探して、赤字部分を追加する。

<TMPL_IF NAME=CAN_UPLOAD><li><a<TMPL_IF
NAME=NAV_UPLOAD> class="here"</TMPL_IF>
id="nav-upload" title="<MT_TRANS phrase="Upload File">"
href="#" onclick="window.open('<TMPL_VAR
NAME=MT_URL>?__mode=start_upload&blog_id=
<TMPL_VAR NAME=BLOG_ID>', 'upload',
'width=400,height=450,resizable=yes')"><MT_TRANS phrase="Upload
File"></a></li></TMPL_IF>
<TMPL_IF NAME=CAN_UPLOAD><li><a<TMPL_IF
NAME=NAV_UPLOAD>  class="here"</TMPL_IF>
id="nav-link" title="リンクの編集"
href="#" onclick="window.open('/mt/link.cgi?blog_id=
<TMPL_VAR NAME=BLOG_ID>', 'upload',
'width=550,height=450,resizable=yes')
">リンクの編集</a></li></TMPL_IF>

以前と同じだが、

(1) title=”<MT_TRANS phrase=”Upload File”>”をtitle=”リンクの編集”
(2) <MT_TRANS phrase=”Upload File”>を リンクの編集 に修正する。
(3) id=”nav-upload” を id=”nav-link”に変更。
(4)window.open(‘<TMPL_VAR NAME=MT_URL>?__mode=start_upload&blog_id=を
window.open(‘/mt/link.cgi?blog_id=に修正。

これで、メニュー表示用ファイルの改造は終了。
次に、小さなアイコンのnav-link.gifをMT/mt-static/imagesにコピー
小さなアイコンを表示するスタイルシートは/MT/mt-static/styles.cssである。
以下の赤字部分を追加する。

.sub a#nav-upload { background-image:
url(images/nav_icons/color/upload.gif); }
.sub a#nav-link { background-image: url(images/nav-link.gif); }
.sub a#nav-comments { background-image:
url(images/nav_icons/color/comments.gif); }

・・・/MT ディレクトリーに入れるlink.cgiは以前のを改造してTagをMT-3.2の流儀に合わせ、以下のようなlink.jsを各blogディレクトリーに吐き出すようにする。
文末に私の使っているlink.cgiを載せておく。

function getLinks(){
var link = new Array(); var data = new Array();
var html ="<div class='module-comment module'>";
html += "<div class='module-header'>リンク</div>";
html += "<div class='module-content'>";
html += "<ul class='module-list'>";
/* begin_data  */
link[0] = "FreeBSDJapan,http://www.jp.freebsd2.org/";
link[1] = "Nakaさんのページ,http://uls.fam.cx/nakamura/";
/* end_data  */
var num = link.length;
for(i = 0; i < num; i++){
data = link[i].split(",");
html += "<li class='module-list-item'><a href='"+data[1]+"'>"
+data[0]+"</a></li>";
}
html += "</ul></div></div>";
return html;
}

最後に、popupされるWindowだが、MT-3.2のスタイルシートの位置が
・・・/MT/mt-static/styles.cssに変わっているので、link.cgiで吐き出すhtml文部分のスタイルシート指定部分を直す。
また、styles.cssそのものもタグの名前が変わっているので、以前のlink.cgiで<div class=”list”>となっていたのを<div class=”link-list”>と直して、
styles.cssに以下の要素を追加した。

.link-list table th {
background-color: #8FAEBE;
color: #FFF;
vertical-align: middle;
text-align: left;
font-weight: normal;
padding: 2px 5px;
border-bottom: 1px solid #FFF;
font-size: 90%;
}
.link-list table {
font-size:  11pt;
padding:  0px;
width: 100%;
border-bottom: 1px solid #D7E3F5;
}
.link-list table tr.odd {
background-color: #EAF2FF;
}
.link-list table tr.even {
background-color: #FFF:
}

link.cgiで発生させるhtml文中の画像ファイルへのパスも変わり、<img src=”/mt/mt-static/images/topnav-logo-popup.gif”などのように指定する。
link.cgi-3.2
ダウンロードしたらlink.cgiに名前を変え、実行権限を与えてmt.cgiと同じディレクトリーに入れて使うこと。

コメント

コメントはありません

コメントフィードを購読する

コメント投稿





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)