2007.04.21

茅ヶ崎から小田原へ(1)・・・(旧東海道)

本日の万歩計の値は57,497(37.95Km)
日本橋から小田原までつながりました。
日本橋からの距離は81.4Kmです。
まず、茅ヶ崎から平塚までを記述します。
chigasaki_001.jpg今日は、東戸塚を朝4時59分発の1番電車で以前に引き上げた茅ヶ崎駅に向かった。1番電車に乗る必然性はないが、今後歩く区間が遠くになった場合に必要となる考え、その様子見のために選択した。
5時半には、茅ヶ崎駅に着いたが、さすがに土曜日の早朝であるだけに、ひっそりとしている。
chigasaki_002.jpg茅ヶ崎を出発すれば、直ぐに馬入川に到達できるような気でいたが、歩いてみると案外遠い。
まず最初に「鳥井戸橋」に到着して、橋を渡り終えたところにある「左富士の碑」に対面する。 道路の進む方向が急に北に振れたので、富士山が左手方向に見えるというものだが、東海道では富士山が左に見えるのは、ここと「吉原宿」だけとのこと。
chigasaki_003a.jpg「左富士の碑」は道路の左側に建っていたが、右側には「鶴嶺八幡宮」の大きな鳥居が見える。
「鶴嶺八幡宮」の祭神は「応仁天王」、「神武天王」であり、大変古く、茅ヶ崎の総社であったという。
参道が長く、800mほどもあるので往復すると1.6Km歩くことになるが、行ってみることにした。
荒れていた神社を別当寺常光院の住職・朝恵上人が再興し、慶安2年(1649)には徳川幕府から社領をもらって、記念として参道に松を植えたという。たしかに見事な松並木だ。 本殿に近づくと松以外の樹種も混じるが、地元の人達の寄進による石灯篭の並びも神域に近づく気分にさせる。
chigasaki_003.jpgchigasaki_004.jpg
「鶴嶺八幡宮」には、下の写真の左に示す「女護ケ石」と呼ばれているものがある。
この石は女性の守護神とされており、どこか体に悪いところがあると、石と患部を交互にさすると治癒すると言われている。
また、境内には「大イチョウ」の木がある。 よく神社には大きなイチョウの木があることが多いが、この「鶴嶺八幡」の大イチョウは、ことさらに大きい。
chigasaki_005.jpgchigasaki_006.jpg
chigasaki_007.jpgさらに、進んで行くと「旧相模川橋脚」の大きな表示ポールが建っていたが、実際の橋脚は保全処置の工事中で見ることが出来なかった。
説明の掲示板によると、傷みが激しいので古い橋脚の木材は粘土で覆って、コンクリートを被せる。 それで、レプリカを見られるようにするとのこと。 しかし、本物は誰も見ることも触れることもなく時を重ねるだけとなるが、それで、どうなのだろうか。

chigasaki_008.jpgほどなく、相模川に架かる馬入橋を渡る。 日本橋から62Kmの現代の一里塚表示が見える。先ほどの旧橋脚から相当離れているが、鎌倉時代から流れもかなり変わったことが分かる。
chigasaki_009.jpg平塚に着いて、駅に立ち寄りコーヒーを飲みながら今後の作戦を立てる。
まず、番町皿屋敷で有名な「お菊の塚」が駅の近くにあるので訪れることにしたが、小さな通りにある小公園の一隅にあり、ずいぶんと探し回ることとなった。 小公園はゴミの収集場所になっているようで、カラスが「生ゴミ」漁りをして、とんでもない状況になっていた。
お菊さんに別れを告げて、駅前の大通りに戻り、国道に面している「平塚八幡宮」を訪れる。
さすがに、相模国の総鎮守の格式を誇っていただけに立派なものだ。 源頼朝も政子の安産を祈って神馬を奉納したという。
chigasaki_010.jpg
平塚は第二次世界大戦時には軍需工場があったため、爆撃され歴史的な遺構はほとんど残っていない。
「江戸見付」の石垣は残ったものの、それ以外は最近になり場所を示す石碑を建てて、以下のように、旧東海道を示している。
chigasaki_011.jpgchigasaki_012.jpg
chigasaki_013.jpgchigasaki_014.jpg
chigasaki_015.jpgchigasaki_016.jpg
平塚には平塚の名前の由来となった「平塚の塚」がある。桓武天皇の孫の政子が天安元年(857)に父の高見王に付いて常陸の国に下向する途中、ここで没して葬られた場所だという。
塚の石碑の隣には大きな石碑が建っている。 漢文で読めない。
chigasaki_018.jpgchigasaki_017.jpgchigasaki_019.jpg最後に、「京方見附跡」をみて平塚を離れ、「大磯」に向かう。 市の境の花水橋から見ると、特徴のある山体の高麗山(こまやま)が、昔と変わらぬ秀麗な姿を見せる。 本当に安藤広重の版画と同じだ。

chigasaki_020.jpgsige8.jpg
国道と離れて、化粧坂(けわいざか)への旧道を歩く。 松並木は他の樹種も混じって雑木林の様相だが、それはそれでよい感じだ。 国道との分岐点から、僅かのところに「化粧井戸」がある。
鎌倉時代に白拍子であり、あだ討ちで有名な曽我兄弟の兄 曽我十郎祐成と恋仲になった虎御前が、化粧をした井戸と伝えられている。 直ぐ後ろに密着して民家があり、史跡の場所としては良くない条件である。
それにしても、直ぐ後ろの民家は、どうして壁を黄色などに塗るのだろう。 アンバランスが際立つ。
chigasaki_021.jpgchigasaki_022.jpg
化粧坂から続く道を歩いていたら、JRの線路にぶつかるが、地下をくぐる歩道が付いている。
潜り抜けると、見事な松並木が残っており、いよいよ大磯の市街に近づくが、続きは新エントリーで・・・
chigasaki_023.jpg


2007.04.14

川崎から保土ヶ谷へ・・・(旧東海道)

本日の万歩計の値は31,881(21.04Km)

日本橋から茅ヶ崎までつながりました。
kanagawa_001.jpg昨日の天気予報で、朝早くは雨が残ると心配したが、朝起きると、うす曇りの様子で、太陽が出るとたちまちに青空が広がる感じ。
今日は午後は用があり、午前中のみの予定なので、朝5時半に家を出て何とか川崎から保土ヶ谷までを歩いて、日本橋から茅ヶ崎まで繋ぎたいと思う。
川崎駅に着き、以前引き上げた市役所通りを進み、旧東海道にたどり着く。
旧東海道は、現在では「いさご通り」と呼ばれている通りである。 通り名を示すポールを裏側から見れば、ちゃんと「旧東海道」となっている。
kanagawa_002.jpgkanagawa_003.jpg
旧東海道の通りをどんどん歩いていって、八丁畷駅に着く少し手前に芭蕉の「句碑」がある。「麦の穂を たよりにつかむ 別れかな」とあり、碑の前にも、これにちなんで麦を植えてある。門弟たちとの惜別の思いを歌ったものとのこと。
kanagawa_004.jpgkanagawa_005.jpg
駅の直ぐ横に「旧東海道」の立派な表示板があるので、安心して進める。やがて、「市場の一里塚」に出くわす。
元の一里塚の形は崩れて、新たに石碑などを集め、「稲荷の祠」も合わせて、作り直したのであろう。
とても、やさしいお顔の双体の道祖神も祭られていた。
kanagawa_006.jpgkanagawa_007.jpg
程なく、鶴見川橋に到着する。 JRの鉄橋も平行に掛かっているので何時も電車から特徴のある橋を眺めていたが、今回初めて橋を渡った。 橋を渡ってしばらく進むと、特徴のある狛犬の「鶴見神社」がある。
年配のおじさんが、どこから歩いてきたのかと話しかけてきたので、日本橋からと答えると少し驚いた様子であった。 また、今年中に出来れば京都まで行きたい旨話すと、それはとても良い事、気をつけて続けてくださいと言ってくれた。
kanagawa_008.jpgkanagawa_009.jpgkanagawa_010.jpg「鶴見駅」を過ぎて、右手方向に曹洞宗の大本山の「総持寺」がある。
総本山と言うだけあって、規模がとても大きい。 面積は50万平米もあり、50余の堂塔を擁し、緑もとても豊かである。 有名人の墓地も多数とのこと。
しかし、曹洞宗の総本山は福井県の永平寺ではなかったのかと思い、調べたら曹洞宗には開祖の道元が建立した永平寺と太祖と呼ばれる蛍山(けいざん)が建てた総持寺の2つの総本山があり、宗派の代表も両方の寺の貫首が交互に勤めるとのこと。
修行道場の永平寺と布教の総持寺と役割分担をしているようだ。
kanagawa_011.jpg総持寺を訪れた後は、「生麦魚河岸通り」に進んでくる。 通りの名前の通り、新鮮な魚介類を売る多くの店がある。
「生麦魚河岸通り」を進んでいると、突然人家の塀に「生麦事件発生現場」の説明板が取り付けられていた。
さらに、歩いて第一京浜との合流点まで進むと、「生麦事件の碑」が建っている(詳細は図をクリック)。
この事件で英国人4人の内の1人、リチャードソンが斬られて死亡したが、上海から来たばかりで日本人を中国人同様に見下げていたのが、態度に表れたのも一因だったように思う。
kanagawa_012.jpgkanagawa_013.jpgkanagawa_014.jpg京浜急行の「仲木戸駅」またはJRの「東神奈川駅」への入り口の交差点に差し掛かったら、横断橋を渡り少し進んでコンビニのある角を左に曲がる。 直ぐに金蔵院(こんぞういん)と言うお寺がある。 神奈川の宿では一番古いお寺で平安期の建立とのこと。 小さいがなかなか立派なお寺であり、関東大震災の横死者の供養塔がある。
kanagawa_015.jpg
「金蔵院」の直ぐ近くに紀州の熊野神社を勧請して平安期に創建された「熊野神社」がある。境内の手入れが良く行き届いており、格式の高さをうかがわせます。
最近では、お寺に比べ神社の荒廃ぶりが目に付きます。 お寺のように葬儀、墓地の分譲等による収入がないのでよほど格式が高いか、サポート団体がしっかりしていない限り、台所事情が苦しいと見られる。
kanagawa_016.jpgそれにしても、この通りは直ぐ近くを第一京浜が通っていることが嘘のように静かで、細い通りながら旧東海道の雰囲気を復活させたいと考えているようで、道路の両脇にはまだ若木だが松の木が植えられている。この写真のように高札場(こうさつば)も復活されている。 復活されたものとは言いながら、実物を見るのは、始めての経験である。「高札場」とは、現在のようにマスコミが発達していなかった江戸時代には、宿場の入り口に伝達事項等を掲示して民衆に周知徹底を図ろうととしたもので、宿場の大事な機能の1つとして必須であり、その規模も間口5m、高さ3.5m、奥行き1.5mと大きなものであった。

kanagawa_017.jpg次に訪れた「成仏寺」は横浜開港当時、アメリカ人宣教師の宿舎として供されたお寺で、ローマ字の「ヘボン式」で有名な「ヘボン博士」が逗留したことで有名である。

kanagawa_018.jpgkanagawa_019.jpg
次の「慶運寺」はフランス領事館に供せられた他、慶応の大火で焼失した浦島伝説を持つ浦島院観福寿寺を併合したので浦島寺と呼ばれているとのこと。 竜宮城から帰った浦島太郎が両親の死後300年も経っているのを知り、大いに悲しみ、庵を作って両親を弔い、この庵が後に観福寿寺となったと記してあった。
お寺の山門脇の寺名碑も、亀が背負っている。事実としての歴史の確定はつくづく難しい作業であることを思い知らされるものであった。
kanagawa_020.jpg次に訪れた浄滝寺はイギリス領事館として使用されたが、今は全面改修工事中であった。
宗興寺は、全面的に建物を新しくしたのか、近代的な建物になっている。
この「宗興寺」は、医学博士でもあるヘボン氏が医療院を開いた寺で、その記念碑が建っている。

kanagawa_021.jpgkanagawa_022.jpgkanagawa_023.jpg次に洲崎神社にお参りした。 洲崎神社は源頼朝が安房神社を勧請して幕府直轄として創建した神社で、格式も高く宮前商店街のアーチ型の表示もあるが、やはりお寺と比べた場合の経済的な差は歴然としている。
商店がサポートしているように見えるが、常駐の神主も置けず境内は掃き清めることも出来ていない。
第一京浜と第二京浜が合流して、JRと京急を跨ぐ「青木橋」を渡ると、直ぐ右側に「本覚寺」の階段がある。
kanagawa_024a.jpg
kanagawa_024.jpg「本覚寺」はハリス総領事が自らアメリカ領事館に選定した寺で、小高い丘にあり、当時は横浜の港も良く見えたのが選ばれた理由と言う。山門は白いペンキで塗られたが、これは日本で始めての「ペンキ塗装」とのこと。
また、生麦事件では、2人のイギリス人が逃げ込み、ヘボン博士が治療にあたった寺でもある。
kanagawa_025.jpg「本覚寺」を後にして、旧東海道の方に曲がって少し進んで驚いた。街の中で突然にトンネルが口を空けている。後で調べたら、「みなとみらい線」に乗り入れて、不要になった「東横線」の反町と横浜間のトンネルであった。
今後、このトンネルはどうなるのであろうか。
kanagawa_026.jpgしばらく進むと少し上り坂となって「台町」と呼ばれる街となる。ここには安藤広重の「神奈川宿台之景」に描かれた「さくら屋」が屋号を「田中屋」に変え、今に続いているのに驚かされる。 坂本竜馬の妻であった「おりょう」が仲居として働いていたこともあるとのこと。また、以前はお店の直ぐ裏まで海が迫っており、大変に景色が良かったところと伝えられている。

kanagawa_027.jpgさらに進むと、「神奈川台関門跡」と書かれた石碑があるが、これは横浜開港後、外国人が大勢殺傷され、イギリス総領事のオールコックらの激しい批判に、幕府も警戒を強化するため設けた「関門」の跡である。
kanagawa_028.jpgあとは、旧東海道をひたすら進んだ。 浅間神社を見ながら歩を進めて行くとやがて相鉄線の「天王町駅」を通り、保土ヶ谷方面に進む。保土ヶ谷に達する少し手前で「遍照寺」と言う寺があったが、写真のように建物の正面に仁王が配置されたもので、新しい感覚の寺の様相を示していた。
本日は、午後から所用があるため、午前中のみの歩行と決めていたが、川崎から保土ヶ谷まで歩くことが出来、これで、日本橋から茅ヶ崎まで繋がったことになる。


2007.04.07

日本橋から川崎(2)・・・(旧東海道)

続きです・・・
第一京浜を歩いて品川駅を過ぎ、八ツ山橋でJR線を跨ぎ、旧東海道に進む積りで道順も十分に確かめておいたのだが、八ツ山橋を渡ったところが工事中で、どう進めばよいか全く分からない。
えい、ままよと適当に進んだら、なんと第一京浜を歩いていることに気づいた。 直ぐに、軌道修正して無事「旧東海道」を歩き始めた。
tokyo_022a.jpg第一京浜を歩いてきて、旧東海道に踏み入れると、ここは「古き良き商店街」といった感じで、すこぶる気分が良い。 まだ、こういう商店街があるのだと思った。 商店街自体も「旧東海道」の表示や、雰囲気作りに努力していているのが感じられる。
tokyo_022.jpg歩いていると、「聖蹟公園」という小さな公園があり、その入り口に真新しい「品川宿本陣跡」の石碑が建っていた。 立て札には、49番目の宿場の滋賀県甲賀郡土山町から寄贈された松であると、書いてある。
それにしても、工事用の円錐の置物とビデオの看板は何とかならないのだろうか。
やがて、品川橋に至る。 橋からの眺望は桜の花が映えてなかなか綺麗である。 橋の上にもベンチがあり、案内パネルが設置され、良い感じ。
tokyo_023.jpg

tokyo_024.jpg
商店街の中にある、小さな広場の一隅にも松が植えられていたが、この松は浜松市からいただいたものとのこと。
それにしても、腹が減ってきた。 どこか品川らしい食事が取れるところがないかと、見ながら進むのだが、こういう古い感じの商店街では案外見つからない。 なんとか、うなぎを食わせる小さな店があったので、ここで昼食をとった。

tokyo_025.jpg品川宿にはほんとうにお寺が多い。 多すぎてとうてい全ては回れないが、いくつか訪れた寺を紹介する。
まず、「海蔵寺」であるが、まったく何の変哲も無い、殺風景な境内のお寺であるが、飢饉で亡くなった人、牢死した人、娼婦など、社会の弱者を弔っている。
品川寺は、大仏かと見まがう地蔵菩薩に驚かされるが、見ることは出来ないが「板垣退助」の墓がある。
「海晏寺」は曹洞宗のお寺だが、この辺りでは最も綺麗な境内で「岩倉具視」の墓があるとのことだが、やはり見学は許されない。
tokyo_026.jpgtokyo_027.jpgtokyo_028.jpgお寺を覗き込みながら、歩いていると「立会川」に掛かる「浜川橋」に至る。 この橋は別名「涙橋」と呼ばれるそうで、鈴ケ森で処刑される罪人が身内と別れる橋であることから、こう呼んだのだという。 今なら、さしずめ平和島の競輪場帰りの人が財布を空にして、泣きながら渡るのかもしれない。
いずれにしろ、訪れるこちらも向かう場所が場所だけに、緊張感が増してくる。 出来れば近寄りたくない気持ちも嵩じて来る。 しかし、その辺を歩いている人達は、子供も含めて全く屈託の無い顔をしている。
慣れと言うこともあるのだろうが、人々の雰囲気に救われる気もする。
そして、いよいよ「鈴ケ森刑場跡」に到着する。 直ぐ傍を走る第一京浜の車の騒音に助けられて、思ったほどの緊張を感じることも無く向き合うことが出来た。 
処刑第一号は由比正雪の乱で有名な「丸橋忠弥」であり、他に歌舞伎で有名な「八百屋お七」などが露と消えた。
礼を欠くことの無いように手を合わせ、早々と立ち去った。
tokyo_029.jpgtokyo_030.jpg

tokyo_031.jpg鈴ケ森を過ぎてからは、旧東海道は、また第一京浜と一緒になり、多摩川の六郷の橋まで、長い長い単調な道が続く。

tokyo_032a.jpg多摩川に近づいたころ、旅人の常備薬の「和中散」を販売していた山本家が開いた茶屋がある。
屋敷内には多くの梅を植えていたため、現在では「梅屋敷公園」となっており、京浜急行の駅名にもなっている。 当時は大名も立ち寄るほどに繁盛したとのこと。
ようやく多摩川を越えて、川崎に入る。 川崎も旧東海道の整備をしているのか、「旧東海道」と書かれた石碑が建っていた。 

tokyo_032.jpgtokyo_033.jpg

tokyo_034.jpg川崎市内の旧東海道を歩いていると、田中本陣跡の表示があった。
ようやく、市役所通りに突き当たり、右折すると、街の様子が一変して突然に現在に引き戻される感じだ。 ともかく、川崎駅に向かい、本日の旅も終わることとなった。


« Previous | Next »