2007.04.02

戸塚から茅ヶ崎(2)・・・(旧東海道)

つづきです・・・・
fujisawa__029.jpg遊行寺を後にして、境川にかかる「遊行寺橋」を渡る。 写真の向こうに見えるもう一つの橋は「藤沢橋」で、車はそちらを通る。 歩いていると自然に「藤沢橋」の方に行き着くことになるので、10mほど手前で右折して「遊行寺橋」を渡るのが、旧東海道のルートである。

fujisawa__030.jpg時計を見ると11時30分になっており、そろそろ昼食をとるところを探そうとキョロキョロしながら歩いていたら、ラーメン屋に「ふじさわ本陣跡」の看板が掛かっていた。
もう、本陣跡の遺構などは残っておらず、ラーメン屋の主人が、せめて場所だけでも示そうと看板を掲げたのであろうか。

fujisawa__031.jpg良い食堂はないかと思いながら歩いていたら、米国の田舎町にあるようなレストランが見つかったが、もう少し違ったところは無いかと歩き続けていたら、「白旗神社」への道路が通じている交差点に突き当たった。
交差点の少し手前に「義経の首洗い井戸」などがあるはずだが、見落としたと思って見ると、街の案内図が掛かっていて、その図では、ほんの10mほど手前の交番の脇を入るようになっている。

fujisawa__032.jpg直ぐ引き返し、交番とマンションの間の細い路地を入ると、小さな子供の遊び場のような場所があり、一隅に「義経首洗井戸」と「源義経公之首塚」がならんで配置されていた。
それにしても、首実験の後に腰越の浜にうち捨てられた義経の首が、潮の流れに乗ってこのあたりまで境川をさかのぼってきたとは、出来すぎだろう。 判官贔屓の民衆の後日の創作のような気がしてならない。
ともかく、見学の後、先ほど見付けた米国の田舎風レストランに戻り、昼食をとった。

fujisawa__033.jpg昼食と休憩を取り、元気を回復して「白旗神社」を訪問した。 祭神は寒川比古命(さむかわひこのみこと)、源義経公(みなもとのよしつねこう)であるが、本殿の作りからも格式の高さが窺われ、また社務所などの付属設備を含め、綺麗に整備維持されており、地域の熱意も感じられる。

fujisawa__034.jpgfujisawa__035.jpg

元のルートに戻り、引地川を渡れば、「メルシャンワインの工場」が右手に見えてくるが、道の左側に「おしゃれ地蔵」(と呼ばれている)が見えてくる。 実際は道祖神だが、地蔵と呼ばれているようだ。
そして、女性の願いをよく叶えてくれる地蔵で、願いが叶った場合はお礼としてお顔にお化粧を施すのが通例になっているとのこと。 実際にお顔は白く塗られていた。

fujisawa__036.jpgfujisawa__037.jpg

やがて、四谷の交差点に達するが、大山道への立派な道標があり、また今は住宅街の一道路になってしまったが、大きな鳥居が残っている。

fujisawa__038.jpgfujisawa__038a.jpg

fujisawa__039.jpg少し先には四谷の「一里塚跡」の道標が立っているが、単なる鉄製の杭のみである。 もう少し何とかならないものかと思った。 松並木の雰囲気は残っているのにもう少し気を配ってもよいのではなかろうかとも思う。 江戸から13番目の一里塚である。
次いで、親鸞が開祖の浄土真宗本願寺派の上正寺、遊行寺と繋がる時宗の海前寺がある。上正寺の山門前の親鸞像、海前寺の山門前の仁王像はなかなか立派である。 境内に隣接する墓地も両寺とも立派で、最近にも墓地を販売したようだ。 道理で寺の作りも立派にしつらえられる。

fujisawa__040.jpgfujisawa__041.jpg

足がもう歩けないと悲鳴を上げ始めたが、だましだまし歩いていると、やっと茅ヶ崎の「SATY」の大きな看板が見えてきた。 そして、駅前の「一里塚」だ。 綺麗に再生された一里塚だ。 江戸から14番目である。やれやれもう直ぐ茅ヶ崎駅だ。

fujisawa__042.jpgfujisawa__043.jpg

fujisawa__044.jpg最後に、市役所の庭にある上野寛永寺から寄贈された立派な石灯篭を見学して、今回の旅を終えることとした。
駅前で植え込みの縁石に腰を下ろして、冷たい飲み物を飲み、しばし休息の後、JR茅ヶ崎駅に向かった。


2007.04.01

戸塚から茅ヶ崎(1)・・・(旧東海道)

本日の万歩計の値は29,596(19.53Km)
まずは、戸塚から藤沢まで・・
fujisawa__001.jpg今日は8時30分に自宅を出て、戸塚駅までは電車で行きちょうど9時に駅を出発しました。
予定では、藤沢を通って辻堂経由で茅ヶ崎まで行きたいと思っていました。
まず最初に訪れたのは、澤邊本陣跡の直ぐ横にある、羽黒神社ですが、この羽黒神社は澤邊家が守り神として建立したものとのこと。 特にかわり映えのしないこじんまりとした神社でした。
戸塚の街は、JRの踏み切りから国道1号に向かう道路の進行方向に向かって右側に次々と神社仏閣が現れるが、これは道路の右側は山の尾根に面していて階段を配して神社仏閣を建立するのに適した地理的状況にあったためと思われる。
それで、次に現れたのは「臨済宗」の「海蔵院」というお寺である。神社に比べて仏閣が新しく立派なのは、お寺の周囲に墓地を造成して、大きな収入が得られるためであろう。

fujisawa__002.jpgfujisawa__003.jpg

fujisawa__004.jpg八坂神社は、横浜市指定無形文化財に指定されている「お札まき」と言う、夏祭りの7月14日に男子10数人が、姉さんかぶりでたすきがけの女装で渋うちわを持って踊るというのが伝わっている。

fujisawa__006.jpgここで、80歳程度と思われる2人のおばあさんに会いました。 桜が綺麗ですねと話しかけてきたのですが、毎月の1日にはお参りしている、以前は15日もお参りしていましたが、最近は1日だけにしましたと話していました。
穏やかで上品な雰囲気のおばあさんでした。

fujisawa__007.jpg富塚神社はこのあたりでは最も由緒のある神社で、康平5年(1062)、「前九年の役」平定のため、源頼義と義家が奥州に下る途中、富塚の森で露営をしたおりに、応神天皇と富属彦命のご神託を霊夢によって授かり建立したとのことで、富塚が変化して戸塚になったと言われている。
また、松尾芭蕉の「鎌倉を生きて井で(出で)けむ初松魚(はつかつお)」の歌碑や稲荷大神を祭った正一位玉守稲荷社がある。 芭蕉の歌碑は筆跡が見事ですね。

fujisawa__008.jpgfujisawa__009.jpg

fujisawa__010.jpg戸塚の宿の終点の「上方見付け」は、レストランのサイゼリアの1階駐車場の前にある。 既に古い標識などは失われており、新しく作り直したものだろう。
戸塚の宿も終わりに近づいた。 
下図の左側は第六天宮と境内の「藤行翁之碑」である。 藤行翁って誰のこと??
右は、石仏が道路わきに並んでいたのを撮影したものであるが、区画整理中に見つかった、石仏、碑などを破棄する訳にも行かず、集めて祭ることにしたものだろう。

fujisawa__011.jpgfujisawa__012.jpg

大坂の上りにさしかかると、大坂の道標がどこかにあるはずだと聞いていた。 道路左側のマンションの脇にあるようだとも聞いていた。 それで、注意深く見ながら進んでゆくと、下図の左のようにマンションの植え込みからかすかに、頭が覗いてみえた。 ちょっとお邪魔して撮影すると、たしかに大坂も文字が刻まれていた。

fujisawa__014.jpgfujisawa__013.jpg

大坂を上って、やっと国道1号に達した。 中央分離帯としてかすかに旧東海道の匂いを残していて、桜の花も彩りを添えていた。
ほどなく、「お軽勘平 戸塚山中道行の場」と書かれた石碑が目につく。 お軽勘平は歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」に出てくる架空の人物(お軽は大石内蔵助の愛妾がモデルとの説もある)にもかかわらず、ずいぶんと立派なものを建てたものだ。 とにかく、戸塚は今は賑やかな街だが、昔は山の中でいかにも「駆け落ちで山中をさ迷う」のに似つかわしい場所だったようだ。

fujisawa__015.jpgfujisawa__016.jpg

fujisawa__017.jpg国道を歩き、「吹上」の交差点を過ぎると、道路の左側に「一里塚」があったことを示す「表示板」があるが、次に訪れたい「浅間神社」は道路の右側であり、どうしても「吹上」で道路を横断するしかない。
しかたなく、「一里塚の掲示板」は道路の反対側からカメラのズーム機能を使って撮影したが、思ったよりうまく行った。 江戸から11番目の一里塚である。

fujisawa__019.jpg古語で火山のことを浅間と言ったそうで、浅間神社は富士山の浅間神社が本宮で、あちこちに散在している。
祭神は、木ノ花之佐久夜姫ノ命(このはなのさくやひめのみこと)である。

fujisawa__021.jpgここの、浅間神社も参道が長く、名木、古木の横浜市の立て札のある「シイ」の木もあり、立派である。
しかし、参道の木立のわずかかの幅を残して、民家が迫ってきている。 人口増が著しかった横浜市であってみればむべなるかなと言ったところか。

fujisawa__020.jpg浅間神社を過ぎて渋滞情報で有名な原宿交差点を過ぎると、単調な道程が続く。途中「諏訪神社」の名木古木指定のクスノキを見学して、美しい桜並木を進んでゆく。

fujisawa__022.jpgfujisawa__023.jpg

やっと、藤沢の「遊行寺」に着いた。 お寺の正式名は「藤沢山無量光院清浄光寺(とうたくさんむりょうこういんしょうじょうこうじ)」と言い時宗総本山である。 時宗とは、念仏踊りで有名になった「一遍上人」が開祖で、寺は第四代呑海上人(どんかいしょうにん)によって建られたと案内板にあった。
大きなイチョウの木が有名だが、毎月1日のことなのか、境内で骨董品の市が開かれていた。
また、花見の宴席の賑わいも、随所で見かけた。

fujisawa_024a.jpgfujisawa_024b.jpg

fujisawa__024.jpgfujisawa__025.jpg

fujisawa__026.jpgfujisawa__027.jpg

「一遍上人」の銅像も、なかなかリアルな感じだ。
ところで、遊行寺坂にあるという「一里塚」は見落としました。 ネットで調べても、雑草に埋もれていて見落とし易いと書いてありました。 それにしても残念です。
長くなるので、今回のブログはここで終わりとし、新たなエントリーを設けて続きを書きます。


2007.03.24

保土ヶ谷から戸塚(2)・・・(旧東海道)

本日の万歩計の値は24,440(16.13Km)

先日、権太坂を登りつめたあたりで住宅街の方に迷い込み、中断してしまった。 そこで、今朝は再度、光陵高校の角に建っている「権太坂」の石碑まで行き、戸塚までの道程を辿ることにした。
「権太坂」を登ってからの道は、昔は山の稜線の尾根道であったので、道の両側とも家が一軒くらいがやっと建つぐらいで、その後ろは急坂か階段で落ち込んだようになったいる。 昔は見晴らしがよかったと言うが、今は住宅が密集して眺望は無理そうである。
totsuka_001.jpg時は春で、一軒の家の前で「桜草」が綺麗に咲いていたので、思わずシャッターを押してしまった。
その後、正面に境木中学がある丁字路にぶつかり、順路としては右折すべきだが、左に曲がって少し行くと道の左側に「投込塚」があるので、寄ってみる。 前を歩いていた、年配の男性3人連れのグループも、やはり「投込塚」に立ち寄っていた。
昔は、旅の途中で倒れても、遺体を故郷に送り返すすべもなく、その地で埋葬するより仕方がなかったのだろう。
totsuka_002.jpgさて、元のルートに戻り、しばらく行くと、「武相国境之木」という立派な標識が見えてきた。
ここが、武蔵の国と相模の国の境界だったところで、道路の整備にともない、ちょっとした広場となっている。
>
totsuka_003.jpgtotsuka_004.jpg
この広場の奥には、「境木地蔵尊」があるが、なかなか境内の手入れが行き届いている。
totsuka_005.jpgtotsuka_006.jpg
この辺は保土ヶ谷と戸塚の宿の中間地点で人足などが休憩をとる場所で、このような場所を「立場」と呼んだそうだが、茶店などもあり、人足のみならず、一般の通行人も休息をとったとのこと。 特に、ここの「立場」は見晴らしもよく人気があったという。
「若林家」は、この茶店のなかでも特に有力で、大名なども立ち寄ったとのことであるが、「地蔵尊」に隣接して屋敷があり、その構えからも往時の勢いが窺える。
totsuka_007.jpgtotsuka_008.jpg

totsuka_009.jpgさて、ルートを辿ることにするが、この広場からは5本の道路が放射状に出ていて、どの道路に進めば良いか、少し迷う。 しかし、心配ご無用で、「右環状二号線」、「左旧東海道」と書かれた真新しい石の道標が建っている。
道標に従い進むと、直ぐに昔「焼餅」が売られていたという、「焼餅坂」を下ることになる。 ほんの数年前までは、うっそうと茂った木が道の両側から迫っていて、これが横浜かと言われるほど道も狭かったとのことである。が、今は開発され切り通しも拡張され、すっかり様相を一変した。そして、もう「焼餅」を売る店はないばかりか、「焼餅坂」の小さな立て札が立っている上の方では、造成工事が始まりそうであった。 時代の趨勢は、完全に「焼餅坂」の痕跡を抹消せずにはおれないらしい。

totsuka_010.jpgtotsuka_011.jpg

totsuka_012.jpg「境木地蔵尊」前の真新しいマンション群と離れ、少しくたびれた風情の住宅地の中の細い道を下って行くと、「品濃一里塚公園入口」の看板と、解説の立て札に出くわす。 本当の一里塚ははこの小山のような「公園」に登った上にある。 一里塚は土を盛って木を植えて作ったものだが、これほど原型を保って残っているのは珍しいとのこと。 日本橋から9番目の一里塚なので、江戸から約36Kmの距離となる。

totsuka_013.jpgtotsuka_014.jpg

totsuka_015.jpg「一里塚」を過ぎて、さらに下っていくと、いきなり東戸塚駅前のモールに通じる環状二号をまたぐ歩道橋が現れた。
お昼には少し早いが、昼食をとって、一休みすることとした。

totsuka_016.jpg食後の休憩を取った後、またルートを下って行く。 幾らも離れていないところを環状二号が走っているが、こちらはまるで、田舎の住宅地の感じである。 時々、道路わきに旧東海道の手作りと思われる木の標識が掲げられているのは、これでも東海道だったのだと主張しているようで面白い。
やがて「品濃坂」が環状二号で分断されて歩道橋で結ばれたのにたどり着く。 車道は右にカーブして環状二号に入れるようになっているが、旧東海道のルートは階段を下りて歩道橋を渡る。 階段を下りたところに、「品濃坂」の石碑がある。

totsuka_017.jpgtotsuka_018.jpg

totsuka_019.jpg
それにしても、旧東海道から、車の流れを見下ろすのはタイムスリップしたような感覚に襲われる。 江戸時代には、よもやこのような時代が来るとは予想できなかったことだろう。
住宅街の中に続いている「品濃坂」を下り、川沿いの道を歩く。 桜の花もほころび始めている。
国道に出て、戸塚の方に歩いてゆくと、山崎パン、森紙業と続く工場のある歩道は国道との間にも植栽が施され、遊歩道のような雰囲気で良い感じになっていた。 国道の全てがこうなっていると、良いのですが・・

totsuka_020a.jpgtotsuka_020.jpg
「横浜新道」の終了点に向かう国道と戸塚駅方向への分岐点であり、合わせて大山道への分岐点でもある、「不動坂」の交差点では、道路の左側にある神奈川県特別天然記念物の「益田家のモチノキ」が見られる。
totsuka_021.jpgモチノキとは球形の果実をつけ、この実より「鳥モチ」をつくることから、そう呼ばれるようになったようだ。
ルートは戸塚駅に向かう道路を進むが、車の走る道路の左側に旧東海道が続いている。
もっとも、少し行った「ブリヂストン」の工場前で合流するが、それでもわずかの距離でも静かな道路は感じが良いし、写真のような立派な家も一軒だがみることができた。
>
totsuka_022.jpgtotsuka_023.jpg

さらに進むと、ダイエーの戸塚店の駐車場横にあるレストランの前に、「江戸方見付跡」の石碑がある。
いよいよ、戸塚の宿に入ったことになる。 続いて安藤広重の絵にも描かれた柏尾川に掛かる「吉田大橋」を渡れば、戸塚の宿はもう直ぐだ。

totsuka_024.jpgtotsuka_025.jpg
戸塚本陣に着くまえに、大奥物語で有名になった家康側室の「於万の方」が開基した「清源院」を見学した。
totsuka_026.jpgtotsuka_027.jpg
totsuka_028.jpg戸塚の薬屋大島屋亦四郎(またしろう)の子で18歳の清三郎と、同じ戸塚の伊勢屋清左衛門抱(かかえ)の飯盛(めしもり)で16歳のヤマの慰霊のために、当院22世躍誉上人が建てた心中句碑がある。 18歳と16歳とは、最近の晩婚化からすると、えらく早かったのですね。
戸塚本陣は、現在郵便局になっているところに、あったとのことだが、何も残っていない。石碑も無い。
少し進んで、消防署まで行くと、「明治天皇行幸記念碑」と「澤邊本陣跡」の標識が建っている。
ともかく、今日はここまでにする。 足も相当疲れている。
totsuka_029.jpgtotsuka_030.jpg


« Previous | Next »